当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】守備のオールラウンダー!土屋巧のプレースタイルと経歴

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

「相互支援後・初のJリーガー」

土屋巧選手は日本体育大学柏高校の出身。

この学校は、柏レイソルと相互支援を行い、もう1つのレイソルアカデミーとしての顔を持ちます。

2015年の提携開始から7年。

土屋選手は、相互支援後・初のJリーガーとなりました。

お互いに高め合ってきたからこそのプロ入り。

今回は、土屋巧のプレースタイルと経歴をご紹介します。

目次

土屋巧について

  • 名前:土屋巧(つちや たくみ)
  • 生年月日:2003年10月25日
  • 出身地:栃木県宇都宮市
  • 所属クラブ:柏レイソル
  • 背番号:34番
  • ポジション:DF/MF
  • 身長:179cm
  • 体重:72kg

提携後、初めてのJリーガー

柏レイソルと日本体育大学柏高校は、2015年から相互支援契約を結んでいます。

  • 柏レイソルU-18の選手たちが日体柏に通う
  • 日体柏サッカー部の上手い選手が柏U-18の練習に参加する
  • 柏アカデミーのコーチを日体柏に派遣 など

もうひとつのレイソルアカデミーとして機能すると同時に、日体柏もレイソルメソッドを取り入れています。(参照:Sportiva

相互支援から5年後に”33年ぶりの全国大会出場”を果たした日体柏。

そして、7年後には土屋巧選手が柏レイソルに入団しました。

日体柏高校サッカー部出身のサッカー選手
・広庭輝(現・カナリーニョのコーチ)
・オウイエ・ウィリアム(柏レイソル) など

高い質問力

質問力は、社会人にとって重要なスキルです。

成長のため、他人の意見を聞いて吸収する。

遠慮してしまったり、自分のやり方を貫いてしまったりする人も多いはず。

土屋選手は、高校生の頃から高い質問力を持っています。

練習参加した際には、プロの舞台で活躍する選手たちに臆せずに質問。

  • 高橋祐治に守備対応を聞く
  • 瀬川祐輔にポジショニングについて聞く

常に学ぶ姿勢を持つ土屋選手。

どこかのタイミングで、一気に突き抜けるかもしれません。

土屋巧のプレースタイル

Embed from Getty Images

「守備のオールラウンダー」

土屋選手は、守備面でのプレーが持ち味。

そして、守備的なポジションであればどこでもトップレベルでプレーできます。

  • CB(センターバック)
  • SB(サイドバック)
  • WB(ウィングバック)
  • IH(インサイドハーフ)
  • DH(ディフェンシブハーフ)

プロサッカー選手としては、特段体格が良いわけではありません。

それでも、空中戦の強さ粘り強い守備など、ガッツあるプレーを見せます。

土屋巧の経歴

  • ともぞうSC(宇都宮市立白沢小学校)
  • ヴェルフェたかはら那須
  • ウイングスSC(宇都宮市立古里中学校)
  • 日本体育大学柏高校サッカー部
  • 柏レイソル

小学生時代

小学生時代は、ともぞうSCでサッカーを始めます。

手塚康平選手(現・サガン鳥栖)が育ったチームでプレーした後、ヴェルフェたかはら那須に移籍。

中学生時代

中学生時代は、ウイングスSCでプレーしています。

育成に定評のある東京ヴェルディの8支部のうちの1つ。

栃木県では、2チーム目のヴェルディ公認チームです。

東京ヴェルディ公認支部
・ヴェルディS.S.岩手(岩手県)
・ヴェルディS.S.小山(栃木県)
・ウイングスSC(栃木県)
・ヴェルディS.S.アジュント(東京都調布市)
・Wings(千葉県千葉市)
・ヴェルディS.S.レスチ(東京・千葉)
・ヴェルディS.S.相模原(神奈川県)
・F.C.ヴァーデュア三島(静岡県)

高校生時代

高校生時代は、日本体育大学柏高校サッカー部でプレーしています。

2019年のインターハイにて、35年ぶりに全国大会出場。

とはいえ、まだ1年生のため応援側に回った土屋選手。

自身の全国大会出場はなかったものの、3年時にはキャプテンとしてチームを関東大会出場に導きました。

柏レイソル

2022年に柏レイソルに入団します。

シーズン序盤はカップ戦での出番も限られていましたが、次第に出場機会が増加。

Jリーグ3試合に先発出場し、リーグ終盤には毎試合メンバー入りするようになりました。

まとめ

高卒1年目から出場機会を得た土屋選手。

この選手のプレーには、多くの人が注目しています。

「クラブチームと高校の提携」から生まれた選手が、プロでどんな活躍を見せるのか。

今後の活躍次第では、「クラブチームと高校の提携」が日本中に浸透するかしれません。

柏レイソル日本体育大学柏高校の提携後、プロ1号として語り継がれる選手であることは間違いありません。

サッカー関連の記事を書いています。
【2023年 柏レイソル所属選手】
【2023年J1第1節 柏レイソルvsガンバ大阪】

Follow me!

三協フロンテア柏スタジアムでのサッカーの写真

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって27年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次