【10分でわかる】9カ国でプレー!本田圭佑のプレースタイルと経歴

サッカー日本代表の試合の写真

日本代表のエースとして、数々の伝説を残してきた本田圭佑さん

その実力は本物で、日本サッカー史上最高の実績を誇ると言っても過言ではありません。

サッカー人気絶頂期のエースということもあり、メディアからの注目度も抜群。

試合以外の部分でもサッカーファンを楽しませてくれる存在でした。

現在は、経営者カンボジア代表監督など”数々の顔”を持ち、常に挑戦を続ける本田さん。

今回は、本田圭佑のプレースタイルと経歴についてご紹介します。

目次

本田圭佑について

Embed from Getty Images
  • 名前:本田圭佑(ほんだ けいすけ)
  • 生年月日:1986年6月13日
  • 出身地:大阪府摂津市
  • ポジション:MF
  • 身長:182cm
  • 体重:74kg

W杯で3大会連続ゴール

Embed from Getty Images

本田選手は、W杯で3大会連続でゴールを決めています。

  • 2010年南アフリカW杯:2得点(カメルーン戦、デンマーク戦)
  • 2014年ブラジルW杯:1得点(コートジボワール戦)
  • 2018年ロシアW杯:1得点(セネガル戦)

ゴールに加えて、3大会連続でアシストも記録しています。

3大会連続でゴール&アシストを記録した選手は”たったの6人”

ベッカム(元イングランド代表)ロッベン(元オランダ代表)らと肩を並べる、偉大なサッカー選手です。

9カ国でプレー

本田選手は、9カ国のリーグでプレーした経験があります。

  • 日本
  • オランダ
  • ロシア
  • イタリア
  • メキシコ
  • オーストラリア
  • ブラジル
  • アゼルバイジャン
  • リトアニア

アジア・ヨーロッパ、南米、北米、オセアニアの5大陸のクラブで得点を決めた”世界唯一のサッカー選手”です。

現役時代から会社経営をしており、”様々な国でプレーする経験”ビジネスにも活かしているはずです。

ACミランの”10番”

Embed from Getty Images

ACミランといえば、世界中で人気の”ビッグクラブ”です。

特に1980年代〜2000年代は世界最強クラブのひとつで、世界的に有名な選手ばかりが所属するクラブでした。

  • 欧州王者:7回
  • リーグ優勝:19回

本田選手は、自分の中の”リトル本田”に従い、2013年にACミランに加入。

さらに、エースナンバーの10番を着用することに。

同じくミラノに本拠地を置くインテルには長友佑都選手が所属。

Embed from Getty Images

”ミラノダービーでの日本人対決”に、日本のサッカーファンは大歓喜しました。

【長友佑都選手について】

あわせて読みたい
【アモーレは平愛梨】長友佑都のプレースタイルとこれまでの経歴について 2022年カタールW杯アジア最終予選。 日本代表は、3試合で1勝2敗という最悪に近いスタートを切りました。 W杯7大会連続出場に黄色信号が灯り、森保ジャパンには非難の声...

