当ブログでは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】直接海外へ 海外でプロになったサッカー選手たち

サッカー日本代表の試合の写真

「海外でプロになったサッカー選手たち」

プロサッカー選手になる正統派ルートは、”高卒・大卒でのJリーグ入り”

しかし、最近増えているのが、”卒業・即・海外”

  • 争奪戦の末に、海外を決断
  • 日本のクラブからは声がかからず、海外へ

大人気銘柄だった選手もいれば、見向きもされなかった選手も。

理由は様々ですが、”海外でプロスタート”という道が普及しつつあります。

今回は、海外でプロなったサッカー選手たちについてご紹介します。

「もっとサッカーが楽しくなる」をテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【10分でわかる】アジアカップ 日本代表の優勝回数・通算成績について 「アジアカップの優勝回数・通算成績」 アジアカップは1956年にスタートし、4年おきに開催される大会です。(例外もあり) 日本代表の初参加は1988年。 アジアカップ202...
あわせて読みたい
【10分でわかる】Jリーグ 全60クラブのキャンプ地を総まとめ  「2024年 Jリーグ60クラブのキャンプ地」 2024年2月23日に、Jリーグが開幕します。 スタートダッシュの鍵を握るのが、”キャンプ”。 戦術の強化 新戦力の適応 コンディシ...
目次

逆輸入Jリーガー

Embed from Getty Images

『逆輸入=海外でプロになった選手が日本のクラブに加入すること』

海外でプロになり、その後Jリーグに加入した選手も複数人います。

中には、日本代表を経験している選手も。

ここでは、”現在Jリーグでプレーしている逆輸入選手”をご紹介します。

選手名2024年の所属クラブ
宮市亮横浜F.マリノス
長澤和輝ベガルタ仙台
林彰洋ベガルタ仙台
伊藤翔横浜FC
渡邊凌磨浦和レッズ
木下康介柏レイソル
ファン ウェルメスケルケン際川崎フロンターレ

宮市亮

学生時代の成績
2009年U-17W杯出場
第88回・89回全国高校サッカー選手権出場

中京大中京高校卒業後、”アーセナル”に移籍。

のちに、19歳日本代表デビューを果たしています。

海外生活は約10シーズン。

  • イングランド:3クラブ
  • オランダ:2クラブ
  • ドイツ:1クラブ

ボルトン時代に、チェルシーDF陣スピードでブッチ切ったシーンは今見ても鳥肌もの。

度重なる怪我に泣いた選手ですが、何度でも復活。

現在は、横浜F.マリノスの一員です。

Embed from Getty Images

長澤和輝

学生時代の成績
第88回全国高校サッカー選手権出場
・関東大学サッカー1部リーグ3連覇

大学3年時に横浜F.マリノスの特別指定選手としてプロデビュー。

正式入団はせずに、大学卒業(2014年)と同時に海外へ。

3シーズンにわたってケルン(ドイツ)でプレー。

ドイツ1部リーグには10試合以上に出場しています。

2015年にジェフ千葉に移籍し、浦和時代には”日本代表”にも選出。

現在は、ベガルタ仙台(J2)でプレーしています。

Embed from Getty Images

林彰洋

学生時代の成績
・2007年U-20W杯出場
第84回全国高校サッカー選手権出場

大学2年時に日本代表の合宿に初参加したGK

卒業を待たずにプリマス(英2部)に入団し、ベルギーでもプレー。

2年間海外でプレーし、2012年にJリーグ入りを決断しています。

2019年にはJリーグ ベストイレブンに。

出場こそないものの、日本代表には複数回選出。

現在は、ベガルタ仙台(J2)でプレーしています。

伊藤翔

学生時代の成績
・U-18日本代表
第85回全国高校サッカー選手権出場

アーセナルの練習に参加した”和製アンリ”

