当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】伊藤洋輝ってどんな選手?プレースタイルと経歴について

サッカー日本代表の試合の写真

「J2からドイツへ」

”日本代表”は、サッカー選手にとっての憧れの場所。

日本のトップリーグである”J1”圧倒的な結果を残すことで、日本代表入りが近づきます。

そんな中、現在の森保JAPANには、J1での出場数がわずか3試合という選手がいます。

その選手の名前は”伊藤洋輝”

Jリーグで60試合に出場していますが、その大半はJ2での試合

J2からドイツに渡り、日本代表入りを果たすという驚きのステップアップを果たしました。

今回は、伊藤洋輝のプレースタイルと経歴についてご紹介します。

もっとサッカーが楽しくなるをテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【10分でわかる】メッシが電撃加入!インテル・マイアミってどんなチーム? 「メッシが電撃加入」 バロンドール獲得回数は7回。(参照:ゲキサカ) リーグ制覇 CL(チャンピオンズリーグ)制覇 W杯制覇 個人・チームでも全てを勝ち得た選手。 そ...
あわせて読みたい
【サッカー日本代表】最多出場は4回!日本人選手のW杯出場回数ランキング 「W杯出場歴のある選手は109人」 日本代表がW杯に初めて出場したのは1998年。 初出場から7大会連続でアジア予選を勝ち抜き、現在は通算7回の出場。(2002年は開催国枠の...
目次

伊藤洋輝ってどんな選手?

  • 名前:伊藤洋輝(いとう ひろき)
  • 生年月日:1999年5月12日
  • 出身地:静岡県浜松市
  • 所属クラブ:シュツットガルト(ドイツ)
  • ポジション:DF/MF
  • 利き足:左足
  • 背番号:21番
  • 身長 :188cm
  • 体重:81kg

J2からドイツへ

Embed from Getty Images

※写真、左側が伊藤選手。

2021年夏、伊藤選手は”ジュビロ磐田(当時J2)からシュツットガルト(ドイツ)に加入。

ヨーロッパ中堅国を経由しての5大リーグへの挑戦が多いなか、伊藤選手は直接ドイツのチームへと移籍しています。

現在ブンデスリーガでプレーしている伊藤選手ですが、実はラッキーな出来事がキッカケです。

「しばらくはドイツ4部でプレーし、成長したらトップチームでプレー」

そんな条件を交わしての入団でしたが、トップチームのDFに怪我人が。

”怪我人の代役”として練習参加した伊藤選手

その際の活躍が監督の目に留まり、加入後すぐにトップチーム入り

幸運と、チャンスをものにする伊藤選手の勝負強さが光りました。

シュツットガルトのセカンドチームには、チェイス・アンリ選手が所属しています。

【チェイス・アンリについて】

あわせて読みたい
【10分でわかる】チェイス・アンリってどんな選手?プレースタイルと経歴 「とんでもない化け物」 これは、もちろん褒め言葉です。 元日本代表の内田篤人さんが「化け物」と評するほどのポテンシャルを持った選手で、高校卒業のタイミングでド...

日本代表歴

Embed from Getty Images

伊藤選手は、2022年カタールW杯に出場。

第2次森保JAPANにも招集され、2026年のW杯出場を狙います。

伊藤選手は、16歳の頃から世代別日本代表としてプレー。

惜しくも五輪への出場は叶いませんでしたが、東京五輪世代の有望株として注目される存在でした。

主な出場歴
・2019年U-20W杯
・2022年カタールW杯

伊藤の右目の眉毛が白い?

Embed from Getty Images

「目の上に絆創膏貼ってるのかな?」

試合を観ていて、気になったことはありませんか?

伊藤選手は”異常性白斑”の影響で、右目の上が白くなっています。

痛みや痒みはないものの、皮膚の色が抜けてしまうのが特徴で、人口の1%程の人に見られるようです。(参照:医療法人たまき皮フ科

マイケル・ジャクソン”異常性白斑”に悩まされていました。

伊藤洋輝の着用スパイク

Embed from Getty Images

メーカー:アディダス

伊藤選手は、アディダスの”コパ”を着用しています。

コパシリーズは、革が柔らかく、ボールタッチしやすい天然皮革のスパイクです。

※子供向け、フットサル用も展開しています。

伊藤選手は、2023年2月時点まではナイキのシューズを着用していました。

伊藤洋輝のプレースタイル

Embed from Getty Images

ドイツでチャンスを掴み、現在は主力として活躍する伊藤選手。

そんな伊藤選手の強みは、以下の3つです。

  • 左足のキック精度
  • 地上戦でも空中戦でも強い
  • 複数ポジションをこなすユーティリティ性

左足のキック精度

伊藤選手は、アマチュア時代から左足のキック精度の高さを評価されてきました。

前線へのロングフィードが魅力で、1本のキックでチャンスを作り出すことができます。

ジュビロ磐田時代には、キックの名手・中村俊輔さんからキックの指導を受けています。

地上戦でも空中戦でも強い

188cmという高身長。

セットプレーでは攻守に渡って頼れる存在で、ドイツでは「空中戦マスター」と言われることも。

さらに、ドイツは1vs1の勝率を重視する国です。

ドイツでプレーする伊藤選手は地上での球際の強さも増しています。

複数ポジションをこなすユーティリティ性

伊藤選手は元々ボランチとしてプレーしています。

プロ入り後、CB(センターバック)SB(サイドバック)も任されるようになり、プレーの幅が広がりました。

守備的なポジションであればどこでもプレーできることで、緊急時にもチームを救うことができます。

伊藤洋輝のこれまでの経歴

  • 浜松蒲サッカースポーツ少年団(浜松市立蒲小学校)
  • ジュビロ磐田U-15(浜松市立丸塚中学校)
  • ジュビロ磐田U-18(磐田東高校→第一学院高校)
  • ジュビロ磐田
  • 名古屋グランパス(レンタル)
  • ジュビロ磐田
  • シュツットガルト(ドイツ)

