当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】中井卓大ってどんな選手?プレースタイルと経歴について

サッカー日本代表の試合の写真

『レアル・マドリードで育った日本人』

9歳でカンテラ(下部組織)に入団。

狭き門を突破し、着実にステップアップしてきた中井卓大選手

現地での評価も非常に高く、「マドリーの宝」として紹介されることもありました。

「トップチーム昇格」or「他クラブへの移籍」。

日本とスペインで、大きな関心が寄せられています。

今回は、中井卓大選手のプレースタイルと経歴をご紹介します。

もっとサッカーが楽しくなるをテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【10分でわかる】サウジアラビアリーグ 大物選手の移籍・リーグの詳細 「ビッグネームが続々とサウジに」。 シーズンオフといえば、”選手の移籍”で大盛り上がり。 様々な情報が飛び交い、ひとたび契約書にサインをすれば”莫大なお金”が動き...
あわせて読みたい
【2023年夏の移籍】海外挑戦を決断した17人の日本人の選手について 2023年夏。 今年は、17人の日本人選手たちが”海外挑戦”を決断しました。 日本代表に入るため レベルの高い環境でプレーするため より大きな成長を求め、異国の地へとプ...
目次

中井卓大ってどんな選手?

  • 名前:中井卓大(なかい たくひろ)
  • 生年月日:2003年10月24日
  • 出身地:滋賀県大津市
  • 所属クラブ:CFラージョ・マハダオンダ(スペイン3部)
  • 背番号:16番
  • ポジション:MF
  • 身長:182cm
  • 体重:70kg
  • 利き足:右

9歳でスペインへ

中井選手は、9歳でスペインに渡りました。

  • 2012年 レアル・マドリードファンデーションキャンプ(日本開催)
  • 2013年 チャレンジキャンプinスペイン

2度のキャンプで好プレーをみせ、最終テストの後にレアルマドリードへの入団が決まりました。

レアル・マドリードのカンテラ入団は日本人初。

トップチーム昇格が実現すれば、当然日本人初の快挙です。

マルセロも驚くテクニック

カンテラの練習場に姿を表した元ブラジル代表のマルセロ選手(現・オリンピアコス所属)

当時11歳の中井選手は、トップチームのレギュラーSB(サイドバック)にドリブルを披露します。

足に吸い付くようなボールタッチに、「うそだろ!?」という反応を見せたマルセロ選手。

世界最高のSBを驚かせたテクニックは、今でも磨かれ続けています。

スペインの至宝”ラウール”が監督

Embed from Getty Images

現在、レアル・マドリード カスティージャ(Bチーム)に所属する中井選手。

カスティージャの監督として指揮をとるのは、元スペイン代表ラウール・ゴンザレス

Embed from Getty Images

レアル・マドリードスペイン代表の7番をつけて、数々のゴールをあげた名選手。

  • レアル・マドリード:550試合228ゴール
  • シャルケ:66試合28ゴール
  • スペイン代表:102試合44ゴール  など

そんな名選手に教わっていることに、昔からの日本人サッカーファンは大歓喜です。

中井卓大の愛称は”ピピ”

Embed from Getty Images

中井卓大選手の愛称は”ピピくん”

理由は、「ピーピー泣いてしまうから」。

幼い頃、すぐに泣いてしまうことから家族からピピくんと呼ばれ、いつしか定着。

ちなみに、お姉さんとは普段から一緒に出かけるほどの仲良しです。

中井卓大のプレースタイル

Embed from Getty Images

中井卓大選手のポジションはMF。

主に”ボランチ”など中央のポジションでのプレーを得意としています。

  • 卓越したテクニック
  • キープ力の高さ
  • サッカーIQの高さ

180cmを超える長身で、中盤でゲームのリズムを作り出します。

レアル・マドリードの天敵バルセロナの”ブスケツ選手”のようなプレースタイルで、中盤に安心感をもたらします。

課題とされているのはスピードプレー強度

この課題が克服された時には、間違いなくトップチーム入りできる逸材です。

レアルマドリード下部組織について

日本ではAZUL FOOTBALL CLUB(滋賀県)に所属し、9歳でカンテラ(下部組織)に入団した中井選手。

現在は”カスティージャ”にまで登り詰めました。

「カスティージャって何?

