【柏から世界へ】大南拓磨が日本代表に初選出!気になるプレースタイルは?

柏レイソルのエンブレムの写真

7/13に、E-1選手権の日本代表26名が発表され、そのうち10名が日本代表初選出となりました。

E-1選手権の日本代表は、Jリーグでプレーする選手のみで構成されています。

新戦力発掘の場として大きな役割を持つこの大会で、柏レイソルの大南拓磨選手が日本代表に初選出されました。
(同じく柏レイソルの細谷真央選手も初招集となりました。)

Embed from Getty Images

「え?大南って誰?」

普段、Jリーグを観る機会がない方だと、そのように感じるかもしれません。

大南選手は2022年のJ1リーグ前半戦で4位につけた柏レイソルにおいて欠かせない選手です。

本職はCB(センターバック)ながらも、SB(サイドバック)WB(ウィングバック)も平気でこなす器用な選手です。

今回は、大南拓磨選手のプレースタイルやこれまでの経歴をご紹介します

大南選手は双子の弟です。
お兄さんは柏サポーターの間では有名人です。
現地だけでなく、Twitter上でも柏レイソル、大南選手への応援をしています。

大南拓磨選手がプレーする柏レイソルの試合は、DAZN で観戦できます。

あわせて読みたい
【2022-23シーズン】DAZNで見れるリーグ戦・サッカー番組を総まとめ 「2022-23シーズン、DAZNではどこの国のリーグが観れるんだろう。」 そんな疑問を抱いていませんか? この記事では、DAZNではどこの国のサッカーが観れるのかを、各リーグの魅力と共にご紹介します。
目次

大南拓磨選手について

Embed from Getty Images
  • ポジション:DF
  • 生年月日:1997年12月13日
  • 出身地:愛知県刈谷市
  • 身長:184cm
  • 体重:76kg

大南選手のプレースタイル

大南選手はユーティリティ且つ、危機察知能力に優れたDFです。

相手FWが絶好機を迎えても、大南選手が間一髪の所で防ぐという場面を数多く見てきました。

  • 危機察知能力
  • ユーティリティ性
  • 対人の強さ
  • 50m5秒台のスピード
  • 迫力のあるオーバーラップ

柏レイソルではSB(サイドバック)やWB(ウィングバック)でプレーすることが多く、同じく右サイドでプレーするマテウス・サヴィオ選手と共に躍動しています。

スピードに乗った迫力あるオーバーラップも特徴で、その姿は柏で育った日本代表DF酒井宏樹選手を彷彿とさせます。

レイソルに加入当初は戦術理解に苦しんでいたようで、当時のGK中村航輔選手からの大南選手への指示が印象に残っています。
手拍子もない静かなスタジアムに「たくま!!!」という声が何度も響き渡っていました。

大南選手の経歴

  • 愛知FC
  • 名古屋FC
  • 鹿児島実業高等学校
  • ジュビロ磐田
  • 柏レイソル

小学生・中学生時代

大南選手は小学生時代は愛知FC、中学生時代は名古屋FCでプレーしています。
どちらも強豪チームで、愛知FCは14人、名古屋FCは13人のJリーガーを輩出しています。

また、名古屋FCにはレディースチームもあり、2名のWEリーガーを輩出しています。

WEリーグ
2019年より始まった女子のプロサッカーリーグの名称。
「なでしこリーグ」よりも上位レベルのリーグです。

高校生時代

中学を卒業すると、大南選手は名門・鹿児島実業高等学校に進学します。

厳しい練習でも有名な鹿児島実業。
鹿実OBで元サッカー選手の那須大輔さんが、YouTubeの企画で鹿実に体験入部しています。

大南選手の90分走り切る姿や絶体的な対人の強さを見ると、高校時代の経験が生きているのかなと感じます。

大南選手は中学生まではFWとしてプレーしていました。
高校時にDFにコンバートし、U-18日本代表候補にもなっています。

ジュビロ磐田

2016年に、高校卒業と同時にジュビロ磐田に入団します。

Embed from Getty Images

2年目までは出場機会に恵まれませんでしたが、3年目となる2018年にJ1デビュー。
世代別日本代表として、ドバイカップにも出場しています。

2019年はジュビロ磐田はJ2に降格となりますが、大南選手は主力として奮闘。
Jリーグ22試合に出場しました。

柏レイソル

Jリーグでの活躍が認められ、大南選手は2020年に柏レイソルに入団します。

Embed from Getty Images

移籍当初はベンチに甘んじることもありましたが、それでもリーグ戦20試合に出場。

現在はチームに欠かせない選手になっており、普段はSBやWB。
CBの選手が欠場する場合はCBでプレーするという、チームに1人はいて欲しいユーティリティな選手です。

攻撃面での貢献も大きく、2021年シーズンは3得点を記録しています。
右サイドからの崩しは、レイソルの大きな武器となっています。

まとめ

五輪への出場を逃した選手が、その後日本代表になるケースはよくあります。

大南選手も、世代別の代表に何度も選ばれながらも、五輪への出場を逃しています。

ただ、五輪は世代別代表であるのに対し、本当の意味での日本のトップはA代表です。

今回、大南選手がA代表に選ばれたのは、偶然ではありません。
毎年Jリーグで結果を残し、インパクトのあるプレーを披露してきたからこそです。

W杯を見据える森保監督としては、複数ポジションを本職のようにこなす選手を26人のメンバーに入れたいはずです。

『柏から世界へ』

世界を相手に、そしてJリーグで闘う大南選手の活躍から、目が離せません。

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次