靴下を替えたらプレーの質が3割増し!?TABIO(タビオ)の5本指サッカーソックスが超オススメ

TABIOの靴下の写真

TABIO(タビオ)というブランドを聞いたことはありますか?

近年、グリップ力が優れていたり、足へのサポートが優れていたりする高機能ソックスが登場しました。

高機能ソックスの種類も増えてきて、「興味はあるけど、どれが良いのかわからない」という方もいらっしゃるはずです。

そんな悩みを持つあなたには、最初の1足としてタビオの5本指ソックスがオススメです。

タビオはプロサッカー選手や、セミプロレベルでプレーする選手の愛用者も多いです。
学生やエンジョイプレーヤーにもおすすめで、プレーの質を上げてくれます。

目次

TABIO(タビオ)ってどんな会社?

社名:タビオ株式会社
本社:大阪府大阪市
創業:1968年(当時はダンソックスという名称)
資本金:4億1478万9000円

創業から50年以上たっており、資本金も4億円。
思っていた以上に大きな企業ですよね。

「でも、聞いたことないなぁ〜」って思っている方。

実はあなたにとっても身近な存在です。

というのも、タビオは靴下屋を運営している会社です。

特に女性人気が高く、デパートやショッピングモールに数多く出店しています。
なんと全国に300弱もの店舗数があるようです。

男性用の靴下も充実しており、私自身はビジネス用普段用ともに靴下屋で購入したものを愛用しています。

他のソックスに比べて穴が開きにくく、防臭機能もあるので足の匂いも気になりにくいです。

ビジネス・プライベート用靴下が気になった方は、下の画像をクリックしてチェックしてみてください。

TABIO(タビオ)の5本指サッカーソックスについて

タビオの5本指といえば、高機能サッカーソックスの先駆けの存在です。

今でこそたくさん種類がありますが、「高機能サッカーソックスといえばタビオの5本指」というイメージがあった程です。

周りの人たちがタビオの5本指を着用する中、私はなかなか手を出せずにいました。

というのも、5本指がなんとなく苦手だからという理由です。

通常のソックスに履き慣れていて、私と同じように5本指になんとなく抵抗を持っている方も多いのではないでしょうか。

そんなこんなで、なかなかタビオのサッカーソックスを試さずにいた私ですが、チームメイトから誕生日プレゼントとしてタビオのソックスをいただきました。

そうなると履かないわけにもいかず・・・
1度タビオの5本指ソックスを履いてプレーしたところ、印象はガラっと変わりました。

「めっちゃ良い!!!」

さすがはプロサッカー選手からも選ばれるサッカーソックス。
今まで履いてきたソックスとは別物でした。

TABIO(タビオ)の5本指サッカーソックスの機能性

あなたも気になるタビオの5本指サッカーソックスの機能性について、まずは公式に記されているものをチェックします。

実際に長年タビオを愛用している私が、その謳い文句に間違いがないかをジャッジさせてもらいます。

※以下の3つの特徴は、タビオ株式会社HPからの転載となります。

多くのJリーガーも認める履き心地

五本指の指の一本一本にマチを作る事で、フィット感を向上。
立体的に指を包み込みます。

また、土踏まずにフットサポート機能を搭載。 土踏まず・甲にしっかりフィット。

こちら、間違いありません。
キツすぎず・ゆるすぎず、ちょうど良いフィット感です。
5本指というとフィットしすぎてしまうイメージでしたが、全くそんなことはありません。

一般的なサッカーソックスと比較して2.5倍の強度

指先・かかとを特殊編みにし、摩耗性に強い設計にしました。

一般的なサッカー・フットサルソックスと比較して約2.5倍の強度を実現。

こちらも、間違いありません。
下の画像は何回履いたかわからないくらい着用していますが、穴が開く気配すらありません。

TABIOの靴下の写真
使用感はかなりありますが、穴が開く気配はまったくありません。

靴と足との一体感をより実感

柔らかくグリップ力の強いシリコンラバーを使用。
靴と足との一体感を高めました。

こちらも、間違いありません。
グリップ力こそ、タビオの最大の強みだと思います。
汗をかいていても、靴の中でズレることが全くと言って良い程になくなりました。

個人的に感じるTABIO(タビオ)の5本指サッカーソックスの良さ

上で挙げた3つの特徴だけでも素晴らしいソックスです。

ただ、私が個人的にタビオの強みと感じることが”更に2つ”あります。

豊富なカラーバリエーション

タビオの5本指ソックスには、10種類以上のカラーが用意されています。

10種類もあるとなると、「ユニフォームの色に合わない」という心配をする必要が全くありません!

