当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】大畑歩夢ってどんな選手?プレースタイル・経歴について

埼玉スタジアムでの浦和レッズの試合の写真

「パリ五輪を目指すSB(サイドバック)

初めて”世代別代表”に招集されたのは、2021年。

ユース年代では、代表とは無縁。

ここ数年で知名度を上げ、”パリ五輪世代のスタメン”にも名を連ねるようになった選手です。

今回は、大畑歩夢のプレースタイルと経歴をご紹介します。

もっとサッカーが楽しくなるをテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【2023-24年 海外組】海外でプレーする日本人選手一覧 「ヨーロッパでプレーする日本人選手」 かつては、数えるほどしかいなかった海外組。 中田英寿 小野伸二 中村俊輔 など 「海外組=日本代表のエース格」という図式が成...
あわせて読みたい
【10分でわかる】サッカーの背番号が持つ意味は?エピソードもご紹介 「サッカーの背番号の意味」 「お!この選手の背番号○番じゃん!!」 サッカーファンにとっては、シーズン開幕前の”背番号の発表”は一大イベント。 ”選手の移籍”と同じ...
目次

大畑歩夢ってどんな選手?

  • 名前:大畑歩夢(おおはた あゆむ)
  • 生年月日:2001年4月27日
  • 出身地:福岡県北九州市
  • 所属クラブ:浦和レッズ
  • ポジション:DF
  • 背番号:66番
  • 身長:168cm
  • 体重:63kg
  • 利き足:左

日本代表歴

  • A代表歴:なし
  • 世代別:U-22日本代表

世代別代表に初選出されたのはU-20。

プロになってから初めて代表に招集され、現在は”パリ五輪世代”でも存在感を放つ存在に。

親友は7歳年上の仙頭啓矢

大畑選手が仲の良い選手は、7歳年上の仙頭啓矢選手

2人は、2021年にサガン鳥栖で共にプレー。

大畑選手”親友発言”に対し、仙頭選手からは「親友はおかしいやろ😂」とのツッコミが。

大畑歩夢の着用スパイク

メーカー:YASUDA(ヤスダ)

大畑選手は、ヤスダのスパイクを愛用しています。

国産メーカーで、柔らかいカンガルー皮が特徴のスパイク。

着用している選手は決して多くはなく、とても渋いチョイスです。

大畑歩夢のプレースタイル

Embed from Getty Images

「左利きの左SB」

  • 球際の強さ
  • 機を見た攻撃参加
  • 90分間落ちないスタミナ

大畑選手は、対人守備が得意な選手。

鳥栖時代には、酒井宏樹選手(元・日本代表)の突破を阻み、大きな注目を集めました。

また、機を見た攻撃参加も魅力。

無闇な仕掛けはせず、流れを読んだうえで攻撃を仕掛けます。

攻守にハードワークし、90分持たせるスタミナ。

さらに左利きのSBで、希少性の高さが光ります。

大畑歩夢の経歴

  • 小倉南FCジュニア
  • 小倉南FCジュニアユース
  • サガン鳥栖U-18
  • サガン鳥栖
  • 浦和レッズ

小・中学生時代

小・中学生時代は小倉南FCでプレーしています。

サッカーを始めたのは、小学生4年生の頃。

友達と一緒にサッカーを始め、6年生には全国大会にも出場。

中学生時代にも全国大会に出場し、”10番・ボランチ”としてプレーしています。

小倉南FC出身の選手
・福田湧也
・福田翔生(同級生)
・植中朝日(同級生[小学生時代のみ])

サガン鳥栖U-18

高校生時代は、サガン鳥栖U-18でプレーしています。

サガン鳥栖ユースとの試合を見た上で、練習参加のオファーをもらい、その後正式に入団。

高校1年時には、左SBにコンバート。(参照:GOAL

クラブユースでは準優勝に輝き、同期から3人と共にトップ昇格を勝ち取ります。

サガン鳥栖ユースの同期
松岡大起
・本田風智
・板橋洋青(現役引退)

サガン鳥栖

2020年にサガン鳥栖に昇格します。

1年目から出場機会を得て、2年目にはレギュラーに定着。

財政難に苦しむ中、チームを助けた若手選手の1人です。

ユースの後輩・中野伸哉選手とは、左SBのレギュラーの座を争った仲。

現在は、”U-22日本代表”でもレギュラー争い中です。

鳥栖での成績
・2020年:13試合0ゴール
・2021年:30試合0ゴール

浦和レッズ

Embed from Getty Images

2022年に浦和レッズに移籍します。

移籍1年目は負傷離脱もあったものの、先発したのは19試合。

ACL優勝も経験し、U-22日本代表にも定着。

2023年現在、浦和の左SBは、3選手が鎬を削る激戦区です。

まとめ

Jリーガーの大半は、物心ついた頃からボールを蹴っています。

大畑選手がサッカーを始めたのは、小学4年生の頃。

始めるタイミングとしては、かなり遅い部類に入ります。

それでも”プロ”にたどり着けたのは、努力に加え、”センス”を兼ね備えていたから。

YASUDA(ヤスダ)のスパイクを履いているところも、サッカー好きとしては「おっ!」と注目してしまうポイントです。

あわせて読みたい
【初心者必見】サッカー観戦が10倍楽しくなる!サッカーのポジションを”超かんたんに”解説 「テレビでサッカーの試合を観たことあるけど、けっこう楽しいよね。でも、ポジションがよくわからないなぁ」という方は非常に多いです。 サッカーを全く知らない人だと...
あわせて読みたい
【10分でわかる】サッカー好き・経験者として知られる男性芸能人! 「サッカー好き・サッカー経験のある男性芸能人」 テレビやパソコンのモニター越しに活躍する芸能人。 そんな芸能人の中にも、”サッカー好き”として知られる方が大勢い...

Follow me!

埼玉スタジアムでの浦和レッズの試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって26年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次