当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】187cmの大型FW!真家英嵩のプレースタイルと経歴

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

「187cmの大型FW」

サッカー後進国と言われていた日本が進化を遂げ、W杯で強豪国を倒すようにもなりました。

以前では考えられないほど多くの選手がヨーロッパでプレーしており、その経験を日本サッカーに還元。

それでも、世界のトップとの差が大きいと言われるのが”GKとFW”です。

強豪チームのメンバーを見ると、必ずと言って良いほど”最前線に屈強な大型FW”がいます。

身体を張って時間を作り、パワーでゴールを掴み取る。

187cmの真家選手は、日本にとって貴重な存在です。

今回は、真家英嵩のプレースタイルと経歴をご紹介します。

目次

真家英嵩について

  • 名前:真家英嵩(まいえ ひでたか)
  • 生年月日:2003年7月28日
  • 千葉県松戸市
  • 所属クラブ:柏レイソル
  • 背番号:35番
  • ポジション:FW
  • 身長:187cm
  • 体重:83kg

15歳から世代別日本代表

15歳から世代別日本代表に選出されてきた真家選手。

怪我で招集されていない時期もありましたが、世界でのプレーも経験。

プロ入りした現在もU-19日本代表候補選手です。

2022年Jリーグ最終節でスタメン出場

プロ1年目の2022年J1リーグ最終節。

真家選手はJリーグ初スタメンを飾りました。

J1湘南のDF相手に身体を張ったボールキープ前線からの守備を披露。

ゴールこそなかったものの、交代時にはスタンドからは大きな拍手が。

2023年に向けて、成長を感じさせる試合になりました。

兄・元彦も柏ユース出身

真家選手の兄・元彦さん柏レイソルユース育ち

現在は國學院大学サッカー部でプレーするDFです。

真家元彦さんの同期
・森海渡(現・徳島ヴォルティス)
・小久保玲央ブライアン(現・ベンフィカ)
・山田雄士(現・栃木SC)
・杉井颯(現・AC長野パルセイロ)

真家英嵩のプレースタイル

「強いくて巧い」

真家選手のポジションはCF(センターフォワード)

チームの最前線でゴールを狙い続け、相手DFを背負って味方選手が攻め上がる時間を作り出します。

小学生の頃からレイソルに所属しているだけあって、足元の上手さは申し分なし。

それに加え、187cm83kgという恵まれた体格

試合に出れない時期には、筋トレに励んで更にパワーアップしました。

参考にしている選手は以下の3選手。(参照:Jsports

  • ベンゼマ(レアル・マドリード)
  • レヴァンドフスキ(バルセロナ)
  • 大迫勇也(ヴィッセル神戸)

なんでもできるストライカーを目指し、腕を磨いています。

真家英嵩の経歴

  • ラビットキッカーズ(松戸市立松ヶ丘小学校)
  • 柏レイソルU-12
  • 柏レイソルU-15(松戸市立第六中学校)
  • 柏レイソルU-18(日本体育大学柏高校)
  • 柏レイソル

小学生時代

小学生時代は、ラビットキッカーズでプレーしています。

1学年上には、ブワニカ啓太選手(ジェフ千葉)も在籍。

その後、柏ユースのセレクションを突破します。

中学・高校生時代

※9番の選手が真家選手です。

小学4年生からは、柏レイソルユースでプレーしています。

  • 柏レイソルU-12
  • 柏レイソルU-15
  • 柏レイソルU-18

15歳の頃から世代別日本代表に選出され、U-18では1年生から公式戦に出場。

順調にいくように見えたユースでの生活では、負傷による長期離脱も経験。

困難を乗り越え、精神的にも強くなってプロへの道を切り開きます。

真家選手の同期
升掛友護(柏レイソル)
田中隼人(柏レイソル)

柏レイソル

2022年に柏レイソルに昇格します。

プロ1年目のJリーグ開幕戦からベンチ入りし、第2節でデビュー。

ルヴァン杯では1ゴール。

2023年では、Jリーグでの得点を狙います。

まとめ

「187cmのFW」と聞くと、それだけで期待してしまいます。

あとは結果だけ。

FWの選手は、”最初の1点”が非常に重要です。

本田圭佑さんの言葉を借りれば、「ケチャップどばどば」

Jリーグで1点決めれば、肩の荷が降りて”得点量産態勢”に入るかもしれません。

柏レイソルのFW陣について
細谷真大
武藤雄樹
ドウグラス
ジェイ=ロイ・フロート
・オウイエ・ウィリアム
・山本桜太

Follow me!

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって27年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次