【アーセナルの主力】市場価値は日本人No.1!冨安健洋のプレースタイルと経歴

日本代表のエンブレムの写真

海外で活躍する選手が増え、世界との距離を着実に縮める日本代表。

ただ、圧倒的な強さを誇るビッグクラブで活躍する日本人選手は、過去をさかのぼっても決して多くありません。

2022年現在、ビッグクラブで活躍する唯一の日本人が冨安健洋選手です。

22歳という若さでアーセナルに入団し、いまも躍動を続ける冨安選手。

今回は、冨安健洋のプレースタイルとこれまでの経歴についてご紹介します。

ビッグクラブとは
人気や実力を兼ね備えており、影響力の大きなチームのこと。

目次

冨安健洋について

Embed from Getty Images
  • 名前:冨安健洋(とみやす たけひろ)
  • 生年月日:1998年11月5日
  • 出身地:福岡県福岡市
  • 所属クラブ:アーセナル(イングランド)
  • ポジション:DF/MF
  • 背番号:18番(日本代表では16番)
  • 身長:188cm
  • 体重:84kg

冨安の市場価値は日本人No.1

ドイツの移籍専門誌が「2022年9月時点での推定市場価値」を発表しました。(引用:サッカーダイジェストwebより)

冨安選手は、鎌田大地選手と並んで30億円を超える金額で同率首位に。

怪我で離脱していたことを考えると、本来の金額はより高いものになると予想されます。

【鎌田大地についてはこちら】

冨安はバルセロナスクールに通っていた

Embed from Getty Images

冨安選手は小学生時代、バルセロナスクール福岡校の卒業生です。

2022年冬にバイエルン・ミュンヘンに加入する福井大智選手も、福岡校に通っていました。

将来同じスクールの卒業生が、日本代表で共にプレーするかもしれません。

【福井大智についてはこちら】

15歳から世代別日本代表に選出

冨安選手は、15歳の頃から世代別日本代表に選出されています。

ナショナルトレセンには小学生の頃から選出されている超エリートです。

小学生時代、九州選抜にて橘田健人選手(現・川崎フロンターレ)と共にプレーしています。

冨安健洋のプレースタイル

Embed from Getty Images

現在、世界トップクラスのプレーヤーに最も近いとされる冨安選手。

試合を見ていても、「弱点がないのではないか?」と感じる程の選手です。

その中でも、特に大きな特徴は以下の3つです。

  • 圧倒的な身体能力
  • ビルドアップ能力の高さ
  • 左右両足で遜色のないキック精度

圧倒的な身体能力

冨安選手は、日本人離れした身体能力を備えています。

  • スピード
  • フィジカルコンタクトの強さ
  • 空中戦の強さ

特に、走るのが速いDFは世界的に見ても珍しく、今後より一層の注目を浴びるはずです。

ビルドアップ能力の高さ

冨安選手はビルドアップ能力が高く、後方から攻撃を組み立てることができます。

ボールタッチも柔らかく、前線でもプレーできる程の足元の技術です。

左右両足で遜色のないキック精度

プロサッカー選手は利き足でなくてもプレーできて当たり前です。

ただ、利き足に比べるとキックの精度が落ちてしまう選手が大半です。

そんな中、冨安選手は”両利き”です。

左右の足でプレーの精度がほとんど同じなので、ボールがどちらの足の前にあっても最善のプレーができます。

冨安健洋のこれまでの経歴

  • 三筑キッカーズ(福岡市立三筑小学校)
  • アビスパ福岡U-15(福岡市立三筑中学校)
  • アビスパ福岡U-18(九州大学付属九州高校)
  • アビスパ福岡
  • シント=トロイデン(ベルギー)
  • ボローニャ(セリエA)
  • アーセナル(イングランド)

