当ブログでは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】高岡伶颯ってどんな選手?プレースタイル・経歴について

サッカー日本代表の試合の写真

「U-17W杯で得点量産」

U-17W杯3試合連続ゴール

  • アルゼンチン
  • ポーランド
  • セネガル

強豪が揃うチームを相手に毎試合ゴールを決め、GL(グループリーグ)突破

経歴を見ると、中体連(部活)から高体連(部活)に進んだ選手です。

今回は、高岡伶颯のプレースタイルと経歴をご紹介します。

「もっとサッカーが楽しくなる」をテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【サッカー日本代表】2026年W杯アジア2次予選 最大の敵は治安!? 「2026年W杯アジア2次予選」 2023年11月に、2026年W杯アジア2次予選がスタート。 ”W杯ベスト8以上”を目指す日本代表。 二次予選は、あくまでも”通過点”。 しかし、アウ...
あわせて読みたい
【10分でわかる】学生時代は無名だった8人のサッカー選手たち 「非・エリートのサッカー選手」 プロサッカー選手の大多数が、少年時代からサッカーがすごく上手。 Jリーグのユース 全国常連の高校 大半の選手が、”超”がつく強豪校の...
目次

高岡伶颯ってどんな選手?

  • 名前:高岡伶颯(たかおか れんと)
  • 生年月日:2007年3月12日
  • 出身地:宮崎県
  • 所属チーム:日章学園高校(2年生)
  • ポジション:FW/MF
  • 背番号:14番(U-17代表では11番)
  • 身長:165cm
  • 体重:60kg
  • 利き足:右

日本代表歴

Embed from Getty Images
  • A代表:なし
  • 世代別:U-17W杯出場(2023年)

2023年3月に世代別日本代表に初選出。

そこでの活躍が目に留まり、代表に定着。

6月のU-17アジア杯、11月のU-17W杯に出場しています。

日章学園への入学秘話

Embed from Getty Images

日章学園への入学のキッカケは、中学2年時の県大会

決勝戦日章学園中学に敗れ、宮崎県大会で準優勝(参照:Jr.サッカーニュース

試合後にオファーを受け、約1年半後には”日章学園のユニフォーム”を着て戦っています。(参照:Yahoo!ニュース

旧知の仲・名和田我空

Embed from Getty Images

U-17日本代表名和田我空選手とは、小学生時代からの仲。

県トレセンでは共にプレーするも、「名和田は飛び抜けていた」と語る、いわば目標の選手。(参照:ゲキサカ)

高校の進路選択の際には、名和田から「神村学園においでよ!」と誘われていたのだとか。

【名和田我空について詳しく】

あわせて読みたい
【10分でわかる】名和田我空ってどんな選手?プレースタイル・経歴 「U-17アジア杯MVP&得点王」 U-17日本代表のエース。 2023年U-17アジア杯では、MVPと得点王をダブル受賞。 ”世界が注目する若手プレーヤー”で、すでにプロの練習にも体...

高岡伶颯の着用スパイク

メーカー:アディダス

高岡選手は、アディダス”X(エックス)シリーズを着用しています。

スピードプレーヤー向けに作られており、フィット感に優れた人工皮革のスパイクです。

高岡伶颯のプレースタイル

Embed from Getty Images

「スピード自慢のアタッカー」

武器は”50mを6秒フッラット”で走るスピード

トップスピードはもちろん、初速の速さも一目瞭然です。

「宮崎のメッシ」の異名を持つ男。

「上手く、速く、ガムシャラにゴールへ」。

勝負強さもピカイチで、大舞台でこそ輝く選手です。

高岡伶颯の経歴

  • 三股サッカースポーツ少年団
  • 三股町立三股中学校
  • 日章学園高校サッカー部

小学生時代

小学生時代は、三股サッカースポーツ少年団でプレーしています。

サッカーをはじめたのは小学2年生の頃。

県大会ベスト8に進出し、個人では”県トレセン”への招集経験もあります。

中学生時代

中学生時代は、三股中学校サッカー部でプレーしています。

田舎の中学校のサッカー部ですが、県大会では準優勝も経験。

全国的な知名度はなかったものの、”県では有名な存在”

「自分がチームを勝たせる」という強い想いを持ち、充実の中学時代を過ごしています。

高校生時代

現在、日章学園高校サッカー部でプレーしています。

1年生からAチーム入りし、夏には全国に。

  • 1年生:インターハイ・選手権
  • 2年生:U-17W杯・選手権(県予選突破)

選手権決勝戦では、2年連続ハットトリック

”超高校級アタッカー”は、すでに世界を相手に戦っています。

まとめ

U-17W杯で大活躍し、知名度を一気に高めました。

選手権宮崎県大会では優勝し、全国行きは決定済み。

12月の”全国大会”では、更なる注目を集めるはずです。

あわせて読みたい
【10分でわかる】サッカー日本代表 五輪(オリンピック)での通算成績 「五輪での通算成績」 サッカー日本代表は、現在7大会連続で五輪に出場中。 「本大会に出て当たり前」というプレッシャーに打ち勝ってアジア予選を突破。 その先には、”...
あわせて読みたい
【2023年11月】日本代表メンバー vsミャンマー・vsシリア 「ミャンマー・シリアと対戦」 ついに、「2026年W杯」への長い戦いが幕を開けます。 今回は、いわば”格下”との対戦。 しかし、W杯3次予選・2027年アジア杯への出場が懸...
あわせて読みたい
【2023-24年 海外組】海外でプレーする日本人選手一覧 「ヨーロッパでプレーする日本人選手」 かつては、数えるほどしかいなかった海外組。 中田英寿 小野伸二 中村俊輔 など 「海外組=日本代表のエース格」という図式が成...

Follow me!

サッカー日本代表の試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって27年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次