当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】ジャンボのビッグセーブ!守田達弥のプレースタイルと経歴

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

「JB(ジャンボ)」

191cmの長身で、長い手足を使ってシュートを防ぐGK(ゴールキーパー)

守田選手は、”ジャンボ”と呼ばれる特徴を最大限に活かし、チームを救うビッグセーブを連発します。

試合に出ていないくても存在感は抜群。

ベンチから大きな声で味方を鼓舞し、チームを盛り立てます。

今回は、守田達弥のプレースタイルと経歴をご紹介します。

目次

守田達弥について

  • 名前:守田達弥(もりた たつや)
  • 生年月日:1990年8月3日
  • 出身地:千葉県千葉市
  • 所属クラブ:柏レイソル
  • 背番号:31番
  • ポジション:GK
  • 身長:191cm
  • 体重:87kg

あだ名は”ジャンボ”

「JB(ジャンボ)」というニックネームの守田選手。

JBと呼び始めたのは、元日本代表の鈴木武蔵選手でした。

アルビレックス新潟時代に、「JBK(ジャンボ君)と呼び始め、それが定着したようです。

元・選手会理事

守田選手、2015年のアルビレックス新潟時代から日本サッカー選手会理事を務めていました、

2022年に任期満了となるまでの7年間に渡り、日本サッカー発展のために力を注ぎました。

現在は柏レイソルでは、戸嶋祥郎選手日本サッカー選手会副会長を務めています。
【戸嶋祥郎について詳しく】

障害を持つ子どものお父さん

守田選手は4兄弟のお父さん。

長男が障害を持っており、”障害がある子どもの生活”についての情報も発信。

松本山雅FC所属時には、スタジアムに「JUMBOシート」を設置。

障害のある子どもたちを試合に招待するなど、”障害のある方への理解”が深まるための行動をしています。

インスタには、守田選手の奥様が投稿することも。

新潟時代の横揺れチャント

新潟時代の守田選手のチャント(応援歌)はJリーグ屈指の人気を誇っています。

新潟サポーターが肩を組み、足並み揃えて右に左に横揺れ。

あまりにも凄まじい迫力に、相手サポーターからは拍手が起きることもありました。

守田達弥の着用スパイク

メーカー:ナイキ

守田選手は、ナイキの”ティエンポ”を着用しています。

ティエンポシリーズは、革の柔らかさとクッション性が特徴のスパイク。

ナイキの中で唯一の天然皮革のシリーズで、幅も広めなスパイクです。

※子供向け、フットサル用のシューズもあります。

守田達弥のプレースタイル

Embed from Getty Images

「安定感のある堅実なプレー」

チームの最後尾に位置するGKには、安定感が必要不可欠です。

ミスが少なく、堅実なプレーを続けることで、チームメイトは安心して攻めに転じることができます。

  • 安定感のあるプレー
  • クロスへの対応
  • 長い手足を活かしたセービング

長身という特徴を最大限に活かしている守田選手。

相手のクロスへの対応は抜群で、際どいボールも確実に処理します。

また、長い手足を活かしたセービングにも定評があり、ゴールすれすれのシュートもストップします。

守田達弥の経歴

  • イーグルス(千葉市立北貝塚小学校)
  • FCリベレオ(千葉市立貝塚中学校)
  • 習志野高校サッカー部
  • 京都サンガF.C.
  • カターレ富山
  • アルビレックス新潟
  • 松本山雅FC
  • サガン鳥栖
  • 柏レイソル

小・中学生時代

小学生時代:イーグルス
中学生時代:リベレオFC

守田選手は、千葉市にある街クラブのGKとしてプレーしています。

元日本代表の明神智和さんなどを輩出した柏イーグルスとは別のチームです。

高校生時代

高校生時代は、習志野高校サッカー部でプレーしています。

1年時には始発で登校し、帰るのは23時というサッカー漬けの生活

高校3年時は、冬の選手権千葉県予選でベスト4に進出。

中村充孝選手(現・いわてグルージャ盛岡)馬渡和彰選手(現・浦和レッズ)のいる市立船橋高校に敗れ、全国大会出場を逃しています。

中村充孝選手は、守田選手と同じく高卒で京都サンガに入団します。

京都サンガF.C.

2009年に京都サンガF.C.に加入します。

2010年にはJ1リーグ13試合出場。

定位置確保には至りませんが、U-22日本代表に選出されるなど、将来性を高く期待されます。

京都サンガ時代のチームメイト
・柳沢敦
・染谷悠太
・増嶋竜也
・久保裕也 など

カターレ富山

Embed from Getty Images

2012年6月にカターレ富山に加入します。

GKの負傷離脱により、緊急補強でチームに加わった守田選手。

1年半の在籍でJ2リーグ61試合に出場し、チームのJ2残留に貢献。

サッカー関係者からの評価を大きく高め、J1へのステップアップを果たします。

アルビレックス新潟

Embed from Getty Images

2014年にアルビレックス新潟に移籍します。

ガンバ大阪に移籍した東口順昭選手の穴を埋めるべくチームに加入。

「さぁゆけ守護神守田!俺たちのゴールを守れ!」

試合前、新潟サポーターが横揺れをしながら歌うように、3年間にわたって新潟の守護神を務めました。

アルビレックス新潟時代のチームメイト
・レオシルバ
・田中達也
・小泉慶
川口尚紀
・鈴木武蔵 など

※青文字を押すと選手の詳細を確認できます。

松本山雅FC

Embed from Getty Images

2018年1月に松本山雅FCに移籍します。

  • J2優勝&J1昇格
  • J2リーグ7月度月間MVP

松本山雅の躍進を最後尾から支え、チームの2度目のJ1昇格に貢献しました。

翌年はJ1で31試合に出場。

1年での降格となりますが、安定したプレーはJ1でも健在でした。

松本時代は前田大然選手と一緒にいることが多く、インスタへの登場率も高めでした。

【前田大然について詳しく】

蹴り道ブログ
【10分でわかる】50mは5.8秒!前田大然ってどんな選手?プレースタイルと経歴 | 蹴り道ブログ 「日本のスプリントキング」「とにかく速い」。しかも、90分間ず〜っと速い。桁外れの速さで、「陸上の選手にもなれるのでは?」と思うほど。強面なルックスでも知られ、ブ...

サガン鳥栖

2020年にサガン鳥栖に移籍します。

  • 守田達弥
  • 高丘陽平
  • 朴一圭(パク・イルギュ)

Jリーグでも類を見ないほどの熾烈なGK争い。

第2GKとしてベンチに入ることすら大変な状況で、J1リーグ8試合出場。

2021年以降はリーグ戦での出場がなく、非常に悔しい時期になりました。

柏レイソル

2022年7月に柏レイソルに移籍します。

韓国代表GKキム・スンギュの海外移籍に伴い、緊急で加入。

柏GK陣の最年長として、若手を引っ張っています。

まとめ

「守田はナイスガイ」

このコメントを残したのは、柏レイソルの大谷秀和コーチです。

試合に出場できなくてもベンチから大きな声で味方を鼓舞し、チームを盛り上げる。

この行動を見せたのは、移籍直後の試合から。

サポーターからの人気が高いのは、「チームのために戦う姿」を見ていたサポーターが大勢いるからかもしれません。

当然、守護神の座も譲る気はありません。

2023年は、佐々木雅人選手との”笑顔の似合う守護神争い”に期待です。

守田選手と同じく、サガン鳥栖を古巣とする柏レイソルの選手たち

三丸拡
仙頭啓矢
小屋松知哉
ジエゴ

※青文字を押すと、その選手の詳細を確認できます。

Follow me!

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって27年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次