【プロ2年目の真価】FC東京のKINGへ!松木玖生のプレースタイルと経歴

日本代表のエンブレムの写真

『最強のメンタルとフィジカル』

高校世代で敵なしの活躍をする選手は、”超高校級”と評されます。

超高校級選手であっても、Jリーグでは想像以上の技術スピード感に戸惑うことばかり。

特にフィジカルの強さに圧倒され、プロの世界では活躍できない選手も大勢います。

そんな中、高卒1年目の開幕戦でスタメン出場した松木玖生選手

しかも、フィジカルで悩むどころか、Jリーグでも高水準のフィジカルの強さを披露。

ルーキーイヤーから圧巻のパフォーマンスを見せ、日本代表入りも時間の問題です。

今回は、松木玖生のプレースタイルと経歴をご紹介します。

目次

松木玖生について

  • 名前:松木玖生(まつき くりゅう)
  • 生年月日:2003年4月30日
  • 出身地:北海道室蘭市
  • 所属クラブ:FC東京
  • 背番号:7番
  • ポジション:MF
  • 身長:180cm
  • 体重:76kg

高卒1年目の開幕戦でスタメン出場

Embed from Getty Images

2022年にプロ入りした松木選手。

高校No.1プレーヤーの出場に注目が集まる中、松木選手はスタメン出場

相手は前年度王者の川崎フロンターレ

その川崎を相手に、誰もが驚くほどのハイパフォーマンスを披露。

松木玖生が”FC東京の核”になることを確信させました。

高卒1年目の開幕戦でスタメン出場した選手
・城彰二(ジェフ市原)
・遠藤保仁(横浜フリューゲルス)
本田圭佑(名古屋グランパス)
・内田篤人(鹿島アントラーズ)
・樺山諒乃介(横浜F.マリノス)

青森山田の10番

Embed from Getty Images

中学・高校で”青森山田の10番”を背負い、全国大会での優勝は4回

高校2年生で10番をつけるのは柴崎岳選手以来。

高校年代でとれる全てのタイトルを獲得し、高校サッカー界のKINGに君臨しました。

ちなみに、”青森山田の10番”は6人連続でJリーグ入りを果たしました。

青森山田の歴代10番
・2015年:神谷優太(湘南ベルマーレに入団)
・2016年:高橋壱昴(ジェフユナイテッド市原千葉に入団)
・2017年:郷家友太(ヴィッセル神戸に入団)
・2018年:壇崎竜孔(北海道コンサドーレ札幌に入団)
・2019年:武田英寿(浦和レッズに入団)
・2020年:松木玖生(FC東京に入団)
・2021年:松木玖生(〃)

本田望結の先輩

青森山田高校はサッカー以外のスポーツも強豪で、フィギュアスケート部も有名です。

そんな理由も、「女優とフィギュアスケーター」を両立している本田望結さんも青森山田高校の卒業生です。

松木選手の1学年後輩で、Instagramには松木選手との写真もアップしています。

お姉さんの本田真凜さんも青森山田高校のOGです。

松木玖生のプレースタイル

Embed from Getty Images

18歳にしてFC東京でスタメンの座を掴み、Jリーグ31試合に出場。

ボランチなど、MFの中央寄りでのプレーを得意としています。

日本代表入りも期待される松木選手の大きな強みは、以下の3つです。

  • フィジカルの強さ
  • 切り替えの速さ
  • 左足でのキック精度

高校時代からベンチプレス95キロをあげるパワーはプロでも通用。

そのフィジカルを活かした球際の強さは、Jリーグ随一です。

攻守の切り替えの速さも魅力のひとつです。

奪った瞬間には攻撃に転じ、カウンターの起点として誰よりも早くゴールへと突き進みます。

そして、利き足である左足でのキックも一級品。

正確なラストパス、強烈なシュートを繰り出し、MFながらも得点に絡みます。

そして、誰よりも強い向上心を持った選手です。

松木玖生の経歴

  • 室蘭大沢FC
  • 青森山田中学校サッカー部
  • 青森山田高校サッカー部
  • FC東京

小学生時代

小学生時代は、室蘭大沢FCでプレーしています。

20人ほどの小規模なチームで、1年生から6年生が一緒に練習する環境。

年上とのプレーで実力を高め、北海道選抜にも選出されています。

3歳年上の兄の影響でサッカーを始めています。

青森山田中学サッカー部

中学生時代は、青森山田中学サッカー部でプレーしています。

  • 1年生:Aチーム入り
  • 2年生:全国大会優勝
  • 3年生:青森山田の10番、世代別日本代表に選出

中学3年生で高校のプレミアリーグにも出場。

交代後には、中3にして高3の先輩に指示を出す大物っぷりを見せています。

松木選手については、鈴木啓太さんと黒田監督(現・町田ゼルビア監督)の対談にて語られています。

【YouTube配信中の元Jリーガー】

青森山田高校サッカー部

Embed from Getty Images

高校生時代は、青森山田高校サッカー部でプレーしています。

1年生からAチーム入りし、全国大会に出場。

冬の選手権では3大会連続で決勝に進出。
・1年:準優勝
・2年:準優勝
・3年:優勝

高校3年時には、選手権インターハイプレミアリーグの3冠を達成。

ユースよりも強い”最強青森山田”のエースとして、「高校サッカー界のKING」と呼ばれるようになります。

FC東京

Embed from Getty Images

2022年にFC東京に入団します。

1年目から開幕スタメンを勝ち取り、Jリーグ31試合に出場。

”パリ世代の日本代表”としてもプレーしており、今後より一層の注目を集めることは間違いありません。

松木選手のプレーするJリーグDAZN で視聴できます。

詳しくは、【DAZNについて】をご覧ください。

あわせて読みたい
【2022-23シーズン】DAZNで見れるリーグ戦・サッカー番組を総まとめ 「2022-23シーズン、DAZNではどこの国のリーグが観れるんだろう。」 そんな疑問を抱いていませんか? この記事では、DAZNではどこの国のサッカーが観れるのかを、各リーグの魅力と共にご紹介します。

まとめ

「高校サッカー界のKING」

そう呼ばれたのは、全てのタイトルを勝ち取った実力に加え、”声で周りを動かすことができる”からです。

自らがチームの歯車として動くだけでなく、適切なコーチングでチームを統率。

松木玖生がいることで、チームの力が1段も2段も高まります。

そのメンタルの強さには、長友佑都選手も太鼓判。

いつの日か、「日本のKING」と呼ばれる日がくるかもしれません。

斉藤選手と同じく、パリ五輪世代の選手たちをまとめています。

【天才レフティー・久保建英】
【2022年J1新人王・細谷真大】
【万能型アタッカー・鈴木唯人】
【和製ハーランド・中島大嘉】
【ドイツへの挑戦・福田師王】
【契約満了→ドイツ・上月壮一郎】
【バイエルンへの挑戦・福井大智】
【レアルの至宝・中井卓大】


Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次