本田圭佑のエア移籍

本田選手は、メディアやファンからの憶測で移籍先が語られる”エア移籍”が頻発していました。

実際にオファーがあったかどうかは定かではありませんが、数々のビッグクラブへの移籍が噂されました。

  • レアル・マドリード
  • バルセロナ
  • マンチェスター・シティ
  • ラツィオ     など

実力があるからこそ、希望も込みで話が飛躍。

人気・実力もある選手の大変さが伺えた出来事です。

本田圭佑のプレースタイル

Embed from Getty Images

本田選手は、”フィジカルで世界と戦える”日本には珍しい選手です。

走力が特別秀でているわけではありませんが、パワー・技術が優れており、チームの得点に絡みます。

若手の頃はパスで違いを見せる選手でしたが、海外に渡ってプレースタイルが一変。

自らもガンガン仕掛け、”得点へのこだわり”を見せるようになりました。

無回転シュート

Embed from Getty Images

本田選手といえば、”無回転シュート”です。

ボールが回転せず、どんな変化をするかわからないシュートを得意とし、まさに”GK泣かせ”です。

  • 2010年南アフリカW杯:デンマーク戦
  • 2010年チャンピオンズリーグ:セビージャ戦

大舞台でも無回転シュートが炸裂し、”本田圭佑”の名は世界に轟きました。

契約メーカーのミズノからは、”無回転が蹴りやすいスパイク”が発売されました。

キープ力の高さ

Embed from Getty Images

本田選手はフィジカルが強く、キープ力も高い選手です。

味方が上がる時間を作り出し、チームの攻撃に厚みをもたらします。

サッカーファンに衝撃を与えたのは、2011年の韓国戦です。

【日本=技術に優れる、韓国=フィジカルに優れる】

そんな特徴を覆し、フィジカルに優れる韓国の選手たちを相手に無双状態

”日本サッカーが強くなったこと”を感じられる試合でした。

大舞台での強さ

Embed from Getty Images
  • チャンピオンズリーグ
  • W杯
  • アジアカップ

世界中が注目する大会レベルの高い環境でこそ本田圭佑は輝きます。

2014年W杯出場を決めるPKを決めるなど、重要な局面では必ずと言って良いほど活躍。

「困った時には本田に出せば良い」と思えるほどに頼れる男です。

本田圭佑の経歴

  • 摂津FC(摂津市立鵜飼北小学校)
  • ガンバ大阪ジュニアユース(摂津市立第四中学校)
  • 星稜高校
  • 名古屋グランパス
  • VVVフェンロ(オランダ)
  • チェスカ・モスクワ(ロシア)
  • ACミラン(イタリア)
  • パチューカ(メキシコ)
  • メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)
  • フィテッセ(オランダ)
  • ボタフォゴ(ブラジル)
  • ネフチ・バクー(アゼルバイジャン)
  • FKスードゥヴァ(リトアニア)

小学生時代

本田選手は小学2年生の時に、摂津FCでサッカーを始めます。

卒業文集では「世界一のサッカー選手になる」と書き、当時から”大きな夢”を抱いて行動していました。

中学生時代

中学生時代は、ガンバ大阪ジュニアユースでプレーしています。

  • 家長昭博(現・川崎フロンターレ)
  • 安田理大(現・松本山雅FC)
  • 東口順大(現・ガンバ大阪)

後に日本代表になる選手たちと共にプレー。

”天才”と言われた家永選手とは”全く同じ日に生まれたライバル”として切磋琢磨。

ただ、当時のポジション争いは家永選手に軍配が上がり、本田選手は左サイドバックなどでの守備的なポジションでプレー。

高校進学時には、ユースへの昇格を逃します。

星稜高校

高校時代は、石川県の星稜高校でプレーしています。

1年生からレギュラーを獲得するも一切満足せず、練習に励みます。

弱点である走力を克服のするために、”陸上部の朝練への参加”など頭を使って努力を重ね、冬の選手権ではベスト4に。

本田の入学で”上下関係”がなくなった?
1学年先輩の豊田陽平選手(現・ツエーゲン金沢)曰く、本田選手の発言がきっかけで”上下関係”がなくなったという伝説も。

名古屋グランパス

Embed from Getty Images

2005年に名古屋グランパスでプレーします。

高卒1年目の開幕戦でスタメンを勝ち取り、3年間でリーグ戦90試合に出場。

Jリーグでは個人タイトルは獲得していないものの、世代別日本代表の中心選手として記憶に残るゴールも決めています。

VVVフェンロ(オランダ)

Embed from Getty Images

2008年冬にVVVフェンロ(ふぇー・ふぇー・ふぇー・ふぇんろ)に移籍し、3シーズンに渡ってプレー。

移籍後にチームは2部に降格するも、本田選手はチームに残留。

10番・キャプテンとして1部復帰に貢献し、1部リーグでも強烈なミドルシュートを叩き込みました。

フェンロ時代の活躍で、”本田圭佑”の名をオランダや日本に轟かせました。
フェンロのサポーターからは、今でも愛されています。

CSKAモスクワ(ロシア)

Embed from Getty Images

2010年冬に、CSKAモスクワ(ちぇすか・もすくわ)に移籍します。

W杯での活躍もあり、イタリアやスペインをはじめとする5大リーグへの移籍が噂されるなか、ロシアへの移籍に驚いたサッカーファンも多いはず。

とはいえ、チェスカはCLに出場する強豪で、ビッグクラブとも対戦。

  • マンチェスター・シティ(イングランド)
  • バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
  • インテル(イタリア)      など

CLベスト8リーグ優勝も経験し、ロシアでも輝かしい実績を残します。

ロシアでは人工芝での試合もあり、その影響で膝を痛めてしまったとも言われています。

ACミラン(イタリア)

