当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】鈴木彩艶(ザイオン)ってどんな選手?プレースタイルと経歴

サッカー日本代表の試合の写真

「規格外のポテンシャル」

”日本人GK史上最高”と言っても過言ではない程の期待を受けるGK(ゴールキーパー)

サッカー関係者が、口を揃えてそのポテンシャルを評価します。

  • 190cm、93kgの体格
  • 驚異的な身体能力
  • ストイックな性格

2023年夏には、”マンチェスターユナイテッド”からもオファーを受けた逸材。

GKとして重要な”圧”も兼ね備え、期待せずにはいられない選手です。

今回は、鈴木彩艶のプレースタイルと経歴をご紹介します。

もっとサッカーが楽しくなるをテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【2023年夏の移籍】海外挑戦を決断した17人の日本人の選手について 2023年夏。 今年は、17人の日本人選手たちが”海外挑戦”を決断しました。 日本代表に入るため レベルの高い環境でプレーするため より大きな成長を求め、異国の地へとプ...
あわせて読みたい
【10分でわかる】サッカー日本代表選手 歴代W杯メンバーの所属クラブ・戦績 「歴代W杯日本代表メンバーの所属クラブ・戦績」 W杯出場回数は7回。 W杯初出場から24年がたち、日本サッカーは大きな成長を遂げました。 その成長を測るうえで一つの指...
目次

鈴木彩艶ってどんな選手?

  • 名前:鈴木彩艶(すずき ざいおん)
  • 生年月日:2002年8月21日
  • 出身地:アメリカ合衆国(さいたま市育ち)
  • 所属クラブ:シント=トロイデン(ベルギー)
  • 背番号:1番
  • ポジション:GK
  • 身長:190cm
  • 体重:93kg
  • 利き足:右

ガーナ×日本のハーフ

Embed from Getty Images

彩艶選手は、ガーナ人の父日本人の母を持つハーフです。

「あ、だから体格良いのか!」と思う方も多いはず。

もちろん、ご両親のDNAを受け継いでいる部分もあるかと思いますが、それ以上に努力の部分が大きいです。

小学生の頃は周りの選手よりも細いくらいでした。

練習前後の筋トレなどのトレーニングを経て、現在の屈強な身体を手に入れています。

浦和レッズジュニアの一期生

Embed from Getty Images

彩艶選手は、浦和レッズジュニア(小学生年代)の一期生です。

2013年、小学5年生の時に浦和レッズ下部組織に入団。

以降、10年に渡って浦和レッズでプレーをしています。

浦和レッズジュニア設立前は、埼玉県のサッカーが上手な小学生関東近郊の他クラブ(柏レイソルなど)に通うことも多くありました。

各年代の日本代表に飛び級で招集

Embed from Getty Images

彩艶選手は、15歳から世代別日本代表でプレー。

しかも、飛び級での招集を何度も経験しています。

  • 2017年U-17W杯
  • 2019年U-19W杯
  • 2021年東京五輪

現在はパリ五輪世代の一員としてプレーしています。

パリ五輪世代の選手
細谷真大
鈴木唯人
中島大嘉
久保建英
斉藤光毅
藤田譲瑠チマ
松木玖生
佐々木雅士 など

青文字を押すと、その選手の詳細を確認できます。

鈴木彩艶の人間性

体格も大きく、一見すると「恐い」という印象を持たれてしまう彩艶選手ですが、”人間性が良い”ことでも有名です。

  • 礼儀正しい
  • 時間厳守
  • 小学生の頃から自分で洗濯
  • 甘いものが大好き(あんこ、羊羹、アイスなど)
  • 好きな芸能人は「本田真凜」

サッカー選手としてストイックなだけでなく、一人の大人としてもしっかりしている彩艶選手

そして、見た目とは裏腹に”かわいいギャップ”を持つ選手です。

槙野智章選手の愛犬パンちゃんを、「パンさん」”さん付け”で呼んだこともあります。(参照:日刊スポーツ)

あわせて読みたい
【10分でわかる】第2章は監督に!槙野智章のプレースタイルと経歴 『サッカー界のお祭り男』 試合では熱く戦い、大きな身振りでサポーターを扇動する。 ONもOFFもエンジン全開で、盛り上げることに全力。 そんな”生粋の目立ちたがり屋”...

マンチェスターユナイテッドからのオファー

Embed from Getty Images

2023年7月に日本中を賑わせたビッグニュース

「鈴木彩艶がマンチェスターユナイテッドに移籍か!?」(参照:スポニチ

しかも、移籍金は9億円!

