【10分でわかる】万能型ボランチ!藤田譲瑠チマのプレースタイルと経歴

日産スタジアムでのサッカーの試合の写真

「ふじた・じょえる・ちま」

「名前が長くて覚えられない!」と思う人もいるかもしれません。

ですが、試合が終わる頃には、その名前をサラッと言えるようになってしまいます。

その理由は、”藤田選手がピッチのどこにでもいるから”です。

ピッチを攻守に駆け回るがゆえに、実況・解説者彼の名前を呼ぶ回数は数え切れず。

試合展開によっては「藤田」と呼ぶこともありますが、ボールが外出ると「藤田譲瑠チマ」とフルネームに。

頭から彼の名前が離れなくなってしまうのは、藤田選手が持つ”明るい雰囲気”も影響しているかもしれません。

今回は、藤田譲瑠チマのプレースタイルと経歴についてご紹介します。

目次

藤田譲瑠チマについて

  • 名前:藤田譲瑠チマ(ふじた じょえる ちま)
  • 生年月日:2002年2月16日
  • 出身地:東京都町田市
  • 所属クラブ:横浜F.マリノス
  • 背番号:16番
  • ポジション:MF
  • 身長:174cm
  • 体重:74kg

ナイジェリア×日本のハーフ

藤田選手は、ナイジェリア人の父日本人の母を持つハーフです。

ハーフというと、「デカくて強い」というイメージを持つ方も多いはずです。

ですが、藤田選手は174cmと一般的な背丈。

そして、日本人以上に”技術””頭脳”を駆使してプレーする選手です。

パリ五輪世代のキャプテン候補

藤田選手は、2024年パリ五輪出場を目指すパリ世代のキャプテン候補です。

小学生時代から周りを叱咤激励できるリーダーシップがあり、声で周囲を動かせる選手です。

また、初めての世代別日本代表では、たったの2日でチームに中心になるなど明るさも抜群。

ON・OFF問わず、キャプテンにふさわしい選手です。

黒木ひかりに好意!?

藤田選手が”かわいい”と絶賛する女性。

それは、DAZNの人気番組「やべっちスタジアム」のアシスタントを務める”黒木ひかり”さんです。

黒木さんとのツーショット写真を撮るために、一発芸を披露したりと一生懸命な藤田選手。

スタジオで共演した際には、司会のやべっち(お笑い芸人・矢部浩之さん)にいじられまくり。

2人の今後に期待してしまう視聴者が続出しました。

桜井海音はヴェルディで元チームメイト

俳優・ミュージシャンとして活躍する桜井海音(かいと)さん

Mr.Childrenのボーカル・桜井和寿さんの息子としても有名ですが、実はサッカーも超上手いです。

中学生時代は東京ヴェルディジュニアユースでプレーしており、藤田選手とは同期。

そんな縁もあり、桜井和寿さんは藤田譲瑠チマ選手を推しています。

藤田譲瑠チマのプレースタイル

Embed from Getty Images

「万能型MF」

MFとして必要な能力を兼ね備え、欠点が見当たらない選手です。

  • サッカーIQの高さ
  • ポジショニングの良さ

上記2つ特徴が一際輝いています。

非常に頭の良い選手で、戦況を見定めてゲームをコントロールします。

また、ポジショニングの良さは攻守に渡って輝きます。

  • 攻撃:ボールをもらえる位置に顔を出す→パスワークの中心に
  • 守備:相手の攻め方を予測し、パスをカット

足元の技術身体の使い方も抜群で、チームを中盤から支えます。

日本代表デビューは20歳。

実力は本物です。

藤田譲瑠チマの経歴

  • 町田大倉FC(町田市立大倉小学校)
  • 東京ヴェルディジュニアユース(町田市立鶴川中学校)
  • 東京ヴェルディユース
  • 東京ヴェルディ
  • 徳島ヴォルティス
  • 横浜F.マリノス

小学生時代

小学生時代は、町田大蔵FCでプレーしています。

ドリブルが上手く、相手全員を抜き去ってゴールを決めてしまうほど。

「同世代の町田のサッカー少年で、チマを知らない人はいない」と言われるほど有名で、東京トレセンでもプレーしています。

東京トレセンのコーチには武田修宏さんがいて、「テレビタレントじゃなかったの?」という感想を持ったのだとか。(参照:Footballista

幼稚園の頃にFC町田ゼルビアのスクールに加入。
同期には、石浦大雅選手(東京ヴェルディ)も所属。

中学生時代

中学生時代は、東京ヴェルディジュニアユースでプレーしています。

東京ヴェルディ、FC東京の練習に参加。

ヴェルディ下部組織でプレーした過去を持つ小学生時代の恩師の助言もあり、東京ヴェルディへの入団を選択。

プレースタイルも変更し、「ゴールを取る選手→アシストする選手」へと変わります。

馬場晴也選手(北海道コンサドーレ札幌)とは同期です。

東京ヴェルディユース

高校生時代は、東京ヴェルディユースでプレーしています。

1,2年生の頃はほとんど試合に絡めず。

試合では”ビデオ係”として撮影に回ることが多かった藤田選手。

高校2年の冬に転機が訪れ、CB(センターバック)にコンバート。

コンバートをきっかけにAチームに定着し、9月には2種登録選手としてプロデビューを果たすなど、驚くべきステップアップを見せます。

東京ヴェルディ

Embed from Getty Images

2020年に東京ヴェルディに昇格します。

プロ1年目からJ2リーグで41試合に出場。

出場時間はフィールドプレーヤーでは2番目に多く、オフシーズンには”人気銘柄”に。

1年でJ1へのステップアップを果たします。

徳島ヴォルティス

Embed from Getty Images

2021年に徳島ヴォルティスに移籍します。

プロサッカー選手2年目、J1プレーヤー1年目で28試合に出場。

チームは”勝ち点1の差でJ2降格”となりますが、”藤田譲瑠チマ”の名は日本サッカー界に轟きます。

前年以上の大人気銘柄となり、またしても1年でのステップアップを果たします。

横浜F.マリノス

Embed from Getty Images

2022年に横浜F.マリノスに移籍します。

移籍1年目からチームの中心選手になり、J1で29試合に出場。

J1リーグ優勝に貢献し、9月には日本代表デビューも果たしています。

藤田譲瑠チマ選手がプレーするJリーグは、DAZNにて視聴できます。

”2023年度のサッカーがどこで見れるのか”についてもまとめています。
【2022-23年度・サッカー放映権について】

まとめ

カタールW杯日本代表のメンバーを見ると、中盤の選手は全員が海外組

日本からは、MFのスタープレーヤーが次から次へと現れます。

その次世代のスター候補の1人が、藤田譲瑠チマ選手です。

なんでもできる”縁の下の力持ち”として、パリ五輪W杯に出場する未来が容易に想像できる選手。

長年に渡って、日本サッカーを引っ張る存在になるかもしれません。

中盤の名選手についての記事を書いています。
遠藤航
守田英正
鎌田大地
田中碧
柴崎岳
三竿健斗
橘田健人
松木玖生

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次