足へのサポート機能

タビオのサッカーソックスは、足の疲労感を軽減する効果があります。

それに加えて、テーピングのようなサポート機能があるように感じます。

というのも、私は捻挫癖があり、ソックスの上に弱めのサポーターをつけてプレーをしていました。
「大丈夫かな」と思ってサポーターを外すと足を痛めての繰り返しでした。

ですが、タビオを履いてからはサポーターをつけていないのに、足を痛めることなく快適にプレーができています。

個人的な意見ですが、抜群のフィット感があるからこそ、足へのサポート効果につながっているのかなと感じています。

公式でサポート機能があるという文言はないので、あくまでも私の感想です。
1つの意見として参考にしていただければと思います。

TABIO(タビオ)の5本指サッカーソックスのデメリット

ここまでご紹介した通り、タビオの5本指サッカーソックスは素晴らしい機能性を持っています。

実際に履いてみても、「ソックスだけでここまで変わるのか!」と驚く程です。

ですが、当然完璧なものなんて存在しません。

タビオを履いてみて感じたデメリットを2つお伝えします。

一般的なサッカーソックスよりも履くのに時間がかかる

タビオの5本指サッカーソックスは、一般的なサッカーソックスよりも履くのに時間がかかります。

でも、よく考えると当たり前ですよね。

なぜなら、5本指なのですから

指1本1本にフィットするように履く必要がありますが、それぞれの指をしっかり使ってプレーできます。
なんとなく、足に力が入りやすい感覚があります。

ソックスの丈が短い

一般的なサッカーソックスは足の保護すね当てを装着するために、膝下丈・もしくは膝上まであるのが通常です。

ですが、タビオの5本指ソックスはすねのあたりまでの長さです。

これは恐らく、試合用のチームソックスに合わせて着用するために、あえてこの長さに設定しているように思います。

TABIOの靴下の写真
見苦しい写真をすみません。タビオの丈はこのくらいです。

次項にて、タビオの5本指ソックスを試合で着用する方法をご紹介します。

TABIO(タビオ)の5本指サッカーソックスを試合で着用する方法

タビオの5本指ソックスは丈が短く、試合では着用することができません。

タビオを試合で使うためには、別売りのカーフソックスが必要になります。

TABIOの靴下の写真

また、カーフソックスのみでは靴下がズレてしまう場合は、専用バンド、もしくはソックスと同色の靴下用テーピングで留めるようにしましょう。

TABIOの靴下の写真

これらを使用することで、下の画像の通り、試合でも使用できる丈のサッカーソックスへと変化を遂げます。

TABIOの靴下の写真
くるぶしの上付近にバンドを装着しています。

公式戦で着用する場合は、カーフソックスをチームソックスに変更してください。
チームソックスをくるぶしの上でカットし、タビオの上に重ねるイメージです。

新たにサッカー用の靴下が登場

5本指ではありませんが、タビオから新たなサッカーソックスが登場しました。

その名も、「フットボールストッキング GRIP×SUPPORT」。

こちらも早速購入して試してみましたが、5本指のソックスよりも足首等へのサポートが優れているように感じました。

足裏のシリコンラバーはついていませんが、超マイクロファイバーの効果でグリップ力も抜群です。

私は社会人リーグには所属していないので、公式戦がない分、スッと着用できる「フットボールストッキング GRIP×SUPPORT」の方が個人的には好みです。

TABIOの靴下の写真

まとめ

今回はタビオの5本指サッカーソックスをご紹介しました。

結論、めちゃくちゃオススメです。

サッカー・フットサルに必要なアジリティのサポートや適度な圧迫感による疲労軽減効果もあるので、パフォーマンスの向上に加えて足をつってしまうことも少なくなるはずです。

また、新たにサッカー用の丈のソックスが発売されたことで、5本指が苦手な人にもタビオを着用する選択肢が生まれたことは嬉しいポイントです。

タビオはどんなプレーヤーにも合う、最高峰のサッカーソックスです。

以下の画像を押し、ぜひ一度タビオのサッカーソックスを試してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
サッカー・フットサル好きのあなたには、こちらのW杯特集も役立つはずです!
2022年カタールW杯(ワールドカップ)の組み合わせが決定!出場32カ国の特徴を”超かんたんに”解説

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次