当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】プロデビューは17歳!松岡大起のプレースタイルと経歴

日本代表のエンブレムの写真

「サガン鳥栖の育成の象徴」

近年、サガン鳥栖の育成が大きな注目を浴びています。

資金難に陥り、毎年のように5人以上の主力が流出。

それでも、次から次へと若手選手が頭角を表し、気がつくと”穴”と思われていたポジションが”強み”に変わっています。

10代の選手がJ1リーグに出場し、平然と結果を残す。

そんなサガン鳥栖の育成が注目されるきっかけになったのが、松岡大起選手の存在です。

今回は、松岡大起のプレースタイルと経歴をご紹介します。

「もっとサッカーが楽しくなる」をテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【Jリーグのユニフォーム】2024年J1・J2・J3 全60クラブのユニフォーム 「2024年Jリーグ 60クラブのユニフォーム」 2024年のJ1リーグは、チーム数が20クラブに増加。 今シーズンは、J1・J2・J3すべてのカテゴリーが、20クラブになります。 各...
あわせて読みたい
【2023年Jリーグ】2023年に引退を決意した38人のJリーガーたち 「2023年限りで引退するJリーガーたち」 2023年シーズンも終盤戦。 激しい戦いが繰り広げられると同時に、「引退発表」がリリースされる時期。 今年も、多くの有名選手...
目次

松岡大起について

  • 名前:松岡大起(まつおか だいき)
  • 生年月日:2001年6月1日
  • 出身地:熊本県熊本市
  • 所属クラブ:アビスパ福岡
  • 背番号:88番
  • ポジション:MF
  • 身長:170cm
  • 体重:65kg

サガン鳥栖ユースの象徴

Embed from Getty Images

サガン鳥栖ユース出身の選手が”10代にしてJリーグに出場する”ことは、もはや日常になりました。

2022年にはプレミアリーグで日本一に輝き、「サガン鳥栖の育成」の注目度は増すばかり。

その走りとなったのが、”松岡大起”の存在です。

17歳でプロデビューを果たし、ピッチ内外で後輩の手本に。

21歳にして、Jリーグ出場試合数は100試合以上です。

パリ五輪世代

Embed from Getty Images

松岡選手は、2024年パリ五輪を目指すパリ五輪世代です。

飛び級で東京五輪世代でもプレーし、2022年には日本代表に初招集されています。

松岡選手の同学年で最も有名な選手は久保建英選手”

誕生日も3日違いで、チームメイトとして、ライバルとして共に日本をパリ五輪へと引っ張っていく選手たちです。

弟は松岡響祈

松岡選手の弟・松岡響祈(まつおか ひびき)選手は、サガン鳥栖U-18でプレーしています。

サガン鳥栖が日本一に輝いたプレミアリーグ決勝でも先発出場。

後半ロスタイムまでプレーし、優勝に貢献しています。

松岡大起の着用スパイク

メーカー:プーマ

松岡選手は、プーマの”フューチャー”を着用しています。

フィット感に優れ、一瞬のクイックネスに優れたスパイクです。

※子供向け、フットサル向けのモデルも販売しています。

松岡大起のプレースタイル

Embed from Getty Images

「ゲームメーカー」

松岡選手の本職はボランチ(MF)

攻守に走り回り、その卓越した技術を武器に試合をコントロールします。

  • 状況判断
  • ボール奪取能力
  • ユーティリティ性

状況判断が優れており、”仕掛けるべきところ””ボールを保持すべきところ”を正確に見極めます。

その力は守備にも生かされ、相手の攻撃の芽を摘み取ります。

170cmと小柄ながらも、相手の前にスルッと入り込んでボールを奪います。

また、プロ入り後はSB(サイドバック)CB(センターバック)でもプレー。

どのポジションでもJ1に相応しい質の高いプレーを見せます。

松岡大起の経歴

  • ソレッソ熊本U-12(熊本市立田迎小学校)
  • ソレッソ熊本U-15(熊本市立託麻中学校)
  • サガン鳥栖U-18(佐賀県高志館高校)
  • サガン鳥栖
  • 清水エスパルス
  • ノヴォリゾンチーノ(ブラジル2部)
  • アビスパ福岡

小学生時代

小学生時代は、ソレッソ熊本U-12でプレーしています。

幼稚園からサッカーを始めた松岡選手。

小学6年時には、「10番・FW」として全国大会でベスト4に進出しています。

ソレッソ熊本は、10人以上サッカー選手を輩出しています。
満田誠(サンフレッチェ広島)
・河原創(サガン鳥栖)  など

中学生時代

中学生時代は、ソレッソU-15でプレーしています。

ポジションをボランチに移し、さらに才能が開花。

サッカー選手になるために”ユースでプレーしたい”という想いを持っていた松岡選手。

オファーあり
・サガン鳥栖U-18
・アビスパ福岡U-18
・大分トリニータU-18
・ロアッソ熊本U-18

落選
・サンフレッチェ広島ユース
・京都サンガF.C.U-18

施設やチームのレベルなどを考慮し、サガン鳥栖U-18への入団を決意します。

高校生時代

高校生時代は、サガン鳥栖U-18でプレーしています。

高校2年で2種登録として17歳でプロデビュー

ユーストップチーム世代別日本代表3足の草鞋を履いての活動が続きます。

そして、高校3年生にはトップ昇格を果たします。

サガン鳥栖

Embed from Getty Images

2019年6月に、サガン鳥栖に昇格します。

10代にしてトップチームの主力に定着し、複数ポジションでプレー。

2年半の在籍で、Jリーグ76試合に出場。

口内炎がたくさんできるほど悩みながらも、清水エスパルスへの移籍を決断します。

清水エスパルス

Embed from Getty Images

2021年8月に清水エスパルスに加入します。

途中入団ながらも定位置を確保。

しかし、2022年開幕前の靭帯損傷により長期離脱。

チームもJ2への降格が決まりましたが、残留を決意しました。

グレミオ・ノヴォリゾンチーノ

2023年3月に、グレミオ・ノヴォリゾンチーノに期限付き移籍。

初の海外移籍はブラジル2部。

U-22日本代表復帰に向け、大きな決断をくだしました。

アビスパ福岡

2024年にアビスパ福岡に移籍します。

約1年ぶりにJリーグ復帰。

パリ五輪代表入りのために、日本で結果を求めます。

まとめ

17歳でプロデビューを果たした松岡選手。

この5年の間に、
・Jリーグ114試合出場(2022年終了時点)
・パリ五輪の中心選手
・日本代表招集暦あり

順調にプロサッカー選手として大きくなっています。

これからどんなサッカー人生を描いていくのか。

中盤で躍動する”松岡大起”に注目してみてください。

パリ五輪世代の選手たち
久保建英
細谷真大
鈴木唯人
中島大嘉
中井卓大
藤田譲瑠チマ
鈴木彩艶
佐々木雅士

Follow me!

日本代表のエンブレムの写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって27年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次