当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】浅野拓磨ってどんな選手?プレースタイルと経歴について

サッカー日本代表の試合の写真

「ドイツ戦の逆転弾」

カタールW杯・ドイツ戦。

日本代表を歴史的勝利に導いたのは、浅野拓磨の一撃でした。

  • 完璧なトラップ
  • 相手DFをブロックしながらのドリブル
  • 角度のない所からのシュート

世界最高峰の相手に見せたスーパーゴールは、世界中を驚かせました。

W杯開幕の2ヶ月半前に右膝靱帯断裂の大怪我を負った浅野選手。

W杯出場は難しいと思われていました。

それでも、4年前に叶わなかった”W杯出場”という夢のため、手術ではなく保存療法を選択。

負傷を抱えながらの日本代表入りに、「なぜ浅野がメンバー入りしたのか」と批判が殺到。

そんな批判は、ドイツ戦の一撃で過去のものに。

猛烈な批判は、大絶賛へと変わりました。

今回は、浅野拓磨選手のプレースタイルとこれまでの経歴についてご紹介します。

カタールW杯日本代表選手についてまとめています。
【カタールW杯日本代表メンバー】

目次

浅野拓磨について

  • 名前:浅野拓磨(あさの たくま)
  • 生年月日:1994年11月10日
  • 出身地:三重県菰野町(こものちょう)
  • 所属クラブ:VfLボーフム(ドイツ)
  • ポジション:FW
  • 利き足:右足
  • 背番号:11番
  • 身長:173cm
  • 体重:71kg

