【筋肉モリモリ】J3からJ1MVP!岩田智輝のプレースタイルと経歴

サッカー日本代表のエンブレムの写真

2022年にJリーグ制覇を成し遂げた横浜F.マリノス

厚い選手層を誇り、「メンバーを入れ替えても同じサッカーができること」を強みとしていました。

その中で、Jリーグ32試合に出場し、フィールドプレーヤーでは最多。

”替えの効かない存在”であったのが岩田智輝選手です。

J3→J2→J1とステップアップし、J1でMVPにも輝いた岩田選手。

2023年には海外移籍を決断し、更なる高みを目指します。

今回は、岩田智輝のプレースタイルと経歴をご紹介します。

2022年度Jリーグの表彰選手については、こちらをご確認ください。
【2022年度Jリーグ・最終結果】

目次

岩田智輝について

  • 生年月日:1997年4月7日
  • 出身地:大分県宇佐市
  • 所属クラブ:セルティック(スコットランド)
  • 背番号:24番
  • ポジション:MF/DF
  • 身長:178cm
  • 体重:77kg

J3からJ1MVPに

2022年J1リーグMVPに輝いた岩田智輝選手。

名前の通り”輝き”を放った岩田選手ですが、実はプロ入り1年目はJ3でプレーしています。

J3でのプレー経験のある選手のMVP獲得は史上初。

現在はくすぶっている選手たちに、希望を与える活躍を見せました。

DFでのMVP獲得は、2006年の闘莉王さん以来です。

イニエスタと一触即発

2019年J1リーグ第22節 大分トリニータvsヴィッセル神戸。

激しい当たりが売りの岩田選手は、世界的名手・イニエスタにタックル。

プレー後に、一触即発の状態になりました。

イニエスタ選手は温厚な性格でも有名で、「イニエスタがキレた!」と海外でも話題に。

筋肉モリモリ

岩田選手は筋肉モリモリで、”ハマのハルク”という異名も。

週5日の筋トレの成果もあり、競り合いの強さに磨きがかかっています。

マリノスサポーターから個人チャント(応援歌)を作ってもらった岩田選手。

原曲は、『キン肉マン Go Fight!』です。

岩田智輝のプレースタイル

Embed from Getty Images

25歳でJ1MVPに輝き、日本代表候補にも名を連ねる岩田選手。

日本屈指のファイターの岩田選手の大きな強みは以下の3つ。

  • 強靭なフィジカル
  • 対人能力の高さ
  • ユーティリティ性の高さ

フィジカルの強さを生かし、対人守備では無類の強さを誇ります。

相手の攻撃の芽を摘み取り、ピンチを未然に防ぎます。

フィジカルの強さは攻撃面でも生かし、キープ力は日本屈指。

また、ユーティリティ性も高く、DFでもMFでも日本代表として活躍できる実力です。

岩田智輝の経歴

  • 四日市南SSC(宇佐市立四日市南小学校)
  • 大分トリニータU-15宇佐(宇佐市立西部中学校)
  • 大分トリニータU-18(大分東明高校)
  • 大分トリニータ
  • 横浜F.マリノス
  • セルティック(スコットランド)

小学生時代

小学生時代、四日市南SSCでプレーしています。

OBには西川周作選手(浦和レッズ)松原健選手(横浜F.マリノス)も。

特に、松原選手の家は徒歩1分のご近所さんで、小さい頃から一緒にサッカーをしていました。(引用:横浜F.マリノスHPより)

中学生時代

中学生時代、大分トリニータU-15宇佐でプレーしています。

岩田選手は、大分トリニータU-15宇佐が輩出した初のJリーガーです。

高校生時代

高校生時代は、大分トリニータU-18でプレーしています。

16歳から世代別日本代表に選出され、高校3年時には2種登録で天皇杯にも出場。

ユーティリティ性はこの頃から高く、GK以外のすべてのポジションでのプレーを経験しました。

大分トリニータ

Embed from Getty Images

2016年に大分トリニータに入団します。

J3でJリーグデビュー。

  • プロ1年目:J3
  • プロ2年目:J2
  • プロ4年目:J1

5年間プレーした大分では、チームと共に順調にステップアップ。

世代別日本代表にも継続して招集されており、2019年のコパアメリカではA代表デビューも果たしています。

横浜F.マリノス

Embed from Getty Images

2021年に横浜F.マリノスに移籍します。

2年間でリーグ66試合に出場。

Jリーグ制覇リーグMVPを獲得し、「カタールW杯日本代表に招集されるのでは・・・?」という声も囁かれるほどの存在になります。

マリノスの大スポンサーである日産の車を愛用し、時折インスタにも登場しています。

セルティック(スコットランド)

Embed from Getty Images

2023年1月にセルティックに加入しました。(期限付き移籍)

ポステコグルー監督は、マリノス時代の指揮官でもあり、戦術理解に時間はかからないはず。

恩師の期待に応えるためにも、活躍しなければなりません。

セルティックでプレーしている日本人選手
前田大然
古橋亨梧
旗手怜央
・井手口陽介
・小林友希
※青文字を押すと、その選手の詳細を確認できます。

まとめ

『J1MVPが海外でどれだけ活躍できるのか』

2022年のJリーグMVPに輝いた岩田選手の海外挑戦は、Jリーグのレベルを知るための重要な指標になります。

カタールW杯で”死の組”で突破し、日本サッカーは確実に成長しています。

しかし、これ以上の成長には、Jリーグのレベルアップが必要です。

日本のプロサッカーがどう進んでいくべきなのか。

その答えを、岩田智輝のプレーが示してくれるずです。

カタールW杯についてまとめています。
【カタールW杯で日本サッカーが得たものと4年後への課題】
【カタールW杯日本代表メンバー26名について】
【歴代W杯日本代表メンバーの所属クラブ】

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次