ドイツで躍動するファンタジスタ!鎌田大地の経歴とプレースタイルについて

サッカー日本代表のエンブレムの写真

サッカーの本場ヨーロッパで、多くの日本人が活躍しています。

その中でも、トップリーグで大きなインパクトを残している選手の1人が鎌田大地選手です。

日本代表に招集されるものの、なかなか定着できない時期もあった鎌田選手。

ヨーロッパで活躍をし続け、オフシーズンには”強豪クラブへの移籍”も噂されるようになりました。

そして、チームスタッフやサポーターからは「移籍しないでくれ!」と頼まれるほどの存在です。

そんな鎌田選手のこれまでの経歴とプレースタイルについて掘り下げていきます。

鎌田選手がプレーするドイツ・ブンデスリーガは スカパー で見ることができます。
詳しくは、【ブンデスリーガを見るならスカパー】をチェックしてみてください。

目次

鎌田大地選手について

Embed from Getty Images
  • 名前:鎌田大地(かまだ だいち)
  • 所属クラブ:フランクフルト(ドイツ)
  • ポジション:MF
  • 背番号:15
  • 生年月日:1996年8月5日
  • 出身地:愛媛県伊予市
  • 身長:184cm
  • 体重:76kg

鎌田選手は「ビッグマウス発言」で話題になることもあります。

先輩に対しても遠慮することなく、”本音をズバッと伝える”ことも多いと言われています。

また、ABEMAのインタビューでは、「日本代表内で問題児キャラになっている」ことについても言及していました。

鎌田選手の弟もプロサッカー選手

鎌田選手には、5歳年下の弟がいます。

なんと、弟もプロサッカー選手です。

  • 名前:鎌田大夢(かまだ ひろむ)
  • 所属クラブ:ベガルタ仙台
  • ポジション:MF
  • 背番号:32
  • 生年月日:2001年6月23日
  • 出身地:愛媛県伊予市
  • 身長:168cm
  • 体重:60kg

奥さんが美人で話題に

Embed from Getty Images

海外移籍前のJリーグ最後の試合、当時所属していたサガン鳥栖で鎌田選手の退団セレモニーが行われました。

その際、観客の前に登場した”鎌田選手の奥さん”に多くの話題が集まりました。

ネットには「かわいい!」、「美人!」というコメントが多数。

鎌田選手のセレモニーで、”奥さんが主役の座を奪ってしまう勢い”の注目ぶりでした。

「鎌田大地」と検索すると、予測変換では「嫁」、「奥さん」というワードが出てきます。

鎌田選手のプレースタイル

Embed from Getty Images

テクニシャン

鎌田選手の一番の特徴はテクニックの高さです。

ボールが足に吸い付いているかのようなボールタッチを披露します。

ドリブルでは相手の重心の逆をつき、スルスルと複数人をかわしてチャンスを作り出します。

ゴールに絡める選手

鎌田選手はゴール・アシストの多さも特徴です。

Jリーグデビュー当初から、「なんでそれを通せるの?」というパスを連発し、注目を集めました。

海外移籍後はシュートの意識が強くなり、バイエルン・ミュンヘンやアーセナルといった強豪相手にもゴールを決めています。

想像のはるか上をいくプレーを披露する”ファンタジスタ”です。

90分間走り切るスタミナ

サッカー選手の1試合あたりの平均走行距離は10~12kmと言われています。

鎌田選手は1試合で12km以上走ることも多く、平均値を上回っています。

ファンタジスタは走力に難があることも多いなか、鎌田選手は”走れるファンタジスタ”です。

鎌田選手の経歴

  • キッズFC
  • ガンバ大阪ジュニアユース
  • 東山高校
  • サガン鳥栖
  • フランクフルト
    シント=トロイデン(レンタル移籍)