弟もサッカー選手

浅野選手は7人兄弟の三男。

三男・拓磨選手だけだなく、四男・雄也選手もサッカー選手です。

浅野雄也選手は現在・北海道コンサドーレ札幌でプレーしています。

※六男の浅野快斗選手は、ジーグブルグ(ドイツ5部)でプレーしています。

兄・拓磨:スピードを武器に点を決める
弟・雄也:スピードを武器にチャンスを作る
武器は同じでも、プレースタイルは異なります。

浅野拓磨はパン屋さんのオーナー

浅野選手は高級食パン専門店「朝のらしさ」(三重県四日市市)のオーナーを務めています。

2020年にオープンし、現在開店から3年目。

浅野選手の兄が店長を務めるお店は大盛況。

Googleの口コミでは星4.2の好評価を受けています。

得点後のジャガーポーズ

とにかく走るのが速い浅野選手。

そのスピードは”まるでジャガーのように速く”、周囲からはジャガーと呼ばれるように。

本人も気に入っており、ゴールを決めた後には”ジャガーポーズ”を披露します。

浅野拓磨の着用スパイク

メーカー:アディダス

浅野選手は、アディダスと契約しています。

着用スパイクは、X(エックス)シリーズ。

スピードプレーヤー向けに作られており、フィット感に優れた人工皮革のスパイクです。

※子供向けや、フットサル用のシューズもあります。

浅野拓磨のプレースタイル

ドイツ戦でのゴールは”劇的”なことはもちろん、シュートの難易度の高さでも注目を集めました。

一瞬「入ったのか?」とポカンとしてしまったのは、私だけではないはず。

実はあのゴールには、浅野選手の3つの強みが凝縮されています。

  • 爆発的なスピード
  • トップスピード時のプレーの精度の高さ
  • 勝負強さ

爆発的なスピード

現在の日本代表は瞬足揃いですが、その中でもNo.1を争うほどのスピードの持ち主です。

50mを5秒台で駆け抜ける上に、競り合い時のパワーも一級品。

相手DFは、浅野選手もファールで止めざるをえません。

※浅野選手の書籍にて、速く走るコツが記されています。

トップスピード時のプレーの精度

技術が高い選手でも、全力疾走をしている時にはミスが起きやすいです。

  • 全力疾走でのドリブル→ドリブルが大きくなって相手にとられてしまう
  • 全力疾走しながらのパス→パスの強弱や正確性を欠いてしまう

こういったことは、プロ選手であっても当たり前に起きます。

浅野選手のゴールを思い出すと、全力疾走しながら決めているゴールが非常に多いです。

まさにドイツ戦のゴールはその典型例です。

勝負強さ

浅野選手には、重要な局面で結果を残す”勝負強さ”があります。

  • 2016年U-23アジア選手権決勝 vs韓国
  • 2018年ロシアW杯アジア最終予選 vsオーストラリア
  • 2022年カタールW杯 vsドイツ

2016年U-23アジア選手権決勝 vs韓国

Embed from Getty Images

2016年U-23アジア選手権の決勝戦。

共にリオ五輪への出場を決めている韓国との決勝戦に、浅野選手は途中出場。

リードを許す展開でしたが、浅野選手が2ゴールを決め、U-23日本代表はアジア王者に輝いています。

2018年ロシアW杯アジア最終予選 vsオーストラリア

Embed from Getty Images

2018年ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦。

”勝てばW杯出場が決まる重要な一戦”で、浅野選手は先制ゴールを奪います。

浅野選手のゴールで日本代表は勢いに乗り、オーストラリアを撃破。

日本は6大会連続のW杯出場を決めました。

しかし、浅野選手を高く評価していたハリルホジッチ監督がW杯前に電撃解任。

その結果、浅野選手もまさかのメンバー外になり、W杯出場は叶わず。

2022年カタールW杯 vsドイツ

Embed from Getty Images

世界中のサッカーファンを驚愕させた日本代表のドイツ撃破

逆転ゴールを決めたのは、抜群の勝負強さを誇る浅野選手です。

浅野選手のプレー精度の高さが際立ったのはもちろんですが、相手は世界No.1GKのノイアー

ノイアー選手はニアサイドをほとんど抜かれない選手です。

そんな名手からニアサイドを打ち抜いた一撃は、日本サッカーの歴史を大きく変えました

浅野拓磨の経歴

  • ペルナSC(三重県菰野町立竹永小学校)
  • 菰野町立八風中学校サッカー部
  • 四日市中央工業高校サッカー部
  • サンフレッチェ広島
  • アーセナル(イングランド)
    [レンタル]シュトゥットガルト(ドイツ)
    [レンタル]ハノーファー96(ドイツ)
  • パルチザン(セルビア)
  • VfLボーフム(ドイツ)

小学生時代

小学生時代は、ペルナSCでプレーしています。

小学5・6年生の頃には三重県3位の成績に。

浅野選手は東海地方の選抜チームに招集されるようになります。

6男1女の大家族で、浅野選手の兄弟もペルナSCでプレーしていました。

中学時代

中学時代は、八風中学校サッカー部でプレーしています。

大きな成績を収めたわけではありませんが、浅野選手自身は抜きん出た実力を披露。

その実力は名門・四日市中央工業高校の監督の目にとまり、熱烈なオファーを受けます。(引用:NumberWebより)

経済面を考慮して地元の高校に通おうと考えていましたが、周囲からの説得を受けて名門への挑戦を決意します。

高校時代

Embed from Getty Images

高校時代は、四日市中央工業高校サッカー部でプレーしています。

「自分が得点を決めること」の重要性を指摘され、得点能力が開花。

1年生の頃からAチームでプレーし、冬の選手権には3年連続で出場

高校2年時には全試合得点をあげて選手権得点王に輝き、超高校級ストライカーとして一躍有名な存在になります。

サンフレッチェ広島

Embed from Getty Images

2013年にサンフレッチェ広島に入団します。

森保一監督(現・日本代表監督)のもと、めきめきと成長。

プロ1年目は1試合の出場(Jリーグ)に留まりますが、2015年にはJリーグ制覇に貢献

個人でもベストヤングプレーヤー(新人賞)に選出。

サンフレッチェ広島の10番を背負い、日本代表としてもプレーするようになります。

広島時代の成績
・2013:1試合0ゴール
・2014:11試合0ゴール
・2015:32試合8ゴール
・2016:14試合4ゴール(途中退団)

森保監督との信頼関係は、広島時代から現在に至るまで続いています。

シュトゥットガルト(ドイツ)

