【兄もJリーガー】ポルトガルに挑戦!三竿健斗のプレースタイルと経歴

日本代表のエンブレムの写真

「中盤で戦うファイター」

童顔な見た目とは裏腹に、ピッチに入れば闘志をむき出しにして戦う三竿健斗選手

23歳という若さで常勝・鹿島アントラーズのキャプテンに就任し、ピッチ外でもチームをまとめあげました。

日本で培った自信を胸に、ポルトガルでの挑戦を決断。

4年後の、2026年W杯を見据えていることは間違いありません。

今回は、三竿健斗のプレースタイルと経歴についてご紹介します。

目次

三竿健斗について

  • 名前:三竿健斗(みさお けんと)
  • 生年月日・1996年4月16日
  • 出身地:東京都武蔵野市
  • 所属クラブ:CDサンタ・クララ
  • 背番号:40番
  • ポジション:MF/DF
  • 身長:181cm
  • 体重:73kg

兄の”三竿雄斗”もJリーガー

三竿健斗選手の実兄である”三竿雄斗選手”もJリーガーです。

兄弟揃って東京ヴェルディユース出身で、プロ入り後も鹿島アントラーズで2年間共にプレーしています。

2023年は、京都サンガF.Cでプレーします。

三竿兄弟は揃って4月16日誕生日で、ちょうど5歳差です。

帰国子女で勉強も得意

三竿選手は”サッカーエリート”が在籍することでも有名な”東京ヴェルディ下部組織”に小学生の頃から在籍しています。

サッカー漬けの毎日で、勉強する時間なんてないのかと思いきや、勉強もできてしまうのが三竿選手

中学・高校は立教大学の附属校に通っており、”サッカーでも勉強でもエリート”です。

また、幼少期にはカナダに住んでいたことがあり、英語もペラペラ。

サンタクララ入団会見では、流暢な英語を披露しています。

奥様は日テレの後藤陽菜アナ

三竿選手の奥様は日本テレビアナウンサーの後藤陽菜さんです。

2021年に結婚し、2022年末には女の子のパパママに。

ちなみに、後藤さんは学生時代に陸上部に所属しており、100m12.69秒という記録を持つ元アスリートです。

三竿健斗のプレースタイル

Embed from Getty Images

「インテンシティの高い選手」

三竿選手を初めて日本代表に招集したハリルホジッチ監督の代名詞でもある「インテンシティ」

三竿選手はプレー強度が高く、まさにハリル好みの選手です。

  • 球際の強さ
  • 攻撃の起点になる縦パス
  • キャプテンシー

守備に強みを持つ選手ですが、ボールをとった後の動きも一級品です。

また、鹿島史上最年少の23歳でキャプテンに就任し、3年間全う。

チームをまとめあげる熱さを持っており、その熱さをチームに伝播させます。

三竿健斗の経歴

  • 横河武蔵野FCジュニア(武蔵野市立大野田小学校)
  • 東京ヴェルディジュニア
  • 東京ヴェルディジュニアユース(立教池袋中学校)
  • 東京ヴェルデイユース(立教池袋高校)
  • 東京ヴェルディ
  • 鹿島アントラーズ
  • CDサンタ・クララ(ポルトガル)

小学生時代

小学生時代は、横河武蔵野FCジュニアでプレーしています。

横河武蔵野は三鷹駅付近に拠点を構える強豪チームで、出身Jリーガーは10人以上

幼い頃からレベルの高い環境に身を置き、高学年になると東京ヴェルディジュニアへとプレーの場を移します。

小池龍太選手(現・横浜F.マリノス)は横河武蔵野ジュニアの同期です。

東京ヴェルディ下部組織

Embed from Getty Images

小学校高学年でヴェルディのセレクションを突破。

  • 東京ヴェルディジュニア
  • 東京ヴェルディジュニアユース
  • 東京ヴェルディユース

緑色のユニフォームを着て順調にステップアップをした三竿選手ですが、小学生時代は実は鹿島ファン

特に好きな選手は岩政大樹さん(現・鹿島アントラーズ監督)内田篤人さんだったようです。

高校生になると世代別日本代表にも招集されるようになり、2013年U-17W杯にも出場しています

高校3年時には2種登録選手としてトップチームに帯同しています。

東京ヴェルディ

Embed from Getty Images

2015年に東京ヴェルディでプロ生活をスタート。

高卒1年目にして、J2で39試合に出場。

中盤で大車輪の活躍を見せ、1年でJ1へのステップアップを果たします。

鹿島アントラーズ

Embed from Getty Images

2016年に鹿島アントラーズに加入します。

加入1年目はチームがJリーグ、天皇杯の2冠を成し遂げる中、公式戦わずか10試合の出場に。

それでも、2年目にはボランチのレギュラーに抜擢され、21歳にしてA代表デビューも飾ります。

2018年にはACLを制覇し、アジアの頂点に。

2020年からキャプテンに就任。

鹿島史上最年少となる23歳でキャプテンを任され、時に口論になりながらもチームをまとめあげていきました。

CDサンタ・クララ(ポルトガル)

2022年12月にCDサンタ・クララに移籍します。

1月13日には早速デビューし、中村航輔選手との日本人対決も実現しました。

英語が喋れる上に、チームには田川亨介選手も在籍。

適応も早く、”三竿健斗活躍”のニュースが届く日は早そうです。

サンタクララには、守田英正選手も所属していました。

三竿選手がプレーする”ポルトガル・プリメイラリーガ”DAZN にて視聴できます。

2022-23シーズンの各国のサッカーが”どこで見れるのか”を知りたい方はこちら!
【2022-23シーズン サッカー放映権まとめ】

まとめ

26歳で初の海外挑戦となった三竿健斗選手。

「移籍するのが遅い」という声もあります。

たしかに、21歳で日本代表デビューしている選手に、海外からのオファーが届かないはずがありません。

もっと早い段階での海外移籍も決断できたでしょう。

ただ、常勝軍団で”タイトル奪還”を目指して戦った日々も、大きな財産となっているはずです。

ポルトガルで踏み出した新たな1歩は、日本代表復帰への足がかりとなります。

三竿選手と同じく、日本を代表する中盤の選手についての記事も書いています。

【遠藤航】
【守田英正】
【田中碧】
【旗手怜央】
【柴崎岳】
【松木玖生】

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次