当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【2023年10月】日本代表メンバー vsカナダ・vsチュニジア

サッカー日本代表の試合の写真

「カナダ・チュニジアと対戦」

9月のドイツ遠征では、強豪ドイツ・トルコ勝利

感動を覚えるほどの強さで、日本のみならず世界中から”日本への賞賛の声”が相次ぎました。

あわせて読みたい
【2023年9月】サッカー日本代表メンバー ドイツ戦・ トルコ戦 「ドイツ ・トルコとの対戦」 2023年9月にキリンチャレンジカップが開催されます。 第二次森保JAPAN発足から3回目の代表活動であり、初のアウェー遠征です。 前回、6月...

今回の代表活動は日本での開催。

対戦相手は、カナダチュニジア

2022年カタールW杯の前に対戦し、敗北を喫した2チームです。

いわば、”リベンジマッチ”

「最強・日本代表」に向けて、更なる自信をつけたいところです。

今回は、2023年10月の日本代表メンバーをご紹介します。

もっとサッカーが楽しくなるをテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【2023-24年度版】CL(チャンピオンズリーグ)に出場する日本人選手 「UEFA チャンピオンズリーグ」 CL(チャンピオンズリーグ)は、そのシーズンの”ヨーロッパNo.1のクラブ”を決める大会です。 各国上位のチームしか出場できず、最もハイ...
あわせて読みたい
【10分でわかる】サッカーの背番号が持つ意味は?エピソードもご紹介 「サッカーの背番号の意味」 「お!この選手の背番号○番じゃん!!」 サッカーファンにとっては、シーズン開幕前の”背番号の発表”は一大イベント。 ”選手の移籍”と同じ...
目次

日本代表メンバー

第二次森保JAPAN初招集は5名。

奥抜侃志選手は、日本代表初選出になります。

また、今季絶好調の南野拓実選手(モナコ)にも大きな注目が集まっています。

今回、日本代表に選出されたのは以下の26名

青文字を押すと、”選手の生い立ち”を確認することができます。

ポジション背番号選手名
GK
(追加招集)
1小島享介
(アルビレックス新潟)
GK12大迫敬介
(サンフレッチェ広島)
GK23鈴木彩艶
(シント=トロイデン[ベルギー])
DF2 菅原由勢
(AZ[オランダ])
DF3谷口彰悟
(アル・ラーヤン[カタール])
DF4板倉滉
(ボルシアMG[ドイツ])
DF16冨安健洋
(アーセナル[イングランド])
DF19町田浩樹
(サン=ジロワーズ[ベルギー])
DF21伊藤洋輝
(シュツットガルト[ドイツ])
DF22中山雄太
(ハダースフィールド・タウンFC[イングランド])
DF26毎熊晟矢
(セレッソ大阪)
DF27橋岡大樹
(シント=トロイデン[ベルギー])
MF5守田英正
(スポルティングCP[ポルトガル])
MF6遠藤航
(リヴァプール[イングランド])
MF
(追加招集)
7川辺駿
(スタンダール・リエージュ[ベルギー])
MF8南野拓実
(ASモナコ[フランス])
MF13中村敬斗
(スタッド・ランス[フランス])
MF14伊東純也
(スタッド・ランス[フランス])
MF15伊藤敦樹
(浦和レッズ)
MF17田中碧
(デュッセルドルフ[ドイツ2部])
MF20久保建英
(レアル・ソシエダ[スペイン])
MF24旗手怜央
(セルティック[スコットランド])
MF
(追加招集)
25奥抜侃志
(ニュルンベルグ[ドイツ])
FW9上田綺世
(フェイエノールト[オランダ])
FW11古橋亨梧
(セルティック[スコットランド])
FW18浅野拓磨
(ボーフム[ドイツ])
青文字をタップすると、その選手の”生い立ち”を確認できます。

今回の代表活動を辞退した選手
・前田大然:怪我
三笘薫:体調不良
前川黛也:負傷離脱

あわせて読みたい
【10分でわかる】森保一監督ってどんな人?現役・監督としての経歴 「史上最高の日本代表監督へ」 代表活動で最も大きな大会がW杯。 4年に1度行われる大会で、世界中のサッカーファンのみならず、サッカーに馴染みのない方々も夢中になる...