高校卒業後に、グルノーブル(フランス2部)に入団。

この入団は、”Jリーグ発足以来、初の直・海外”になりました。

4シーズン過ごしたのち、現在はJリーグ15シーズン目

横浜FCでプレーしています。

渡邊凌磨

学生時代の成績
・2013年U-17W杯出場
第93回全国高校サッカー選手権出場

高校卒業後に早稲田大学に進学するも、中退してドイツへ。

ユースチームから昇格するも、ドイツ2部リーグでの出番はなし。

2018年にアルビレックス新潟(当時J2)に加入し、現在はJリーグ7シーズン目

YouTube配信もしているアタッカーです。

2024年からは、浦和レッズでプレーします。

【渡邊凌磨について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】YouTubeも配信中!渡邊凌磨のプレースタイルと経歴 「逆輸入選手」 高校時代から日の丸を背負い、U-17W杯に出場。 高校サッカー選手権でも注目を浴び、華々しい活躍をした学生時代。 そんな渡邊凌磨選手のプロキャリアス...
Embed from Getty Images

木下康介

学生時代の成績
・U-17日本代表
・クラブユース得点王(2年連続)

横浜FCユースからドイツに渡った190cmのFW

怪我の影響でフライブルグ(ドイツ1部)のトップ昇格はならなかったものの、4カ国でプレー。

  • ドイツ
  • スウェーデン
  • ベルギー
  • ノルウェー

2021年夏にJリーグヘ。

2024年からは、柏レイソルでプレーします。

【木下康介について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】木下康介ってどんな選手?プレースタイル・経歴について 「逆輸入の大型FW」 190cmの大型FWですが、いわゆる”ターゲット以外の仕事”もこなせる選手。 よく走り、前線からの守備にも積極的です。 プロキャリアのスタートはヨー...
Embed from Getty Images

ファン ウェルメスケルケン際

学生時代の成績
・ヴァンフォーレ甲府ユース出身

トップ昇格の話がある中、海外移籍を決断。

自身のルーツ・オランダに渡り、大学に通って語学を習得。

無所属期間もあったものの、オランダでのプレーは9シーズン。

2024年に川崎フロンターレに移籍しています。(Jリーグ初挑戦)

【ファン ウェルメスケルケン際について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】ファン・ウェルメスケルケン際のプレースタイル・経歴 「オランダ出身のSB(サイドバック)」 高校卒業後に、自身のルーツ・オランダへ。 練習生からスタートし、オランダ1部リーグの主力へとステップアップ。 異国の地で、1...
Embed from Getty Images

海外でプロになった13人の選手

選手名2023-24シーズンに所属するクラブ
中井卓大マハダオンダ
(スペイン3部)
福田師王ボルシアMG
(ドイツ)
チェイス アンリシュツットガルトⅡ
(ドイツ)
佐藤恵允ブレーメン
(ドイツ)
アペルカンプ真大デュッセルドルフ
(ドイツ2部)
内野貴史デュッセルドルフ
(ドイツ2部)
伊藤達哉マクデブルグ
(ドイツ2部)
水多海斗ビーレフェルト
(ドイツ3部)
長田澪 バックハウスFCフォレンダム
(オランダ)
池下由也デン・ボス
(オランダ2部)
小久保玲央ブライアンベンフィカB
(ポルトガル)
三浦和良(カズ)UDオリヴェイレンセ
(ポルトガル2部)
横田大祐KAAヘント
(ベルギー)
吉永夢希(2月に移籍)ゲンク
(ベルギー)
辛島侑烈FKジャルギリス
(リトアニア)

中井卓大

小学生時代から”レアル マドリード”でプレーするMF。

順調に昇格を続けてきましたが、トップ昇格直前で大きな壁に阻まれています。

2023-24シーズンは、マハダオンダ(スペイン3部)にレンタル移籍中です。

【中井卓大について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】中井卓大ってどんな選手?プレースタイルと経歴について 『レアル・マドリードで育った日本人』 9歳でカンテラ(下部組織)に入団。 狭き門を突破し、着実にステップアップしてきた中井卓大選手。 現地での評価も非常に高く、...

福田師王

学生時代の成績
第99回・100回・101回全国高校サッカー選手権出場
・総体・選手権得点王

神村学園高校を卒業後にドイツに渡ったFW。

ユースチームで活躍しつつ、U-22日本代表でもプレー。

2024年にボルシアMGのトップチームに昇格。

板倉滉選手と共に、ブンデスリーガで戦います。

【福田師王について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】福田師王ってどんな選手?プレースタイルと経歴について 「高卒で即ドイツへ」 ”師王(しおう)”という名前以上に、プレーでインパクトを残す福田選手。 超高校級と評されたプレーは海外からも注目を集め、”高卒 即 海外挑戦”...

