プロ契約から1年でバイエルンへ!福井大智のプレースタイルとこれまでの経歴

日本代表のエンブレムの写真

9月14日のニュースに、驚いたサッカーファンは多いのではないでしょうか。

「サガン鳥栖の福井大智がバイエルンミュンヘン移籍決定的!」

8月には「バイエルンの練習に参加している」という噂があり、今回は移籍が決定的との報道。

驚くべき点はいくつもあります。

まずは、福井選手は2022年3月にプロ契約を結んでいますが、18歳の高校3年生にあたる年齢です。

そして、移籍先となるのはヨーロッパ屈指の強豪・ドイツのバイエルンミュンヘンです。

まずはBチーム(ドイツ4部)からのスタートとはいえ、プロ契約から1年でバイエルン入団は衝撃です。

今回は、サガン鳥栖の福井大智選手についてご紹介します。

サッカーの放映権についてもまとめています。

あわせて読みたい
【2022-23年度版】サッカー・各国リーグの放映権情報を総まとめ サッカー好きのあなたに質問です。 どのアプリで、どこの国のサッカーが見れるのかを知っていますか? プレミアリーグの放映権で話題になったように、人気リーグの放映...
目次

福井大智について

Embed from Getty Images
  • 名前:福井大智(ふくい たいち)
  • 所属クラブ:サガン鳥栖
  • ポジション:MF
  • 背番号:43番
  • 生年月日:2004年7月15日
  • 身長:172cm
  • 体重:67kg

福井大智のプレースタイル

福井選手はMFの選手です。

本職はボランチやトップ下で、長短のパスを織り交ぜながらゲームメイクをする司令塔です。

また、身体の使い方が上手く、相手選手をブロックしながら巧みにボールをキープします。

近年はウイングでもプレーする機会が増え、自ら仕掛ける能力も高まっています。
(引用サッカーダイジェストWEB)

サッカー初心者の方にはこちらの記事もオススメです。
【サッカーのポジション】をチェックしてみてください。

福井大智のこれまでの経歴

Embed from Getty Images
  • 久里浜FC(神奈川県)
  • サガン鳥栖U-12
    バルセロナアカデミー
  • サガン鳥栖U-15
  • サガン鳥栖U-18
  • サガン鳥栖

小学生時代

小学生時代、福井選手は3チームでプレーしています。

神奈川県横須賀市にある久里浜FCでサッカーを始め、九州への引っ越しを機にバルセロナアカデミー福岡校でプレーしています。

バルセロナアカデミーでは、2013年度のチーム内MVPにも輝きました。
(バルセロナアカデミー公式HPより)

その後、サガン鳥栖U-12でプレーすることになります。

バルセロナアカデミー福岡校の卒業生には、現在アーセナル所属の冨安健洋選手もいます。

中学生時代

福井選手はサガン鳥栖U-15に昇格します。

バルセロナアカデミーの年間MVPの実力は本物で、日本代表U-15にも選出。

世代別日本代表の常連になります。

高校時代

福井選手はサガン鳥栖U-18に昇格します。

さらに、高校2年時には2種登録をし、3月のルヴァンカップ鹿島戦にてプロデビューを果たします。

また、高校年代の全国大会・サニックス杯ではサガン鳥栖の初優勝に貢献。

福井選手自身も大会MVPに輝き、格の違いを見せました。

サガン鳥栖

2022年3月にプロ契約を結び、18歳(高校3年生)にして正式にプロサッカー選手になりました。

2022年シーズンはJリーグでの出場はありませんが、ルヴァンカップでは3試合に出場。(9月15日時点)

次から次へと優秀な若手を育てるサガン鳥栖において、福井選手も有望株の一人としてサポーターから大きな期待を寄せられています。

福井大智はトップチームでプレーできるのか

Embed from Getty Images

福井選手は2023年1月にバイエルンに移籍するといわれています。

多くのサッカーファンによぎる不安はひとつ。

本当にバイエルンのトップチームでプレーできるの?

ビッグクラブへの移籍が実現しても、レンタル移籍を繰り返し、トップチームでプレーできないというケースが大半です。

有名な選手では、以下の3選手がそのケースに該当します。

  • 食野亮太郎(ガンバ大阪)
  • 久保建英(レアル・ソシエダ)
  • 板倉滉(ボルシアMG)

2022年の夏にガンバ大阪に復帰した食野亮太郎選手はまさに典型的なパターンでした。

マンチェスターシティに加入するものの、スコットランドやポルトガルにレンタル移籍し、3年間の在籍で1度もトップチームでの出場はありません。

レアルマドリードに所属していた久保建英選手、マンチェスターシティに在籍していた板倉滉選手もトップチームで公式戦には出場していません。

日本代表選手ですら、トップチームでのプレーは難しいです。

ただ、久保選手、板倉選手はレンタル先でのプレーが認められ、いまは別の強豪チームに所属しています。

ヨーロッパにいれば、日本よりも強豪クラブのスカウトに見つけてもらえる。

この点は、間違いなく海外に出ることのメリットのひとつです。

バイエルンミュンヘンの下部組織で育った選手

バイエルンミュンヘンのトップチームでプレーするのは世界トップクラスの選手のみです。

  • ブンデスリーガ優勝回数:32回(10連覇中)
  • ヨーロッパ王者:6回

レベルの高いドイツの中でも、群を抜いて強いチームです。

猛者ばかり集う環境で、若者が入り込む余地はあるのかと感じてしまいますが、下部組織から昇格し、レギュラーに定着した選手もいます。

ラーム

Embed from Getty Images
  • 2017に引退
  • 元ドイツ代表
  • ポジション:DF

シュバインシュターガー

Embed from Getty Images
  • 2019年に引退
  • 元ドイツ代表
  • ポジション:MF

フンメルス

Embed from Getty Images
  • 現・ドルトムント所属
  • ドイツ代表
  • ポジション:MF

トーマス・ミュラー

Embed from Getty Images
  • 2000年に下部組織に加入。以降バイエルン一筋。
  • ドイツ代表
  • ポジション:MF/FW

トニ・クロース

Embed from Getty Images
  • 現・レアル・マドリード所属
  • ドイツ代表
  • ポジション:MF

バイエルンの下部組織には世界中から”サッカーの天才”が集まってきて、この5人のような世界的プレーヤーになることを夢見て切磋琢磨しています。

アジア出身選手では、韓国のイ・ヒョンジュ選手もバイエルンBでプレーしています。

まとめ

バイエルンミュンヘンは超ビッグクラブです。

トップチームでプレーするのは非常に難しいことは間違いありません。

ですが、福井大智選手のプレーがバイエルンにも認められたことは事実です。

かつて、19歳にしてバイエルンミュンヘンのトップチームでプレーした日本人選手がいます。

その名は、宇佐美貴士。

「天才」と称され、17歳の時点では”あのネイマール”よりも高く評価されていた選手です。

そんな天才でも、公式戦には3試合の出場にとどまり、1年間で別クラブへと移籍しました。

今度こそ、バイエルンのレギュラーとして活躍する日本人になれることを、多くのサッカーファンが楽しみにしています。

あわせて読みたい
愛嬌No.1のアダイウトンの歯が白い!サッカー選手のホワイトニングは当たり前!? Jリーガーの中で、優れた個人技を持つ選手を聞かれたら、誰を思い浮かべますか? 2022年も終盤戦に差し掛かるJリーグ。 Jリーグでは様々な国籍の選手がプレーしています...

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次