【日本代表を支える万能型MF】守田英正の経歴・プレースタイルとスポルティングCPについて

日本代表のエンブレムの写真

2022-23シーズンよりポルトガルの強豪スポルティングCPに移籍した守田選手。

8/7の開幕戦ではいきなりの先発出場。

勝利こそ逃したものの、攻守に躍動した守田選手に対し、現地ポルトガルでも賞賛が贈られています。

Embed from Getty Images

日本代表でもレギュラーを掴み、2022年カタールW杯でも活躍が期待される守田選手。

今回は、守田英正選手の経歴・プレースタイルと、所属クラブのスポルティングCPについてご紹介します。

守田選手がプレーするポルトガル・プリメイラリーガDAZNで観戦することができます!

目次

守田英正について

Embed from Getty Images
  • ポジション:MF
  • 生年月日:1995年5月10日
  • 出身地:大阪府高槻市
  • 身長:177cm
  • 体重:75kg

2019年にモデルの藤阪れいなさんと入籍しています。

8月7日の開幕戦の試合前、家族3人でスポルティングCPデビューを飾っています。

Embed from Getty Images

守田英正のプレースタイル

守田選手は派手さはないものの、サッカー通好みのプレースタイルです。

解説を務める元日本代表選手からも、守田選手のプレーに対して感嘆の声がこぼれることもあります。

  • 攻守のバランスをとる上手さ
  • ボールを失わないキープ力
  • チームを救う危機察知能力
  • 複数ポジションをこなすユーティリティ性

攻守のバランスをとる上手さ

守田選手が務める”ボランチ”は攻守のバランスをとることが非常に重要です。

守田選手は適切なタイミングで攻撃を仕掛け、チームのバランスを保つことに長けています。

目標はバルセロナのブスケツ選手とのこと。
このことからも、攻守のバランスを意識していることが窺えます。

ボールを失わないキープ力

守田選手はキープ力が高く、ボールを失うことがほとんどありません。

キープ力が高いことで、味方の選手は安心して守田選手にボールを預けることができます。

ワンタッチパスも得意で、味方との連携で局面を打開するシーンも多々あります。

チームを救う危機察知能力

守田選手は危機察知能力に優れており、相手のチャンスを未然に防ぎます。

相手の絶好機に立ちはだかり、相手の決定機を阻止するシーンをよく見かけます。

身体の使い方が上手く、相手から”きれいに”ボールを奪い取ることが得意な選手です。

複数ポジションをこなすユーティリティ性

守田選手は本職のMFだけでなく、DFでプレーすることもあります。

大学時代はCB(センターバック)、川崎フロンターレではSB(サイドバック)でプレーしたこともあります。

ユーティリティ性の高い選手は、チームにとってありがたい存在です。
監督からすると、登録人数の少ないW杯などの国際大会には連れて行きたい選手です。

守田英正の経歴

プロ入り前の守田選手は、”エリート”とは呼べないサッカー人生です。

大学までは、全国大会や世代別代表とは全くの無縁でした。

プロ入り前

  • 高槻清水FC
  • 高槻市立第九中学校
  • 金光大阪高等学校
  • 流通経済大学

小学生時代

守田選手は小学生時代、高槻清水FCというチームでプレーしています。

大阪府高槻市で活動するクラブチームで、大阪トップクラスのチームとも互角に渡り合うチームです。

この頃から、守田選手はボランチとしてプレーしていました。
特に、攻撃が得意な選手だったようです。

中学生時代

守田選手は中学時代、高槻第九中学校のサッカー部でプレーしています。

クラブチームでのプレーも考えたようですが、高槻九中が強かったこと、5歳上のお兄さんが卒業していることもあって部活動でのプレーを選択したそうです。(引用:川崎フロンターレ公式ページより)

ガンバ大阪のセレクションを受けましたが、不合格だったそうです。

高校時代

守田選手は高校時代、大阪の強豪・金光大阪高等学校のサッカー部でプレーしています。

金光大阪高校サッカー部のOBには、守田選手を含めて10人のJリーグ経験者がいます。

高校時代は全国には届かなかったものの、大阪府ベスト4のチームで”10番でキャプテン”を務めていました。

川崎フロンターレの家長昭博選手も金光大阪高校に通っていました。(所属はガンバ大阪ユース)
また、元お笑い芸人でYouTuberの宮迫博之さんもサッカー部OBです。