チェイス アンリ

学生時代の成績
・U-21W杯出場
第100回全国高校サッカー選手権出場

尚志高校卒業後に、ドイツに渡ったDF。

父はアメリカの元軍人

驚くべきことに、サッカーを始めたのは中学生から。

身体能力が抜群で、2023年にはU-20W杯にも出場。

現在は、シュツットガルトのセカンドチームでプレーしています。

【チェイス アンリについて詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】チェイス・アンリってどんな選手?プレースタイルと経歴 「とんでもない化け物」 これは、もちろん褒め言葉です。 元日本代表の内田篤人さんが「化け物」と評するほどのポテンシャルを持った選手で、高校卒業のタイミングでド...

佐藤恵允

学生時代の成績
・U-22日本代表
・関東大学サッカー1部リーグ ベストイレブン

明治大学卒業前にドイツに渡ったFW。

大学生にして”パリ五輪世代の代表”でプレー。

2023年アジア大会では日本代表準優勝へと導き、日本中に名前を轟かせました。

現在は、ブレーメンのセカンドチームに所属。

2024年1月のバイエルンミュンヘン戦では、ブンデスリーガでメンバー入りを果たしています。

【佐藤恵允について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】佐藤恵允(ケイン)ってどんな選手?プレースタイルと経歴 「大学生→ドイツのサッカー選手に」 2024年パリ五輪での優勝を目指すU-22日本代表。 日本が属する”アジア”の出場枠は「3.5枠」。 現在は、アジアでの戦いを勝ち抜くため...

アペルカンプ真大

学生時代の成績
東京都U-12選抜
・三菱養和ジュニアユース出身

中学生の頃に、父の故郷ドイツへ。

デュッセルドルフの下部組織に入団し、現在はトップチームでプレー。

日本・ドイツ両国の世代別代表への招集歴もある選手。

国籍選択にも注目です。

内野貴史

Embed from Getty Images

学生時代の成績
・柏U-12、ジェフユース出身

ジェフ市原・千葉への昇格を逃し、ドイツに渡ったSB(サイドバック)

2024年でドイツ6シーズン目。

”パリ五輪世代の日本代表”にも招集されています。

現在はデュッセルドルフに所属しており、田中碧選手アペルカンプ選手とチームメイトです。

【内野貴史について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】内野貴史ってどんな選手?プレースタイルと経歴について 「トップチーム昇格を逃し、単身ドイツへ」 パリ五輪を目指すU-22日本代表に、ドイツ5部でプレーしていた異色の経歴を持つ選手がいます。 ”内野貴史選手”は、高校時代は...

水多海斗

学生時代の成績
・FC東京U-15むさし出身
第97回全国高校サッカー選手権出場

前橋育英高校卒業後、ドイツに渡ったMF。

アマチュア契約からスタートし、ドイツ国内トップチームまで上り詰めた選手。

現在はビーレフェルト(ドイツ3部)に所属。

2021-22シーズンまではブンデスリーガに所属しており、堂安律選手もプレーしていたクラブです。

長田澪 バックハウス

学生時代の成績
・川崎フロンターレU-12出身

13歳で父の故郷・ドイツに渡ったGK。

U-20ドイツ代表に選出されており、”国籍選択”にも注目が集まる選手です。

現在は、フォレンダム(オランダ1部)正GKを務めています。

【長田澪について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】長田澪バックハウスってどんな選手?プレースタイル・経歴 「日本代表?ドイツ代表?」 現在、19歳にしてオランダ1部でプレーしているGKをご存知ですか? 2023-24シーズンの開幕戦ではスタメン出場。 世代別代表では日本・ドイツ...

池下由也

オランダ出身のボランチ。

対人プレーに自信を持ち、直接FKも決めれる選手。

家族は日本に住んでいるようで、「いつか日本でプレーしたい」と語っています。(参照:エキサイト

小久保玲央ブライアン

学生時代の成績
U-18日本代表場
・柏レイソルU-18出身

柏U-18時代の活躍が認められ、高校卒業と同時にポルトガルに渡ったGK。

”パリ五輪世代の日本代表”にも選出されています。

ポルトガルの3強・ベンフィカのセカンドチームに所属。

最近は、トップチームでベンチ入りすることも。

【小久保玲央ブライアンについて詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】小久保玲央ブライアンってどんな選手?プレースタイル・経歴 「ベンフィカのGK」 ”ベンフィカ”といえば、知る人ぞ知る強豪クラブ。 ポルトガル3強の一角で、数々の有名選手を輩出してきました。 そんな強豪に才能を高く評価され、...