小学生時代

冨安選手は、小学1年生の頃から地元の三筑キッカーズでプレーしています。

当時から走るのが速く、小学校卒業時には身長も170cm近くあったようです。

小学4年生の時には、2学年年上の井手口陽介選手(現・セルティック)とマッチアップし、互角に渡り合ったそうです。

中学生時代

中学時代、冨安選手はアビスパ福岡U-15でプレーしています。

スカウトではなく、セレクション経由で入団し、チームキャプテンに上り詰めます。

世代別日本代表にも選出され、日本中に”冨安健洋”の名が知れ渡ります

アビスパ福岡のスタッフブログにて、中学生時代の冨安選手についての記事があります。
【冨安健洋の中学生時代】

高校時代

Embed from Getty Images

高校時代、冨安選手はアビスパ福岡U-18に昇格します。

ひとつ上の世代の日本代表に選出されるようになり、チームでも2種登録選手としてアビスパ福岡のトップチームでもプレー。

”エリート街道”を突き進みます。

アビスパ福岡

Embed from Getty Images

2016年にプロ入りし、アビスパで2年間プレー。

プロ1年目はJ1で10試合に出場するも、チームは惜しくもJ2に降格。

2017年はレギュラーの座を獲得し、35試合に出場します。

サッカー解説者も務める平畠啓史さん(お笑い芸人)は、当時17歳の冨安選手に太鼓判を押していました。

シント=トロイデン

Embed from Getty Images

2017年シーズン終了後、冨安選手はシント=トロイデン(ベルギー)に移籍します。

この移籍は、”J2の若手に億単位に移籍金が支払われた”ことでも大きな注目を集めました。

冨安選手はベルギーでも活躍し、移籍金約10億円を残してイタリアに渡ります。

ボローニャ

Embed from Getty Images

2019年夏に、冨安選手はボローニャ(イタリア)に移籍します。

イタリア・セリエAは世界で最も組織的で、守備が固いリーグですが、冨安選手はすぐにフィット。

20歳の日本人選手がセリエAで躍動し、日本人サッカーファンからの期待は大きく膨らみました。

名門ACミランからも正式なオファーが届き、イタリアでも高く評価されています。

ボローニャには、かつて中田英寿さんも所属していました。

アーセナル

Embed from Getty Images

2021年夏に、冨安選手はアーセナル(イングランド)に移籍します。

世界最強プレミアリーグの強豪でも1年目でスタメンの座を獲得。

本職のCB(センターバック)での出場は少ないものの、SB(サイドバック)として世界最高峰の活躍を見せています。

度重なる怪我に苦しみましたが、現在は完全復活。

アーセナルの中でも特に重要な選手へと成長を遂げています。

日本代表

Embed from Getty Images

冨安選手は2018年に18歳でA代表デビューを果たしています。

  • 2021年 東京五輪出場
  • カタールW杯アジア最終予選4試合出場

重要な試合に絡むものの、怪我をおしての出場となっています。

「もし怪我がなければ、もっと楽に勝てたかも。もっと上の順位にいけたかも。」

そう考える人は、私だけではないはずです。

カタールW杯では、世界の強豪相手に”万全の冨安健洋”が見れるはずです。

まとめ

日本代表の鍵を握る冨安選手。

日本代表でコンビを組む吉田麻也選手は、”内田篤人のFOOT BALL TIME”にてこのように話していました。

「冨安は自分よりも上」

吉田選手は長年ヨーロッパで活躍し、日本代表としても2度のW杯に出場しています。

日本サッカー史において、最も秀でたCB(センターバック)の一人であることは間違いありません。

その吉田選手が、自分よりも上と断言する選手。

その冨安選手は、まだ23歳です。

CBでも、SB(サイドバック)でも世界トップクラス。

これからどんな世界を見せてくれるのか、非常に楽しみです。

※内田篤人のFOOT BALL TIMEは、DAZNにて放送中です。

あわせて読みたい
【2022-23シーズン】DAZNで見れるリーグ戦・サッカー番組を総まとめ 「2022-23シーズン、DAZNではどこの国のリーグが観れるんだろう。」 そんな疑問を抱いていませんか? この記事では、DAZNではどこの国のサッカーが観れるのかを、各リーグの魅力と共にご紹介します。
あわせて読みたい
2022年カタールW杯(ワールドカップ)の組み合わせが決定!出場32カ国の特徴を”超かんたんに”解説 2022年11月に開幕するカタールW杯(ワールドカップ)には32の国々が出場します。 プレーオフにて出場権を争う3カ国を除く、29の国がW杯への出場を決めており、本大会に...

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次