小学生時代

小学生時代は、浜松蒲サッカースポーツ少年団でプレーしています。

幼い頃からサッカーの技術が秀でており、小学4年生の頃にはブラジルの名門・サントスの下部組織にも合格。

また、サッカーと並行してフットサルもプレーしていました。

日本で有名なサントス出身の選手
・ネイマール
・三浦和良
・前園真聖
・ネルシーニョ(元・柏レイソル監督)

中学生時代

中学生時代は、ジュビロ磐田U-15でプレーしています。

中学時代は背番号を10番を背負い、チームを全国ベスト16に導きました。

身長はすでに180cmを超えており、大型ボランチとして有名な存在でした。

高校生時代

高校生時代は、ジュビロ磐田U-18でプレーしています。

世代別日本代表に選出されるようになり、全国的にも有名な選手に。

高校3年時には二種登録としてトップチームに帯同し、そのタイミングで通信制の高校に進学しています。

ジュビロ磐田

2018年にジュビロ磐田に昇格します。

世代別日本代表には継続して召集されるものの、クラブでは”プロの壁”に直面。

1年目はカップ戦中心の出場で、J1リーグの出場は1試合に。

翌年は、名古屋グランパスへのレンタル移籍を決断します。

名古屋グランパス

Embed from Getty Images

2019年に名古屋グランパスに移籍します。

プロ2年目となるシーズンも出場機会はなかなか得られず、カップ戦要員としての立ち位置となります。

名古屋時代の成績
・2019:2試合0ゴール

名古屋時代のチームメイト
・ランゲラック
和泉竜司
・G シャビエル
・ジョー
中谷進之介
藤井陽也
伊藤洋輝
相馬勇紀 など

ジュビロ磐田

Embed from Getty Images

2020年にジュビロ磐田に復帰。

試合数の多いJ2で主力として活躍し、1年半で57試合に出場。

この頃からDFとしてプレーする機会も増え、持ち前のロングフィードで攻撃の起点に。

その活躍ぶりと将来性を買われ、ドイツへの移籍につながります。

磐田時代の成績(復帰前後を含む)
・2018:1試合0ゴール(J1)
・2020:37試合2ゴール(J2)
・2021:20試合2ゴール(J2[途中退団])

磐田時代のチームメイト
・カミンスキー
・大井健太郎
大南拓磨
・中村俊輔
・山田大記
・大久保嘉人
小川航基
・今野泰幸
・遠藤保仁
鈴木海音
・ルキアン など

シュツットガルト

Embed from Getty Images

2021年の夏にシュツットガルトに移籍します。

当初はセカンドチームでプレーする予定が、チーム事情もありシーズン序盤からトップチームでプレー。

”J2からブンデスリーガ”という驚きのステップアップを披露しました。

リーグ最終戦では、遠藤航選手の劇的ゴールをアシスト。

チームの1部リーグ残留に貢献しました。

シュツットガルトでの成績
・2021-22:29試合1ゴール
・2022-23:30試合1ゴール

伊藤選手をスカウトしたのはミスリンタート

香川真司選手をドイツにスカウトした人です。

シュツットガルトで共にプレーした日本人選手
遠藤航
原口元気
チェイスアンリ(Bチーム)

あわせて読みたい
【2023-24年度版】ドイツ ブンデスリーガでプレーする日本人選手 「ドイツ・ブンデスリーガ」 ドイツのブンデスリーガは、世界4大リーグのひとつ。 ”1vs1”が重視され、「目の前の相手に勝つこと」を求められます。 世界的に見ても、体...

まとめ

「J2→ドイツ→日本代表」

J1を飛び越え、”四大リーグ”へと戦いの場を移しました。

極めて珍しいケース。

とはいえ、可能性は0ではない。

伊藤選手の活躍は、現在J2でプレーする選手たちにも希望を与えます。

あわせて読みたい
アジアカップ2023(2024年) 日本代表メンバー・日程・対戦相手 「アジアカップ2023」 2024年1月13日に”アジアカップ2023”が開幕します。 今回の日本代表は、”史上最強”との呼び声が高いチーム。 ”優勝”はもちろん、”圧倒的な強さ”も...
あわせて読みたい
【2023-24年 海外組】海外でプレーする日本人選手一覧 「ヨーロッパでプレーする日本人選手」 かつては、数えるほどしかいなかった海外組。 中田英寿 小野伸二 中村俊輔 など 「海外組=日本代表のエース格」という図式が成...

Follow me!

サッカー日本代表の試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって26年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次