当ブログでは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】山形の至宝!半田陸のプレースタイルと経歴について

吹田スタジアムでのサッカーの試合の写真

「山形の至宝」

山形県で生まれ、モンテディオ山形で育った半田陸選手

まさに”はえぬき”という言葉がピッタリな選手です。

17歳でプロデビューを果たし、21歳で日本代表に初選出。

若手とは思えぬ堅実な守備で、チームを後方から支えます。

今回は、半田陸のプレースタイルと経歴をご紹介します。

目次

半田陸について

Embed from Getty Images
  • 名前:半田陸(はんだ りく)
  • 生年月日:2002年1月1日
  • 出身地:山形県上山市
  • 所属クラブ:ガンバ大阪
  • 背番号:3番
  • ポジション:DF
  • 身長:176cm
  • 体重:63kg

17歳でプロデビュー

Embed from Getty Images

半田選手がプロサッカー選手になったのは17歳。

高校2年生になる直前にプロ契約を締結しました。

”高卒1年目”になる頃にはすでにJ2リーグ20試合に出場。

若い頃から才能を見せつけ、いつしか「山形の至宝」と呼ばれるように。

2019年U-17W杯に出場

Embed from Getty Images

半田選手は2019年U-17W杯に出場。

日本代表のキャプテンとして、ベスト16進出に貢献しました。

U-15日本代表に選出されて以降、世代別日本代表の常連に。

現在はパリ五輪世代の中心プレーヤーとして、パリでの金メダルを目指します。

2019年U-17W杯に出場した選手
鈴木彩艶(現・浦和レッズ)
佐々木雅士(現・柏レイソル)
藤田譲瑠チマ(現・横浜F.マリノス)
・西川潤(現・サガン鳥栖)
・田中聡(現・コルトレイク[ベルギー])

ローマに移籍!?

2022年シーズン終了間際、イタリアの名門・ASローマ半田選手にオファーを出したとの噂が広まりました。

かつて元日本代表の中田英寿さんも所属し、イタリア王者に輝いたチーム。

そんな名門からのオファーに、「半田イタリア行くのか!?」と心躍らせたファンも多いはず。

しかし、実際にはただの噂話。(参照:Number Web

とはいえ、当時J2に所属していた選手に「イタリアの強豪からオファーの噂」が出ること自体が”半田選手への期待の表れ”かもしれません。

半田陸の着用スパイク

メーカー:プーマ

半田選手は、プーマのウルトラを履いています。

ウルトラシリーズは、とても軽量でスピードプレーヤーに好まれる人工皮革のスパイクです。

※子供向けや、フットサル用のモデルも販売しています。

半田陸のプレースタイル

Embed from Getty Images

「SBはDF」

ポジショニングが優れ、攻撃参加を強みとする半田選手。

とはいえ、「攻撃的SB」という選手ではありません。

「SBはDF」ということを感じさせてくれるプレースタイル。

まずは守備でチームを安定させ、隙を見て攻撃参加をする選手です。

目標とする選手は、酒井宏樹選手”

3回のW杯を経験した男の正統後継者とも言うべき選手です。

半田陸の経歴

  • 上山カメレオンFC
  • モンテディオ山形ジュニアユース村山
  • モンテディオ山形ユース(山形城北高校→ルネサンス高校)
  • モンテディオ山形
  • ガンバ大阪

小学生時代

小学生時代は、上山カメレオンFCでプレーしています。

サッカーを始めたきっかけは、従姉妹のお姉さん。(参照:ルネサンス高校HP

従姉妹が入っていたチームに入団し、6年生までプレーします。

中学・高校生時代

中学・高校生時代はモンテディオ山形ユースでプレーしています。

  • モンテディオ山形ジュニアユース村山
  • モンテディオ山形ユース

半田選手は、モンテディオ山形ユースでは大きな実績を残していません。

というのも、高校2年生でプロ契約を結んだため。

15歳から世代別日本代表に選出され、U-17W杯にはキャプテンとして出場。

”山形の至宝”は、ユース時代から飛び抜けたプレーを見せていました。

モンテディオ山形

2019年、17歳でモンテディオ山形に昇格します。

  • 2019年:J2リーグ5試合
  • 2020年:J2リーグ15試合

徐々に出場機会を増やし、2021年には右SB(サイドバック)のスタメンに定着。

オフシーズンには「半田陸がどこに移籍するのか」が大きな注目を集めるようになります。

そして2022年シーズン終了後。

20歳にしてJ2リーグ通算92試合の経験を積み、2023年にJ1へのステップアップを果たします。

ガンバ大阪

2023年にガンバ大阪に移籍します。

半田選手は山形愛が強く、”ガンバからの複数回に及ぶラブコール”の上で実現した移籍。

開幕戦からスタメン出場し、3月には日本代表入りを果たしました。

まとめ

17歳でプロ入りし、世代別日本代表のキャプテンを務めたことも。

そして、若くしてJリーグにコンスタントに出場。

半田陸選手は、”J2でトップクラスの知名度を誇る若手選手”でした。

2023年はJ1初挑戦・日本代表初選出の1年です。

2024年パリ五輪2026年W杯出場に向けて、半田陸はまだまだ高みを目指します。

日本代表招集暦のあるパリ五輪世代の選手たち

久保建英
細谷真大
藤田譲瑠チマ
鈴木彩艶
バングーナガンデ佳史扶

Follow me!

吹田スタジアムでのサッカーの試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって27年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次