【10分でわかる】和製カンテ!橘田健人のプレースタイルとこれまでの経歴

等々力陸上競技場での川崎フロンターレの試合の写真

「川崎の心臓」

2020年、2位と勝ち点差18をつける圧倒的な強さでJリーグを制した川崎フロンターレ

翌年2021年は、Jリーグ史上最多勝ち点の92で優勝し、2連覇を達成しています。

この2年の間に、4人の主力選手が退団。

4人のW杯経験者が退団しながらも川崎フロンターレが強さを維持できたのは、”大卒ルーキー橘田健人”の存在です。

中盤で相手の攻撃を芽を刈り取り、パスサッカーの起点にもなる。

「あの22番の選手だれ!?」

スタジアムの電光掲示板を見ると、”22番 橘田健人”の名前が。

こうして相手サポーターに認知され、いつしか”川崎の心臓”として日本代表に推される選手になりました。

今回は、橘田健人のプレースタイルと経歴についてご紹介します。

目次

橘田健人について

  • 名前:橘田健人(たちばなだ けんと)
  • 生年月日:1998年5月29日
  • 出身地:鹿児島県霧島市
  • 所属クラブ:川崎フロンターレ
  • 背番号:8番
  • ポジション:MF/DF
  • 身長:168cm
  • 体重:65kg

2023年からキャプテンに

橘田選手は、2023年より川崎フロンターレのキャプテンに就任します。

プロ3年目の25歳と若い選手ですが、チーム・サポーターからの信頼は抜群です。

副キャプテンの登里選手脇坂選手ジェジエウ選手と共に、王座奪還に向けてチームを盛り上げます。

人見知りな性格

v

橘田選手ご本人曰く、”人見知り”な性格です。

クラブ公式のQ&Aでは、「コミュニケーション能力を高めたい」と回答。

バナナやキウイの装飾を身につけるなど、面白いイベントも盛りだくさんの川崎フロンターレ。

”人見知りな性格を直す”という意味でもピッタリなクラブかもしれません。

縦に落ちる”タテバナダ”

”中盤での守備”を強みとする橘田選手ですが、実はキックの名手です。

縦に落ちる縦回転キックを披露し、シュートの名前は「タテバナダ」に決まりました。

2023年は、直接FKも期待できるかもしれません。

橘田健人のプレースタイル

Embed from Getty Images

「和製カンテ」

橘田選手プレーは、フランス代表のカンテ選手(チェルシー)に似ています。

主戦場はボランチ(MF)です。

  • ボール奪取能力
  • 無尽蔵のスタミナ
  • 攻守の切り替え

168cmと小柄な選手ですが、球際で強さを発揮。

相手選手の前にスルッと入り込み、綺麗にボールを奪い取ります

「2人いる!?」と思ってしまう程の運動量も持ち味で、ピッチのどこにでも姿を表します。

また、攻撃面でも起点になれる選手です。

攻守の切り替えが凄まじく早く、ボールを奪った瞬間には攻撃に転じています。

橘田健人の経歴

  • 国分西サッカースポーツ少年団
  • 霧島市立舞鶴中学校サッカー部
  • 神村学園高校サッカー部
  • 桐蔭横浜大学サッカー部
  • 川崎フロンターレ

小学生時代

小学生時代は、国分西サッカースポーツ少年団でプレーしています。

6歳からサッカーを始め、小学生にしてリフティングの回数は2000回を達成。

プロ選手の小学生時代は”点取り屋だった”選手が多い中、橘田選手は”パスに美学”を感じる選手でした。

中学生時代

中学生時代は、舞鶴中学校サッカー部でプレーしています。

強豪チームではなく、「県大会に出れたらラッキー」というチームでしたが、その中で輝きを放っていたのが橘田選手。

九州トレセンにも選出されています。

九州トレセンでは、冨安健洋選手(アーセナル)と共にプレーしています。

高校生時代

高校生時代は、神村学園高校サッカー部でプレーしています。

片道2時間かけて通学。

1年生にして、神村学園のエースNo.14を背負い、鹿児島県選抜の10番として国体に出場しています。

惜しくも全国大会出場は逃しますが、強豪校で攻撃力に磨きをかけました。

神村学園出身の福田師王選手についても記事を書いています。
【福田師王について】

大学生時代

大学時代は、桐蔭横浜大学サッカー部でプレーしています。

高校生までは攻撃的な選手だった橘田選手。

守備を磨き上げたのは、大学での4年間です。

1年生からAチームでプレーし、橘田選手に関心を寄せたJリーグチームは10を超えるとも言われています。

大学4年時には特別指定選手として、川崎フロンターレでプレーしています。

桐蔭横浜大学からは、4年連続で川崎フロンターレに選手が入団しています。

2020年:イサカ・ゼイン(現・モンテディオ山形)
2021年:橘田健人
2022年:早坂勇希
2023年:山田新

川崎フロンターレ

Embed from Getty Images

2021年に川崎フロンターレに入団します。

1年目からリーグ戦29試合に出場し、優秀選手にもノミネート。

いつしか「川崎の心臓」と呼ばれるようになり、フロンターレに欠かせない存在へと進化を遂げます。

橘田選手がプレーするJリーグは、DAZNにて視聴できます。

詳しくは、【DAZNについて】をご覧ください。

あわせて読みたい
【2022-23シーズン】DAZNで見れるリーグ戦・サッカー番組を総まとめ 「2022-23シーズン、DAZNではどこの国のリーグが観れるんだろう。」 そんな疑問を抱いていませんか? この記事では、DAZNではどこの国のサッカーが観れるのかを、各リーグの魅力と共にご紹介します。

ルヴァン杯天皇杯スカパー!にて視聴できます。

詳しくは、【スカパーについて】をご覧ください。

あわせて読みたい
【2022年のサッカー配信】スカパー!オンデマンドでブンデスリーガ・ルヴァン杯・天皇杯を楽しもう 古くからのサッカーファンにはお馴染みの スカパー。 特にJリーグファンの方は、自宅にアンテナを取り付け、応援するチームの試合をスカパー中継で一生懸命に応援してい...

まとめ

「日本代表入りも近い」と言われる橘田選手。

驚くべきは、「プロのサッカー選手を夢見ていなかった」ことです。

自身の実力を客観視し、プロになれる実力ではないと判断。(参照:4yers.

”サッカーを純粋に楽しみながら”川崎フロンターレのキャプテンという場所まで上り詰めました。

これからもサッカーを楽しむ心を全開に、全国のサッカー少年・少女に夢を与えてくれるはずです。

川崎フロンターレ所属暦のある日本代表選手についてまとめています。
守田英正
三笘薫
田中碧
旗手怜央
大南拓磨

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次