Embed from Getty Images

2016年夏にアーセナル(イングランド)へ完全移籍。

ただ、労働ビザの問題もあり、シュトゥットガルト(ドイツ)で2年間プレーします。

移籍時はドイツ2部に所属していましたが、チームは1部に昇格。

浅野選手も26試合に出場し、昇格に貢献します。

翌年はドイツ1部でプレーするも、怪我に悩まされる日々が続きました。

シュツットガルト時代の成績
・2016-17:26試合4ゴール(ドイツ2部)
・2017-18:15試合1ゴール(ドイツ1部)

シュトゥットガルトでプレーした日本人
遠藤航(現・シュトゥットガルト)
伊藤洋輝(現・シュトゥットガルト)
原口元気(現・シュトゥットガルト)
・岡崎慎司(現・シント=トロイデン)
・細貝萌(現・ザスパクサツ群馬)
・酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)

ハノーファー96(ドイツ)

Embed from Getty Images

2018年にハノーファー96にレンタル移籍します。

移籍当初は出場機会を得るものの、問題が生じます。

契約を巡って、”所属元のアーセナル””レンタル先のハノーファー”の間で板挟みに。

契約に「一定時間以上出場すると、浅野選手を買い取る義務が生じる」という内容が。

緊縮財政を目論むハノーファーは浅野選手を起用せず。

結果、チームも2部に降格し、苦しい1年となりました。

ハノーファー時代の成績
・2018-19:13試合0ゴール

ハノーファーでプレーした日本人
・室屋成(現・ハノーファー)
酒井宏樹(現・浦和レッズ)
・清武弘嗣(現・セレッソ大阪)
・山口蛍(現・ヴィッセル神戸)
原口元気(現・ウニオン・ベルリン)

パルチザン(セルビア)

Embed from Getty Images

2019年にパルチザンに完全移籍します。

移籍1年目から出場機会を得て、2年目となる2020年には18ゴールを挙げ、得点王争い

”普段は報道されないセルビアリーグの情報”が日本メディアでも報道されるようになります。

ただ、ここで新たなトラブルが浅野選手を襲います。

チームからの給与が支払われず、浅野選手は退団を申し出。

チームは得点源を失い、浅野選手も一時は”無所属選手”として日本代表でプレーしていました。

パルチザン時代の成績
・2019-20:23試合4ゴール
・2020-21:33試合18ゴール

VfLボーフム(ドイツ)

Embed from Getty Images

2021年にボーフムに移籍します。

2部から昇格したチームに加入し、浅野選手は背番号10番を背負い、27試合に出場。※現在は11番。

浅野選手の加入もあってか、ユニフォームスポンサーが2022年にナイキ→ミズノに変更されています。

ボーフムでの成績
・2021-22:27試合3ゴール
・2022-23:25試合3ゴール

ボーフムでプレーした日本人
・小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)
・乾貴士(現・清水エスパルス)
・田坂祐介(元・川崎フロンターレ、ジェフ千葉)

浅野拓磨の試合を観戦する方法

Embed from Getty Images

浅野選手がプレーするブンデスリーガは、以下のチャンネルで観戦できます。

・スカパー
・SPOOX
・ABEMA(一部試合)

まとめ

ドイツ戦のゴールで日本サッカーの歴史を変えた浅野選手。

辛口コメントでお馴染みの元日本代表の闘莉王さんも、W杯前に浅野選手を「ヘボ」呼ばわりしたことを謝罪。

たった一試合で、『批判→大絶賛』へと変えました。

※YouTubeを配信している元サッカー選手をまとめています。
【YouTube配信中の元Jリーガーたち】

20歳という若さで日本代表デビューを果たした浅野選手は、2023年で日本代表9年目

今後も日本を代表するストライカーとしてゴールを量産するはずです。

あわせて読みたい
【サッカー日本代表】第二次森保JAPAN vsエルサルバドル vsペルー 「キリンチャレンジカップ2023」 2023年6月に、「キリンチャレンジカップ2023」が行われます。 第二次森保JAPANになってから、”2回目”の代表活動。 前回の2023年3月は南...

Follow me!

サッカー日本代表の試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって26年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次