移籍は実現しませんでしたが、日本中を騒がせるビッグニュースでした。

鈴木彩艶の着用スパイク

メーカー:アディダス

鈴木彩艶選手は、アディダスのシューズを着用しています。

着用スパイクは、”プレデター”シリーズ。

足先にラバーがついており、高精度なキック柔らかいトラップをより向上させます。

鈴木彩艶のプレースタイル

Embed from Getty Images

「世界のトップを目指せるGK」

日本世界のトップと最も差があると言われるポジションはGKです。

その日本で、「世界基準」として評価を受けているのが彩艶選手。

  • 身体能力の高さ
  • ポジショニングの良さ
  • キック精度の高さ

強烈な身体能力を持ち、ビッグセーブでチームを勝利に導きます。

ポジショニングの良さも際立っており、相手のシュートコースを限定します。

練習終わりには、動画で”自分の動きをチェックする”ほどの徹底ぶり。

攻撃面でも、キック1つでチームのチャンスを演出。

精度の高さはもちろん、キックの飛距離も一級品。

相手のゴール前まで届くほどのロングキックを披露します。

そして、1番の強みは”あくなき向上心”

常に自分の課題に向き合い、「努力家」という言葉では足りないくらいの”超努力家”です。

那須大輔さんのYouTubeにて、鈴木彩艶選手のオフシーズンの1日に密着しています。

鈴木彩艶の経歴

  • 浦和大東サッカー少年団(さいたま市立大東小学校)
  • 浦和レッズジュニア
  • 浦和レッズジュニアユース(さいたま市立木崎中学校)
  • 浦和レッズユース(角川ドワンゴ学園N高校)
  • 浦和レッズ
  • シント=トロイデン(ベルギー)

小学生時代

小学生時代は、浦和大東サッカー少年団でプレーしています。

幼稚園でサッカーを始め、小学生からGKとしてプレー。

走るのも速く、「前半はGK、後半はFW」でプレーし、攻守に躍動することも多々ありました。

高学年からは、浦和レッズジュニアに入団します。

浦和レッズ下部組織

Embed from Getty Images

小学5年時に、浦和レッズ下部組織に入団します。

  • 浦和レッズジュニア
  • 浦和レッズジュニアユース
  • 浦和レッズユース

練習場にはコーチよりも早く到着し、練習外での筋トレも欠かしません。

  • U-15から世代別日本代表に選出
  • U-17W杯、U-19W杯など、ありとあらゆる大会に飛び級で参加
  • 高校2年生で2種登録選手に

アマチュア時代から、「鈴木彩艶がヤバい!」という話はサッカー関係者だけにはとどまらず。

サッカーファンの間でも有名人になっていきます。

浦和レッズ

Embed from Getty Images

2021年に浦和レッズに昇格します。

  • 2019年ルヴァン杯ニューヒーロー賞獲得
  • 2022年 19歳で日本代表デビュー

ポテンシャルは日本史上最高

しかし、目標とする元日本代表・西川周作選手の壁は高く、定位置は確保できませんでした。

学ぶ姿勢は常に忘れず、練習・試合で西川選手から多くのことを学びました。

シント=トロイデン(ベルギー)

2023年8月にシント=トロイデンに移籍します。

マンチェスターユナイテッドからのオファーを断り、まずはベルギーでのプレーを選択。

目標とする”パリ五輪”に向け、まずは定位置確保を目指します。

まとめ

最高の才能努力の才能を兼ね備えたGK。

マンチェスターユナイテッドが欲した選手で、その才能は間違いありません。

パリ五輪が閉幕する頃には、どんなチームからオファーが来ているのでしょうか?

”鈴木彩艶”の今後にぜひ注目してください。

あわせて読みたい
【10分でわかる】久保建英ってどんな選手?プレースタイルと経歴について 「天才少年」 幼い頃からずば抜けた能力を持ち、10歳でスペインに渡った久保選手。 ”天才少年”は18歳で日本代表デビュー。 20代前半でW杯と五輪を経験。 日本人選手にと...
あわせて読みたい
【10分でわかる】シュミット ダニエルってどんな選手?プレースタイルと経歴 「チームを救う197cmのGK」 2022年9月に行われたドイツ遠征のエクアドル戦。 南米の強豪相手にPKを与え、多くの人々が日本代表の敗戦を覚悟しました。 そんな窮地を救っ...

Follow me!

サッカー日本代表の試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって26年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次