大学時代

守田選手は大学時代、流通経済大学のサッカー部でプレーしています。

これまで全国の経験がない守田選手でしたが、日本トップクラスの大学で1年生からAチームでもプレー。

日本一にも何度も輝き、自身も大学No.1ボランチとの評価を得るようになりました。

Embed from Getty Images

※上の画像は、流通経済大学の先輩・江坂任選手(現・浦和レッズ)とのマッチアップです。

大学時代にプレースタイルを変更し、守備も重要視するようになりました。
また、DFとしてプレーをすることでサッカー観が広がったそうです。

プロ入り後

守田選手は、2017年の大学在籍中に特別指定選手として川崎フロンターレでプレー。

2018年に正式に川崎フロンターレに加入し、プロサッカー選手となります。

川崎フロンターレ

Embed from Getty Images

2018年にフロンターレ加入後、守田選手は開幕戦から出場機会を得ます。

シーズン開幕当初は途中出場が多かったものの、次第にスタメンの座を獲得。

川崎に在籍した3年間で81試合に出場して、2度のリーグ優勝に貢献しています。

プロ入り後、Jリーグでゴールを決めていないことを気にしていたようです。
デビュー後80試合目にして、Jリーグ初ゴールを記録しています。

サンタクララ

Embed from Getty Images

守田選手は2020-21シーズンに海外移籍を果たします。

移籍先となったサンタクララは、長年ポルトガル2部に属しているチームでした。

2018年に1部昇格後、2020-21シーズンは6位、2021-22シーズンは7位と確実にチーム力をアップ。

守田選手もボランチのレギュラーとして、チームの好成績に大きく貢献しました。

2021-22シーズンは、公式戦38試合に出場しました。

日本代表

Embed from Getty Images

守田選手は大卒1年目の2018年に日本代表に初選出され、16試合に出場しています。(2022年8月現在)

2022年W杯アジア最終予選にも6試合に出場し、日本代表のW杯本大会出場に大きく貢献しました。

日本代表ではインサイドハーフとして、替えの効かない存在へと成長しました。

スポルティングCPについて

Embed from Getty Images

2022-23シーズンより守田選手がプレーするスポルティングCPは、ヨーロッパの強豪クラブのひとつです。

FCポルト、ベンフィカと共にポルトガルの3強とされています。

かつてはルイス・フィーゴクリスティアーノ・ロナウドもプレーしていました。

  • チーム名:スポルティングCP(スポルティング・クルーべ・デ・ポルトガル)
  • 創立:1906年
  • クラブカラー:緑・白
  • 本拠地:リスボン
  • スタジアム:エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラーデ(50,095人収容)

元日本代表の田中順也選手もスポルティングでプレーしていました。

スポルティングCPの本拠地「リスボン」について

Embed from Getty Images

リスボンは人口50万人を超える”ポルトガルの首都”です。

イベリア半島最長のテージョ川に面しており、大航海時代に作られた”ベレンの塔”は船の出入りを見張るための歴史的建造物です。

リスボンにはベレンの塔の他に、ジェロニモ修道院という有名な建造物があります。

この2つの建造物は、ユネスコの世界遺産に登録されています。

サッカーはもちろん盛んな街で、ポルトガル3強のベンフィカもリスボンを本拠地としています。

まとめ

プロ入り後、着実にステップアップしてきた守田選手。

2022年には27歳となりますが、今後の活躍次第では4大リーグへの挑戦も狙えるはずです。

今年はチャンピオンズリーグへの初挑戦に加え、W杯も控えています。

2つの大きな大会での活躍次第では、世界トップクラスからのオファーも舞い込んでくるでしょう。

今シーズンの守田選手の活躍から目が離せません!

2022-23シーズンの各国リーグの放映権についてもまとめています。
どのチャンネルで、どこの国のリーグが見れるのかをぜひチェックしてください!

あわせて読みたい
【2022-23年度版】サッカー・各国リーグの放映権情報を総まとめ サッカー好きのあなたに質問です。 どのアプリで、どこの国のサッカーが見れるのかを知っていますか? プレミアリーグの放映権で話題になったように、人気リーグの放映...

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次