三浦和良(カズ)

Embed from Getty Images

誰もが知る”KING・カズ”

静岡学園高校1年時ブラジルに渡り、プロサッカー選手に。

Jリーグ初代MVPであり、日本代表でもエースを務めたスター選手。

56歳となる現在も現役です。

Embed from Getty Images

横田大祐

学生時代の成績
・川崎フロンターレユース出身

川崎フロンターレU-18を途中で退団したMF。

ドイツに渡るもプロは遠く、ラトビアでプロデビュー。

ポーランド時代ポドルスキ選手奥抜侃志選手とチームメイトに。

2024年に、KAAヘント(ベルギー)へとステップアップ移籍

日本でプロになれなかった選手が、欧州マイナーリーグ経由で、大きな夢を実現しようとしています。

【横田大祐について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】横田大祐ってどんな選手?プレースタイル・経歴について 「プロデビューはラトビア」 高校卒業を待たずにヨーロッパへ。 ラトビアでプロ契約を果たすも、日本で報道されることはほとんどない”無名の海外組”。 2024年1月に、取...

吉永夢希

学生時代の成績
・2023年U-17W杯出場
第101、102回全国高校サッカー選手権出場

神村学園高校を卒業後に、ベルギーへと渡るSB(サイドバック)

2023年にはU-17W杯にも出場。

福田師王選手に続き、2年連続で”神村学園からの海外移籍”になります。

【吉永夢希について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】吉永夢希ってどんな選手?プレースタイル・経歴について 「ゲンクに内定した高校生」 2023年10月末に飛び込んできたこのニュース。 「吉永夢希がゲンクに内定」。 ゲンクといえば、かつて2人の日本代表選手がプレーしたベルギ...

辛島侑烈

学生時代の成績
ベガルタ仙台Jr.ユース出身
・桐蔭高校出身

桐蔭高校卒業後に、びわこ成蹊大学に進学。

高校時代はレギュラーだったものの、大学では1.5軍

プロからのオファーはなく、就活をしている中で海外挑戦を決意。(参照:note[辛島侑烈]

ドイツ5部リーグからスタートし、現在はFKジャルギリス(リトアニア1部)でプレーしています。

まとめ

「海外でのプレー」というと、”日本で結果を残した選手”というイメージを持ちます。

たしかに我々の耳に届くのは、日本での知名度がある選手の移籍ばかり。

しかし、”ひっそりと移籍”している選手も大勢います。

2024年の横田大祐選手の移籍は、まさにその典型例。

Jリーグ経験のない選手が、渡辺剛選手シュミットダニエル選手の同僚になりました。

「日本でダメなら、海外挑戦」

海外でプロキャリアをスタートする選手は、確実に増えています。

ちなみに、今回ご紹介した横田選手水多選手辛島選手なかむらしゅんすけが運営するエージェントと契約しています。

【”なかしゅん”について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】サッカー系YouTuber 中村駿介(なかしゅん)ってどんな人? 「サッカー系YouTuberの最高峰」 サッカー系YouTuberの中でも、一際目立つ実力。 あまりにもサッカーが上手いので、経歴を調べてみると・・・ 浦和レッズユースの10番 ...
あわせて読みたい
【2023-24年 海外組】海外でプレーする日本人選手一覧 「ヨーロッパでプレーする日本人選手」 かつては、数えるほどしかいなかった海外組。 中田英寿 小野伸二 中村俊輔 など 「海外組=日本代表のエース格」という図式が成...
あわせて読みたい
【Jリーグのユニフォーム】2024年J1・J2・J3 全60クラブのユニフォーム 「2024年Jリーグ 60クラブのユニフォーム」 2024年のJ1リーグは、チーム数が20クラブに増加。 今シーズンは、J1・J2・J3すべてのカテゴリーが、20クラブになります。 各...

Follow me!

サッカー日本代表の試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって27年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次