【10分でわかる】ゴールゲッター!小川航基のプレースタイルと経歴

横浜FCのホームスタジアムの写真

「ついに覚醒したストライカー」

2022年のJ2リーグで大暴れ。

  • J2リーグMVP
  • J2リーグベストイレブン
  • J2リーグ得点王

個人3冠に輝き、横浜FCのJ1昇格に大いに貢献。

日本代表入りは目の前に迫っています。

ですが、この活躍は遅すぎるくらいです。

高校時代から脚光を浴び、「東京五輪のエース=小川航基」とさえ言われていました。

プロ入り後はなかなか調子が上がらず、東京五輪メンバーからも落選。

大怪我にも見舞われ、本調子のプレーとは程遠い状態が続いていました。

プロ入り7年目にして、ようやく真の実力を発揮。

2023年でプロ8年目とはいえ、まだ25歳。

ここからが小川航基劇場の始まりです。

今回は、小川航基のプレースタイルと経歴をご紹介します。

目次

小川航基について

  • 名前:小川航基(おがわ こうき)
  • 生年月日:1997年8月8日
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 所属クラブ:横浜FC
  • ポジション:FW
  • 身長:186cm
  • 体重:80kg

2022年J2リーグMVP&得点王

2022年J2リーグにて、小川選手は個人3冠を成し遂げました。

  • J2リーグMVP
  • J2リーグベストイレブン
  • J2リーグ得点王

41試合で26ゴール

月間MVPは3回という、文句なしの活躍。

2023年は、「J1でどれだけの結果を残せるのか」に要注目です。

東京五輪世代のエース

Embed from Getty Images

小川選手は18歳から世代別日本代表のエースに君臨。

2019年にはA代表デビュー戦でハットトリックを達成し、期待度No.1のストライカーでした。

しかし、鳴かず飛ばずの日々が続き、ついには東京五輪出場も逃します。

その一因となったのは、2017年U-20W杯での大怪我

  • 左膝前十字靭帯断裂
  • 半月板損傷

「これから」という時期の大怪我で、トップフォームからは遠ざかりました。

長いスランプを抜け出し、心身ともに逞しくなったストライカー。

今シーズンも得点量産の準備は万端です。

東京五輪に出場したFW
林大地
前田大然
上田綺世

趣味は魚釣り

小川選手は小さい頃から魚釣りが大好き。

オフの日には、早起きにして魚釣りに向うことも。

「魚を釣る」だけでなく、「魚を捌く」こともできるのが小川選手の強み。

サッカーだけでなく、包丁捌きも抜群です。

小川航基のプレースタイル

Embed from Getty Images

「本格派ストライカー」

小川選手は”THE ストライカー”

  • 抜群の得点感覚
  • ポストプレーの上手さ
  • 裏抜けの上手さ

ストライカーに必要な能力すべてが高く、「右足・左足・頭」のどこからでも高い精度のシュートを放ちます。

そんな小川選手が最も輝くのはペナルティエリア内

「巧さ・強さ」を高次元で兼ね備え、”ゴール”という結果でチームを救います。

小川航基の経歴

  • 横浜港北SC(横浜市立南山田小学校)
  • 大豆戸FC(横浜市立中川中学校)
  • 桐光学園高校サッカー部(神奈川県)
  • ジュビロ磐田
  • 水戸ホーリーホック(レンタル)
  • ジュビロ磐田
  • 横浜FC

小学生時代

小学生時代は、横浜港北SCでプレーしています。

3歳年上の兄の影響で、幼稚園年中の頃にサッカーを始めます。

横浜FCのスクールに通っていたこともあり、ジュニアユースのセレクションを受けるも落選。

それに加え、東急レイエスという街クラブのセレクションにも落選しています。

小学生時代の小川選手のポジションはDF(ディフェンダー)
当時は太っており、ロングキックが得意な選手でした。

中学生時代

中学生時代は、大豆戸FCでプレーしています。

5人以上のプロ選手を輩出したチームで、小川選手は10番を背負います。

Jクラブ・強豪校からもオファーがくるような存在になります。

鈴木唯人選手も、小学生時代に大豆戸FCでプレーしています。
【鈴木唯人について】

高校生時代

Embed from Getty Images

高校生時代は、桐光学園高校サッカー部でプレーしています。

1年生からトップチームでプレーするも、2年生時には度重なる怪我に泣かされます。

3年時には、キャプテンとしてインターハイ・選手権共に全国へ。

高校No.1ストライカーとして大きな注目を集めました。

U-18日本代表にも招集されています。

ジュビロ磐田

Embed from Getty Images

2016年にジュビロ磐田に入団します。

2017年ルヴァンカップではハットトリックを記録するなど、大きなインパクトを残します。

とはいえ、U-20W杯での大怪我の影響もあり、4年間の在籍でレギュラー獲得には至らず。

2019年7月に期限付き移籍を決断します。

水戸ホーリーホック

Embed from Getty Images

2019年7月に水戸ホーリーホックにレンタル移籍します。

途中加入ながらも、J2リーグ17試合7ゴール

12月のE-1選手権日本代表に選出され、代表デビュー戦でハットトリックを達成します。

ジュビロ磐田(復帰)

2020年にジュビロ磐田に復帰します。

復帰後につけた背番号は、元日本代表の中山雅史さんがつけていた『9』。

2020年はJ2リーグ32試合9ゴールを記録するも、翌年はルキアン選手(現・アビスパ福岡)の控えに。

シーズン終了後に、移籍を決意します。

横浜FC

2022年に横浜FCに移籍します。

  • J2リーグMVP
  • J2リーグベストイレブン
  • J2リーグ得点王

期待され続けたストライカーがついに覚醒。

文句なしのJ2No.1プレーヤーとして、今シーズンはJ1に再挑戦しています。

まとめ

世界トップで活躍する日本人選手は非常に多く、日本代表は確実に強豪国へと近づいています。

その日本代表の中で、世界よりも劣っているポジションのひとつがCF(センターフォワード)

上手くて俊敏な選手は多いものの、”強くて点がとれる選手”は少ないのが現実。

186cmの身長で、抜群の得点感覚を持つ小川航基選手。

彼の成長は、日本サッカーの進化に直結するかもしれません。

注目のJリーガーについての記事を書いています。

【細谷真大について】
【橘田健人について】
【松木玖生について】

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次