【成り上がり】J2戦力外からドイツに!上月壮一郎のプレースタイルと経歴

日本代表のエンブレムの写真

2022-23シーズン。

ドイツ・ブンデスリーガでプレーする日本人選手は9人。

※青文字を押すと、その選手の詳細が確認できます。

ブンデスリーガは世界トップレベルのリーグで、W杯出場経験のある日本人がズラリと並びます。

そんな強豪ひしめくブンデスリーガに、今年度10人目の日本人選手が誕生しました。

”上月壮一郎”

おそらく、よほどのサッカー通でなければ知らない名前です。

それもそのはず、上月選手はJ2クラブで戦力外になり、ドイツ5部でプレーしていた選手です。

『J2戦力外から2年後にブンデスリーガ』という驚くべきサクセスストーリーを描く男。

今回は、上月壮一郎のプレースタイルと経歴をご紹介します。

目次

上月壮一郎について

  • 名前:上月壮一郎(こうづき そういちろう)
  • 生年月日:2000年12月22日
  • 出身地:京都府宇治市
  • 所属クラブ:シャルケ04(ドイツ)
  • ポジション:FW/MF/DF
  • 身長:181cm
  • 体重:74kg

J2戦力外からブンデスリーガに

Embed from Getty Images

プロスポーツは非常に厳しい世界です。

結果が出ず、チームの戦力になれなければ0円提示(戦力外通告)を受けることに。

上月選手は、2021年末に京都サンガ(当時J2)から戦力外通告を受けた過去があります。

数ヶ月間の”無所属”の後、ドイツ5部でプレー。

プライドを捨てて”アマチュアリーグ”から再出発し、あれよあれよとステップアップ。

戦力外通告を受けてから約2年後。

上月選手はドイツ・ブンデスリーガのシャルケ04とプロ契約を結びました。

シャルケ04でプレーした日本人選手
・吉田麻也(現在所属)
・内田篤人
・板倉滉

U-17W杯に出場

Embed from Getty Images

先でも述べた通り、”戦力外通告”を受けた経験のある上月選手。

「苦労人」というイメージがついてしまいそうですが、アマチュア時代は”超”がつくほどのエリート街道を歩んでいます。

15歳から世代別日本代表に選出され、U-17W杯にも出場。

17歳でプロデビューを飾るなど、10代の頃から異彩を放つ選手でした。

U-17W杯には、現在オーストリアでプレーする中村敬斗選手らと出場しています。
【中村敬斗のプレースタイルと経歴】

上月壮一郎のプレースタイル

Embed from Getty Images

DFからFWまで複数ポジションをこなし、ユーテリティ性を発揮する上月選手。

攻撃に強みを持ち、『古都のクリロナ』の異名を持つ選手です。

  • ドリブル突破
  • フィジカルの強さ
  • 得点力

海外の選手にも当たり負けせず、力強いドリブルで突破。

そして、ゴール前では抜け目なさを発揮する、全盛期のクリスティアーノ・ロナウドを彷彿とさせるプレーを見せます。

上月壮一郎の経歴

  • 宇治翔FC(宇治市立宇治小学校)
  • 京都サンガF.C.U-15(立命館宇治中学校)
  • 京都サンガF.C.U-18(立命館宇治高校)
  • 京都サンガF.C.
  • FCデューデン(ドイツ5部)
  • シャルケ04 セカンドチーム(ドイツ4部)
  • シャルケ04(ドイツ)

小学生時代

小学生時代は、宇治翔FCでプレーしています。

宇治翔FCは小学生年代の強豪チームで、のちに関西の強豪高校に進学する選手を大勢輩出しています。

上月選手は、宇治翔FCと並行し、京都サンガのサッカースクールにも通っていました。

中学生時代

中学生時代は、京都サンガF.C.U-15でプレーしています。

中学3年時には、U-15プレミアリーグで日本一に。

決勝戦では、コンサドーレ札幌U-15を6-0でくだし、圧倒的な力を見せつけました。

個人でも、15歳から世代別日本代表として活躍します。

京都サンガF.C.の福岡慎平選手は、京都サンガのスクール時代からの同期です。

高校生時代

Embed from Getty Images

高校生時代は、京都サンガF.C.U-18でプレーしています。

高校2年時にJユース杯で日本一に輝き、上月選手自身も1ゴール。

3年生になると2種登録を結び、高校生にしてJ2デビューも果たします。

京都サンガF.C.

Embed from Getty Images

2019年に京都サンガF.C.に加入します。(2018年からトップチームでもプレー)

順風満帆のユース時代とは裏腹に、4年間でわずか18試合の出場に留まります。

SB(サイドバック)にトライするなど、新境地を開こうとするも鳴かず飛ばず。

20歳にして戦力外通告を受けることになります。

京都サンガ退団の後、2ヶ月の”無所属状態”を経験しています。

FCデューレン(ドイツ5部)

2022年2月に、FCデューレンに加入します。

ドイツは3部リーグ以上がプロリーグとされています。

FCデューレンはドイツ5部に在籍し、「プロ契約選手もアマチュア契約選手もいる」という環境。

半年の在籍で、11試合5ゴールを記録し、チームは首位で4部リーグに昇格します。

シャルケ04Ⅱ(ドイツ4部)

2022年8月に、シャルケ04Ⅱに加入します。

シャルケ04Ⅱは、吉田麻也選手も所属するシャルケ04のセカンドチームです。

ドイツ4部リーグに在籍し、結果を残せばトップチームに昇格できる制度です。

有望株がひしめく中、上月選手は14試合で8ゴール

3試合連続ゴールを決めるなどのインパクトを残し、わずか半年でトップチームに昇格します。

シャルケ04

2022年12月にシャルケ04とプロ契約を結びました。

近年は2部に降格にした時期もあったものの、かつてはCL(チャンピオンズリーグ)でベスト4にも進んだ古豪クラブです。

5大リーグでどんな活躍を見せるのかに注目が集まります。

まとめ

J2戦力外から2年後にブンデスリーガに。

上月選手のステップアップに「驚きと喜び」の感情を抱く京都サポーターは多く、まさに”京都の誇り”です。

超エリートが挫折を味わい、精神的にもタフになっていることは間違いありません。

これから、どんな”成り上がり”を見せてくれるのでしょうか。

期待せずにはいられません。

上月選手と同様に、”将来の日本代表候補”として期待される選手たちについてはこちらにまとめています。

【細谷真央について】

【福井大智について】

【中村敬斗について】

【福田師王について】

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次