当ブログでは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】近藤友喜ってどんな選手?プレースタイル・経歴について

横浜FCのホーム・三ツ沢ニッパツスタジアムでのサッカーの試合の写真

「非・エリートの逆襲」

W杯・五輪のような大舞台の前には、シンデレラボーイが登場しがち。

2024年パリ五輪においては、”近藤友喜選手がその候補の一人。

五輪まで1年を切るタイミングで、U-22日本代表に初招集。

これまで”日の丸”とは縁のなかった男が、世界の舞台を目指します。

今回は、近藤友喜のプレースタイルと経歴をご紹介します。

「もっとサッカーが楽しくなる」をテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【2023-24年度版】CL(チャンピオンズリーグ)に出場する日本人選手 「UEFA チャンピオンズリーグ」 CL(チャンピオンズリーグ)は、そのシーズンの”ヨーロッパNo.1のクラブ”を決める大会です。 各国上位のチームしか出場できず、最もハイ...
あわせて読みたい
【10分でわかる】小柄でも問題なし!身長160cm台のサッカー選手 「160cm台のサッカー選手」 「サッカー選手」と聞くと、”体格の良さ”をイメージしませんか? 日々の練習に加え、筋トレや食事管理を徹底。 一般人とは比べ物にならない...
目次

近藤友喜ってどんな選手?

  • 名前:近藤友喜(こんどう ともき)
  • 生年月日:2001年3月21日
  • 出身地:愛知県春日井市
  • 所属チーム:北海道コンサドーレ札幌
  • ポジション:MF
  • 背番号:33番
  • 身長:172cm
  • 体重:64kg
  • 利き足:右足

日本代表歴

  • A代表:なし
  • 世代別:U-22日本代表(2023年10月初招集)

2023年10月にU-22日本代表に初選出。

これまで代表歴はありませんでしたが、“五輪本大会”の出場を目指します。

2年連続で特別指定選手

近藤選手横浜FC入団が内定したのは、大学3年生の頃。

内定後は、特別指定選手としてトップチームの活動に帯同。

大学生にして、Jリーグ11試合に出場しています。(J1・J2含む)

スタメンで1人だけユース落選

中学生時代は、名古屋グランパスU-15のスタメン。

近藤選手は”U-18への昇格”を確信。

しかし、スタメンで1人だけ昇格できず。(参照:横浜FC公式HP

「昇格させなかったことを見返す」という目標を持ち、プロの世界へと辿り着きました。

近藤友喜の着用スパイク

メーカー:プーマ

近藤選手は、プーマの”フューチャー”を着用しています。

フィット感に優れ、一瞬のクイックネスに優れたスパイクです。

近藤友喜のプレースタイル

「右サイドのスペシャリスト」

得意なエリアは”右サイド”

  • 右WG(ウィング)
  • 右SH(サイドハーフ)
  • 右SB(サイドバック)

右サイドなら、どこのポジションでも違いを作れる選手。

スピードが武器で、特に”初速の速さ”には定評があります。

近藤友喜の経歴

  • 名古屋グランパスU-12
  • 名古屋グランパスU-15
  • 前橋育英高校サッカー部(群馬県)
  • 日本大学サッカー部
  • 横浜FC
  • 北海道コンサドーレ札幌

小・中学生時代

小・中学生時代は、名古屋グランパスのアカデミーでプレーしています。

  • 名古屋グランパススクール
  • 名古屋グランパスU-12
  • 名古屋グランパスU-15

5歳からサッカーをスタート。

各学年でレギュラーに定着するものの、「フィジカル不足」でユース落選。

星稜高校のセレクションにも落選するなど、中学3年時は試練の年になりました。

あわせて読みたい
【10分でわかる】ユース落選を経験!日本代表に上り詰めた選手たち 「ユース落選を経験した日本代表選手」 日本代表は、”日本サッカーの頂点”です。 メンバー入りのハードルは非常に高く、Jリーグで活躍しても、今となっては海外で活躍し...