前回メンバーからのIN・OUT

INOUT
GK:前川黛也
(ヴィッセル神戸)
GK:中村航輔
(ポルティモネンセ[ポルトガル])
GK:鈴木彩艶
(シント=トロイデン[ベルギー])
GK:シュミット・ダニエル
(シント=トロイデン[ベルギー])
DF:中山雄太
(ハダースフィールド・タウンFC[イングランド])
DF:森下龍矢
(名古屋グランパス)
MF:南野拓実
(ASモナコ[フランス])
MF:鎌田大地
(ラツィオ[イタリア])
MF:旗手怜央
(セルティック[スコットランド])
MF:堂安律
(フライブルグ[ドイツ])
※追加招集の選手は含めていません。

南野拓実・中山雄太が復帰

今季、フランスリーグでトップクラスの活躍をみせている南野拓実選手

復活を遂げた”元・日本代表10番”が、第二次森保JAPAN初招集

また、W杯メンバー選出後の大怪我に泣いた中山雄太選手も代表復帰を果たしました。

鎌田大地選手堂安律選手はコンディションの問題で選外となっています。

あわせて読みたい
【10分でわかる】南野拓実ってどんな選手?プレースタイルと経歴について 「復調した日本No.10」 日本代表の10番 リヴァプール所属 イケメン 人気選手になるのは必然。 2022年W杯では、”日本のエース”として活躍することが既定路線でした。 し...
あわせて読みたい
【10分でわかる】中山雄太ってどんな選手?プレースタイル・経歴について 「技術が光る大型SB」 2022年カタールW杯日本代表に選出。 しかし、直後の試合でアキレス腱断裂という大怪我を負ってしまった中山選手。 サッカー選手の憧れの舞台が、...

GKは2人入れ替わり

前回のドイツ遠征で中村航輔選手が負傷し、その後のリーグ戦でもメンバー入りせず。

移籍が破談になり、クラブでのメンバー外が続くシュミット・ダニエル選手

代わりに招集されたのは、以下の2名。

  • 前川黛也:J1首位神戸の守護神
  • 鈴木彩艶:ベルギーでスタメンに定着

アピール次第では、守護神争いが更に激化するかもしれません。

前川黛也選手の負傷離脱に伴い、小島享介選手が追加招集されています。

あわせて読みたい
【10分でわかる】鈴木彩艶(ザイオン)ってどんな選手?プレースタイルと経歴 「規格外のポテンシャル」 ”日本人GK史上最高”と言っても過言ではない程の期待を受ける鈴木彩艶選手。 サッカー関係者が、口を揃えてそのポテンシャルを評価します。 19...
あわせて読みたい
【10分でわかる】前川黛也ってどんな選手?プレースタイル・経歴について 「親子で日本代表GK」 史上初の「親子で日本代表」。 親子共にGKで、本格的にGKを始めたのは15歳の頃。 フィールドプレーヤーとしてJリーグアカデミーでプレーし、中学3...
あわせて読みたい
【10分でわかる】小島亨介ってどんな選手?プレースタイル・経歴について 「新潟の守護神」 2023年J1リーグ前半戦。 6年ぶりのJ1で”旋風”を起こしたアルビレックス新潟。 大きな注目を集めたのは、伊藤涼太郎選手を中心とする攻撃陣です。 しか...

初招集・奥抜侃志

三笘選手が、体調不良で今回の代表活動を辞退。

代わりに招集されたのは、奥抜侃志選手

奥抜選手は、”J1でのプレー経験がない選手”

大宮で5シーズンに渡ってプレーし、ヨーロッパに移籍。

現在は、ニュルンベルグ(ドイツ2部)に所属しています。

あわせて読みたい
【10分でわかる】奥抜侃志ってどんな選手?プレースタイル・経歴について 「メッシに憧れるドリブラー」 2010年代に”世界最高の選手”に君臨し続けたリオネル・メッシ。 シュート ドリブル パス どれをとっても世界トップ。 サッカー少年だけで...