Embed from Getty Images

2013年冬にACミランに移籍し、3シーズンに渡ってプレーします。

バロンドール受賞暦もあるカカなど、世界トッププレーヤーが在籍するクラブで10番を背負ってプレー。

7試合で6ゴールを決めて”チェッキーノ(射撃の達人)と称される時期もあったものの、ミランサポーターからの批判は凄まじいの一言。

チームが低迷している時期の”ビッグクラブの10番”が重くのしかかり、スケープゴートにされることも多々ありました。

バロンドールとは
1年間における”世界で最も活躍した選手”に贈られる賞のこと。

スケープゴートとは
チーム負けを個人の責任におしつけられること。

パチューカ(メキシコ)

Embed from Getty Images

2017年夏にパチューカに加入し、1年間プレーします。

背番号「02」という珍しい番号を身につけ、”4人抜きゴール”を決めるなどインパクト溢れる活躍をしました。

クラブW杯にも出場し、3位という結果を残しています。

メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)

Embed from Getty Images

2018年にメルボルン・ビクトリーに加入し、1年間プレーします。

優勝は逃したものの、2ヶ月連続で”月間MVP”を受賞。

ACLではサンフレッチェ広島と対戦し、13年ぶりの日本凱旋試合となりました。(日本代表での帰国は除く)

フィテッセ(オランダ)

Embed from Getty Images

2019年にフィテッセに移籍します。

CSKAモスクワ時代の恩師・スルツキー監督のラブコールを受けて加入。

しかし、スルツキー監督が成績不振により辞任。

その影響もあり、本田選手自身も半年でチームを退団します。

ボタフォゴ(ブラジル)

Embed from Getty Images

2020年冬にボタフォゴに加入します。

W杯戦士の加入に、ボタフォゴサポーターは大歓迎。

Embed from Getty Images

ところが、新型コロナウイルスの影響でチームの経営は悪化。

給与の支払い遅れに対して「給与は受け取らない」との男気を見せるものの、監督がコロコロ変わる体制に難色を示し、チームとの関係が悪化。

シーズン中に退団する運びとなり、ブラジルでは”賛否両論”の声があがりました。

ネフチ・バクー(アゼルバイジャン)

2021年にネフチ・バクーに移籍します。

アゼルバイジャンの場所は、下の画像の中央左寄り。

Embed from Getty Images
  • カスピ海に面している
  • 北にはロシア、南にイラン
  • UEFA(欧州サッカー連盟)に加入している。
  • 世界一の”親日国”と言われている

半年間の在籍でしたが、2ゴールをあげる活躍を見せ、リーグ優勝に貢献します。

FKスードゥヴァ(リトアニア)

2021年にFKスードゥヴァに移籍します。

リトアニアの位置は、下の画像の中央付近。

Embed from Getty Images
  • ポーランドの北に位置している
  • 冬の平均気温は0℃を下回る
  • 国の9割以上が農地や森林

半年間の在籍で、スードゥヴァが現役選手としての最後のクラブになっています。

ただ、本田選手の口から”現役引退”の言葉は出されていません。

日本代表

Embed from Getty Images

本田選手は20歳の時に日本代表に初招集されています。

A代表98試合に出場。

W杯には3大会出場し、世代別代表としてオリンピックにも出場しています。

  • 2008年北京五輪:GL敗退
  • 2010年南アフリカW杯:ベスト16
  • 2014年ブラジルW杯:GL敗退
  • 2018年ロシアW杯:ベスト16

特に、2014年ブラジルW杯前には”俺たちのサッカー”であるパスサッカーの中心人物に。

ベルギーオランダなどの強豪国と互角以上に渡り合い、日本国民からの期待も最高潮に。

ただ、本大会が近づくにつれてパフォーマンスが低下。

「バセドウ病を患っていたのでは?」と噂されますが、真偽は定かではありません。

それでも勝負強さを発揮し、本大会では1得点1アシストを記録。

W杯では3大会連続でゴール&アシストを記録。
まぎれもなく、世界に誇る実績の持ち主です。

まとめ

  • W杯3大会連続ゴール&アシスト
  • ACミランの10番
  • 9カ国でプレー

こんなにも輝かしく、濃いサッカー人生を送る選手は、今後出てくるかわからないほど。

常に注目を浴び、その注目を上回るほどのアンサーを返し続けてきました。

自らを追い込むために大口を叩き、それを実現させてしまう実力

本田圭佑さんが、長年に渡って”日本のエース”として、サッカー人気爆発の火付け役になったことは間違いありません。

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次