【サッカー観戦記】2023年J1リーグ第1節 柏レイソルvsガンバ大阪

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

2023年Jリーグ開幕!

2022年11月末以来、約3ヶ月ぶりにJリーグが帰ってきました。

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

今シーズン、柏レイソルは新たなサッカーに挑戦。

これまで以上に”ボールをつなぐ”ことを意識し、簡単には蹴らずに後方からパスを繋ぎます。

もちろん、ミスが起きる可能性も高まります。

その反面、パスサッカーが完成に近づいた時、「観客を魅了するサッカー」を披露するでしょう。

対戦相手のガンバ大阪も注目度は抜群。

  • 宇佐美貴士選手の”7番”
  • 谷晃生と東口順昭のGK争い

快晴のもと、サポーターの大声援のもと、熱い戦いが繰り広げられました。

目次

当日の様子

2022年Jリーグ最優秀育成クラブ賞

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真
表彰式には、染谷悠太コーチが参加しています。

柏レイソルは、2022年Jリーグ最優秀育成クラブ賞を受賞しました。

2009年の制定以降、史上初の2年連続の受賞になりました。

今シーズンも、柏レイソルには13人のユース出身選手が在籍。(2種登録選手も含む)

13/35人という、1/3以上が柏ユース育ちになります。

「柏の育成、俺たちの宝」

今シーズンも、柏ユース出身の選手がレイソルでも、他のクラブでも躍動してくれるでしょう。

小屋松知哉 Jリーグ250試合出場

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

小屋松選手のJリーグ通算250試合出場のセレモニーが行われました。

この試合でも何度もキレキレのドリブルを、90分たってもプレーの精度が落ちないスタミナをみせました。

お子さんも生まれ、今年は”パパ”として昨年以上の活躍が期待できそうです。

小屋松知哉選手についてはこちら
【小屋松知哉について詳しく】

両サポーターが煽り合い

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

試合前、レイソル・ガンバ両サポーターによる煽り合いがありました。

”煽り合い”といっても、悪質なものではなく、どこか同じサッカー人としてのライバル関係が感じられるもの。

私の近くで観戦していたレイソルサポーターガンバサポーターともに、両ゴール裏のやりとりを微笑みながら見つめていました。

スターティングメンバー

柏レイソル

柏レイソルvsガンバ大阪のスタメン
  • GK 守田達弥
  • DF 田中隼人
  • DF 川口尚紀
  • MF 椎橋慧也
  • MF 中村慶太
  • FW 武藤雄樹
  • FW 山本桜大

ガンバ大阪

柏レイソルvsガンバ大阪のスタメン
  • GK 東口順昭
  • DF 高尾瑠
  • DF 江川湧清
  • MF 山本理仁
  • MF 倉田秋
  • MF ネタ・ラヴィ
  • FW 山見大登

試合結果

DAZN公式のハイライト動画です。

「2-2」の引き分け。

後半ロスタイムにレイソルがPKを決めて追いつき、引き分けに持ち込みました。

得点者
・42分:片山瑛一(柏)
・49分:宇佐美貴士(G大阪)
・54分:ダワン(G大阪)
・90分:細谷真大(G大阪)

柏レイソル

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

2022年8月6日以来、6ヶ月ぶりの勝利とはいかず。

とはいえ、終盤で同点に追いつき、”勝ち点1”を拾えたことは、今後にとって大きいはずです。

  • VARの介入
  • 目の前のガンバサポからのプレッシャー
  • 試合終了直前

勝敗を左右する状況で”ド真ん中”にPKを置きに行き、ガンバサポーターを煽り返した細谷選手。

自らPKを獲得し、きっちり決める。

「エース・細谷真大」を見せつけました。

先制点をあげた片山選手はとても硬派な選手。

危険なシーンではプロフェッショナルファールを見せ、ベテランとして堅実なプレー。

そんな片山選手が、アウトで巻いたおしゃれなゴール

いつの間にかゴール前に顔を出す神出鬼没な男。

もしかしたら、この補強はとてつもなく大きいかもしれません。

細谷真大について
片山瑛一について

ガンバ大阪

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

後半は完全にゲームを支配。

ガンバ大阪にはドリブラーが多く、レイソルは個の突破に悩むシーンも。

特に、宇佐美貴士選手(ガンバ大阪)の得点シーンはレイソルDF陣の間をスルスルと抜けていく、圧巻の個人技。

得点以外でも、試合を落ち着かせるシーン、若手に点をとらせようとする意識など、ガンバ大阪の象徴として7番がよく似合っていました。

右SB(サイドバック)黒川選手、途中出場の山見選手も個人で打開する力があり、今後注目を集める選手かもしれません。

そして新監督のポヤトス監督について。

徳島での指導暦があり、攻撃的なサッカーを志向しています。

流れるようなパスを見せることもあり、対戦相手としてはとても脅威でした。

試合中には、判定をめぐってヒートアップする別のスタッフを何度もなだめており、非常に冷静な立ち振る舞いでした。

まとめ

天気も良く、絶好のサッカー日和。

柏駅にはキャリーケースを持って関西弁を話すサポーターも多く、Jリーグの熱さを改めて感じました。

試合の方も、サポーターの声で”3割増し”の熱さになりました。

個人的気になったのはこの2選手!

  • 高嶺朋樹選手
  • 中村慶太選手

今シーズンから新加入した高嶺選手は、中盤の底(アンカー)でプレー。

攻守に渡って良いプレーを見せていましたが、特に”取り切る守備”が素晴らしかったです。

相手の前に綺麗に身体を入れ、美しさを感じるほどの対人守備でした。

あわせて読みたい
【10分でわかる】左利きの狂犬が柏に!高嶺朋樹のプレースタイルと経歴 【高嶺朋樹について】 ”狂犬”と呼ばれるほどの激しい守備が持ち味の高嶺選手。 札幌の下部組織育ちで、サポーターからの人気は抜群。今回の柏レイソルへの移籍は”物議”を呼びましたが、相当な覚悟を持っての決断のはずです。

中村慶太選手は、2022年7/2第19節以来の出場。

怪我による長期離脱からの復帰戦となりましたが、唯一無二のテクニックを披露。

攻撃にリズムをもたらし、76分には”決まっていれば今節のベストゴール”とも言えるスーパーシュートも。

昨年の好調をもたらした、ムードメーカーが帰ってきました。

あわせて読みたい
【10分でわかる】華麗なテクニック!中村慶太のプレースタイルと経歴 「見ていて楽しいプレー」 サッカーにはミスが付きものです。 足でボールを扱うがゆえにコントロールが難しく、ミスを減らすために安全なプレーを選択する。 大人になれ...

「Jリーグは本当に楽しい!」と感じる素敵な時間でしたが、余韻に浸っている場合ではありません。

来週には第2節FC東京戦。

開幕戦で浦和レッズを下した強敵ですが、次こそは勝利を!!

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

サッカーが楽しくなる記事を書いています。

・【柏レイソル所属選手について】
【W杯歴代日本代表の所属クラブ】

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次