アマチュア時代

小学生時代

小学生時代は、愛媛県伊予市のキッズFC(現・ゼブラキッズFC)でプレーしています。

愛媛県で優勝経験もある強豪チームで、OBにはサンフレッチェ広島の東俊希選手もいます。

中学生時代

中学時代は、ガンバ大阪ジュニアユースでプレーしています。

大阪にある祖母の家に住み、J下部組織のレベルの高い環境で腕を磨きました。

当時の鎌田選手は身長が150cmほどで、さらに怪我をしがちな3年間。

AチームとBチームをいったりきたりの存在で、ユースへの昇格も逃してしまいます。

ジュニアユースの同期には、セルティックに所属する井手口陽介選手がいます。

高校時代

高校時代は、京都府の東山高校に進学します。

冬の選手権出場は逃したものの、高校2年生にしてプレミア得点王になるなど、その才能は開花させます。

プロ入り後

サガン鳥栖

Embed from Getty Images

鎌田選手は高卒でJ1サガン鳥栖に入団し、1年目の5月にはJリーグ初出場初ゴールを記録しています。

ルーキーイヤーからレギュラーの座を掴み、2年半の在籍でJ1で65試合に出場しています。

Jリーグでの活躍もあり、U-22の日本代表にも選出されるようになりました。

フランクフルト(ドイツ)

ドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトに移籍します。

Jリーグから4大リーグへの移籍となりましたが、リーグ戦への出場は3試合にとどまります。

1年プレーした後、1年間ベルギーにレンタル移籍することになります。

シント=トロイデン(ベルギー)

Embed from Getty Images

鎌田選手は、日本人が多くプレーするシント=トロイデンへ移籍します。

レギュラーポジションを掴み、24試合で12ゴールという実績を持って、ドイツへと帰還します。

2018-19シーズンに所属していた日本人選手
・鎌田大地
・遠藤航(現・シュツットガルト)
・冨安健洋(現・アーセナル)
・関根貴大(現・浦和レッズ)
・木下康介(現・水戸ホーリーホック)

フランクフルト(ドイツ)

Embed from Getty Images

2019-20シーズンに、1年間の武者修行から復帰すると、レギュラーの座を確保。

ヨーロッパリーグに2年連続で出場し、強豪相手にハットトリックを記録する活躍も。

2021-22シーズンにはヨーロッパリーグで優勝し、22-23シーズンはチャンピオンズリーグに挑戦中です。

長谷部誠選手と共に、2人の日本人がフランクフルトの地で躍動しています。

2022-23シーズンの放映権については、こちらにまとめています。

あわせて読みたい
【2022-23年度版】サッカー・各国リーグの放映権情報を総まとめ サッカー好きのあなたに質問です。 どのアプリで、どこの国のサッカーが見れるのかを知っていますか? プレミアリーグの放映権で話題になったように、人気リーグの放映...

日本代表

Embed from Getty Images

ヨーロッパでプレーする日本人の中で、トップクラスの結果を残している鎌田選手。

当然、カタールW杯への出場も期待されます。

鎌田選手は2019年に日本代表に初選出されています。

アジア最終予選での出場はなく、メンバー入りが確実と断言することは難しい状況です。

ですが、6月のブラジル戦にも出場し、メンバー入りは着実に近づいています

フランクフルトについて

Embed from Getty Images
  • 創立:1899年
  • クラブカラー:赤・黒
  • 本拠地:フランクフルト
  • スタジアム:ドイチェ・バンク・パルク

フランクフルトはブンデスリーガで一桁順位につけることが多い中堅クラブです。

2021-22シーズンはヨーロッパリーグで優勝するなど、強豪チームの仲間入りを果たしました。

これまで通算5人の日本人選手がプレーしています。

  • 高原直泰
  • 稲本潤一
  • 乾貴士
  • 長谷部誠
  • 鎌田大地

フランクフルトは女子サッカーチームも有名です。
また、サッカー以外にも10以上のスポーツチームがあります。

フランクフルトの街について

Embed from Getty Images

フランクフルトはドイツ中部に位置します。
人口は約75万人で、ドイツ国内で5番目に多いです。

ヨーロッパ有数の経済都市で、高層ビルが立ち並んでいます。

観光名所として、「レーマー広場」が有名です。

レーマー広場は木組の家が立ち並んでおり、この広場では優勝パレードなどが行われます。

日本からの直行便もあり、日本からも行きやすい場所です。

まとめ

カタールW杯での活躍が期待される鎌田選手。

初挑戦のチャンピオンズリーグでもMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝く試合もあり、その評価を存分に高めています。

ヨーロッパでも通用する実力を代表でも発揮する時、日本代表の攻撃の質はワンランク高いものになるはずです。

日の丸を背負い、私たちを「あっ!」と驚かせるようなプレーを見せてくれることを多くのサッカーファンが待っています。

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次