試合日程

日時対戦相手開催地TV放送
10/13
19:35
カナダ新潟・テレ朝
・ABEMA
10/17
19:10
チュニジア神戸・フジ

カナダ代表について

対戦成績:2勝1敗

FIFAランク44位(2023年9月発表)

2026年W杯開催地のひとつで、ヨーロッパでプレーする選手も増加傾向。

注目は、アルフォンソ・デイビス選手(バイエルンミュンヘン)です。

前回対戦は、カタールW杯直前の2022年11月。

控え組中心のメンバーが出場し、1-2で破れています。

カナダ代表メンバー

ポジション背番号選手名
GKボリャン
(スロバン・プラチスラバ[スロバキア])
GKクレポ
(ロサンゼルスFC[アメリカ])
GKセントクレア
(ミネソタ・ユナイテッド[アメリカ])
DFボンビト
(コロラド・ラピッズ[カナダ])
DFコーネリアス
(マルメ[スウェーデン])
DFビトリア
(シャベス[ポルトガル])
DFカマル・ミラー
(インテル・マイアミ[アメリカ])
DFフジュロル
(フラムFC U-18[イングランド])
DFジョンストン
(セルティック[スコットランド])
DFアデクグベ
(ホワイトキャップス[カナダ])
DFラレア
(ホワイトキャップス[カナダ])
DFアルフォンソ・デイビス
(バイエルン・ミュンヘン[ドイツ])
MFショワニエル
(モントリオール[カナダ])
MFエウスタキオ
(FCポルト[ポルトガル])
MFコネ
(ワトフォード[イングランド])
MFオソリオ
(トロント[カナダ])
MFペイトン
(マザーウェル[スコットランド])
MFピエット
(モントリオール[カナダ])
FWホイレット
(ホワイトキャップス[カナダ])
FWリアム・ミラー
(プレストン・ノース・エンド[イングランド])
FWブライン
(スパルタ[オランダ])
FWデービット
(リール[フランス])
FWラリン
(マジョルカ[スペイン])

試合結果

勝利:4-1

得点者
・田中碧
・オウンゴール
・中村敬斗(アシスト:浅野拓磨)
・田中碧(アシスト:伊東純也)

チュニジア代表について

対戦成績:4勝1敗

FIFAランク30位(2023年9月発表)

2002年日韓W杯で勝利するなど、勝率は80%。

しかし、直近の対戦では0-3と完敗。(2022年6月)

現在、ジェバリ選手ガンバ大阪でプレーしています。

チュニジア代表メンバー

ポジション背番号選手名
GKダーメン
(アル・ハズム[サウジアラビア])
GKアセン
(クラブ・アフリカーン[チュニジア])
GKベン・サイド
(USモナスティール[チュニジア])
DFメリアー
(エスペランス[チュニジア])
DFグラム
(CSスファクシャン[チュニジア])
DFマールル
(アル・アハリ[エジプト])
DFケシリダ
(アトロミトス[ギリシャ])
DFドレーガー
(バーゼル[スイス])
DFヴァレリー
(アンジェ[フランス])
DFタルビ
(ロリアン[フランス])
DFアブディ
(カーン[フランス])
MFロムダン
(フェレンツヴァーロシュ[ハンガリー])
MFラフィア
(レッチェ[イタリア])
MFライドゥニ
(ウニオン・ベルリン[ドイツ])
MFスキリ
(フランクフルト[ドイツ])
MFベン・スリマン
(シェフィールドU[イングランド2部])
MFハンニバル・メイブリ
(マンチェスターU[イングランド])
FWルタイエフ
(ヴィンタートゥール[スイス])
FWアシュリ
(コペンハーゲン[デンマーク])
FWムサクニ
(アル・アラビ[カタール])
FWスリティ
(アル・アハリ[カタール])
FW13イッサム・ジェバリ
(ガンバ大阪[日本])
FW11ジュイニ
(スタッド・チュニジアン[チュニジア])
背番号は、発表があり次第追記します。

試合結果

勝利:2-0

得点者
古橋亨梧
伊東純也(アシスト:久保建英

まとめ

「2022年のリベンジ成功」

カタールW杯以降、世界に衝撃を与え続ける日本代表

「あの時とは違う」

昨年敗れた相手に、ホームでリベンジを果しました。

あわせて読みたい
【2023-24年 海外組】海外でプレーする日本人選手一覧 「ヨーロッパでプレーする日本人選手」 かつては、数えるほどしかいなかった海外組。 中田英寿 小野伸二 中村俊輔 など 「海外組=日本代表のエース格」という図式が成...
あわせて読みたい
【10分でわかる】小柄でも問題なし!身長160cm台のサッカー選手 「160cm台のサッカー選手」 「サッカー選手」と聞くと、”体格の良さ”をイメージしませんか? 日々の練習に加え、筋トレや食事管理を徹底。 一般人とは比べ物にならない...

Follow me!

サッカー日本代表の試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって26年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次