高校生時代

Embed from Getty Images

高校生時代は、前橋育英高校サッカー部でプレーしています。

2年生にはAチーム入りし、選手権優勝を経験。

高卒でのプロ入りも視野に入れていたものの、骨折で高校3年のインターハイを欠場しています。(参照:横浜FC公式HP

  • 高校2年:選手権優勝
  • 高校3年:選手権3回戦敗退

前橋育英時代のチームメイト
・2学年上:岩下航
・1学年上:渡邊泰基
・1学年上:角田涼太郎
・同級生:榎本樹
・同級生:秋山裕紀
・同級生:水多海斗

あわせて読みたい
【10分でわかる】左右で蹴れるSB!岩下航のプレースタイルと経歴 「両足で高精度のキック」 プロサッカー選手であっても、逆足でのプレーは難しいです。 利き足とは多少フォームが異なってしまい、必然的にキックの精度は見劣りします...
あわせて読みたい
【10分でわかる】左利きの大型DF!角田涼太郎のプレースタイルと経歴 「左利きの大型DF」 2022年J1王者の横浜F.マリノスでは準レギュラー的な立ち位置。 スタメンに定着したのは2023年に入ってからにも関わらず、2023年3月に日本代表に初選...

大学生時代

大学生時代は日本大学サッカー部でプレーしています。

1年時にはSB(サイドバック)として試合に絡み、3年時には関東2部リーグベスト11に名を連ねる選手に。

卒業まで2年を残してプロ内定を勝ち取り、Jリーグにも出場。

チーム内で圧倒的な実力を持ってしまったが故に、”メンタル面での難しさ”も経験しています。(参照:note

日本大学出身のサッカー選手
金子拓郎(現・ディナモザグレブ[クロアチア])
・舘幸希(現・湘南ベルマーレ)
・長谷川唯(マンチェスターシティ[女子サッカー]) など

あわせて読みたい
【10分でわかる】クロアチアへの挑戦!金子拓郎のプレースタイルと経歴 「JリーグNo.1ドリブラー」 Jリーグドリブル成功数は、”断トツNo.1”。(参照:ゲキサカ) 2021年に、数々の有名選手を抑えてのドリブルランキング1位。 ゴールやアシス...

横浜FC

2023年に横浜FCに入団します。

「自称・陰イキャ」の近藤選手ですが、実質3年目のチームでフィットも問題なし。

開幕戦からスタメン出場を果たし、第10節には”日大の先輩・金子拓郎選手の目の前でプロ初ゴールを決めています。

横浜FCでの成績
・2021年:2試合0ゴール(J1・特別指定)
・2022年:9試合0ゴール(J2・特別指定)
・2023年:30試合2ゴール(J1)

北海道コンサドーレ札幌

※後列の左から2番目が近藤選手。

2024年に北海道コンサドーレ札幌に移籍します。

定位置を射止め、”パリ五輪メンバー入り”を目指します。

まとめ

スタメンなのに、ユース昇格を逃すという挫折を経験。

中学生時代の苦い経験を糧に、J1U-22日本代表まで登りつめました。

レベルの高い環境を好み、チーム内競争は大歓迎。

また面白い選手が一人、頭角を表しました。

あわせて読みたい
【2023-24年度版】CL(チャンピオンズリーグ)に出場する日本人選手 「UEFA チャンピオンズリーグ」 CL(チャンピオンズリーグ)は、そのシーズンの”ヨーロッパNo.1のクラブ”を決める大会です。 各国上位のチームしか出場できず、最もハイ...
あわせて読みたい
【10分でわかる】サッカー好き・経験者として知られる男性芸能人! 「サッカー好き・サッカー経験のある男性芸能人」 テレビやパソコンのモニター越しに活躍する芸能人。 そんな芸能人の中にも、”サッカー好き”として知られる方が大勢い...

Follow me!

横浜FCのホーム・三ツ沢ニッパツスタジアムでのサッカーの試合の写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって27年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次