って思う方もいますよね。

レアルマドリードの下部組織は、おおまかに7つのカテゴリーに分かれています。

レアル・マドリードの下部組織の構成図
  • トップチーム
  • カスティージャ
  • フベニールA
  • フベニールB
  • フベニールC
  • カデーテA
  • カデーテB
  • インファンティルA
  • インファンティルB
  • アレビンA
  • アレビンB
  • ベンハミンA
  • ベンハミンB
  • プレベンハミン

”プロサッカー選手”という括りになるのは、トップチームカスティージャ2チーム

優秀な選手であれば飛び級があり、もちろん昇格できずに退団する選手も大勢います。

中井選手は現在カスティージャに所属しており、スペイン3部リーグでプレーしています。

レアルマドリードの下部組織出身選手

レアルマドリードのカンテラへの入団は非常に狭き門です。

その難関を突破し、プロ契約を結んでいるのは本当に素晴らしいことです。

ただ、日本のサッカーファンが期待しているのは、”トップチーム昇格”

そして、”トップチームのスタメン定着”です。

『トップチーム昇格=偉業』、『スタメン定着=伝説』

そんな扱いになることは間違いありません。

では、レアルマドリードのカンテラが輩出した選手にはどんな選手がいるのか。

カンテラが輩出した名選手を10人ご紹介します。

ラウール・ゴンザレス

Embed from Getty Images
  • 現・レアル・マドリード フベニール監督
  • 元スペイン代表
  • FW

グティ

Embed from Getty Images
  • アルメニア(スペイン2部 )監督(2019年)
  • 元スペイン代表
  • ポジション:MF

カシージャス

Embed from Getty Images
  • レアルマドリードのフロント入り
  • 元スペイン代表
  • ポジション:GK

エトー

Embed from Getty Images
  • カメルーンサッカー連盟会長
  • 元カメルーン代表
  • ポジション:FW

カルバハル

Embed from Getty Images
  • レアルマドリード所属
  • スペイン代表
  • ポジション:DF

マルコス・アロンソ

Embed from Getty Images
  • バルセロナ所属
  • スペイン代表
  • ポジション:DF/MF

フアン・マタ

Embed from Getty Images
  • ガラタサライ(トルコ)所属
  • 元スペイン代表
  • ポジション:MF

サラビア

Embed from Getty Images
  • パリサンジェルマン(フランス)所属
  • スペイン代表
  • ポジション:FW

モラタ

Embed from Getty Images
  • アトレティコ・マドリード所属
  • スペイン代表
  • ポジション:FW

ハキミ

Embed from Getty Images
  • パリサンジェルマン(フランス)所属
  • モロッコ代表
  • ポジション:DF

幼少期では他チームでプレーし、カスティージャ(Bチーム)からレアルマドリードに加入する選手もいます。
・ヴィニシウス
・ロドリゴ
・ウーデゴー(アーセナル)

まとめ

9歳でレアルマドリードに入団し、日本・スペインで注目され続けてきた中井選手

入団から約10年。

順調なステップアップを続けたものの、”レアルのトップチーム”への壁は非常に高いです。

レンタル移籍したとはいえ、「レアルへの復帰」は既定路線。

昇格が実現すれば、日本サッカーの歴史が大きく動きます。

そして、パリ五輪・W杯日本代表のキーマンとして躍動する未来も待っているでしょう。

あわせて読みたい
【10分でわかる】福井太智ってどんな選手?プレースタイルと経歴について 【福井大智について】 バイエルン・ミュンヘンへの加入が決まった福井大智選手。 ”ビッグクラブ”に挑戦する若武者はどんな選手なのか。プレースタイルや経歴についてご紹介します。
あわせて読みたい
【10分でわかる】福田師王ってどんな選手?プレースタイルと経歴について 「高卒で即ドイツへ」 ”師王(しおう)”という名前以上に、プレーでインパクトを残す福田選手。 超高校級と評されたプレーは海外からも注目を集め、”高卒 即 海外挑戦”...

Follow me!

サッカー日本代表の試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって27年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次