当ブログは、一部アフィリエイトプログラムを利用中です。

【10分でわかる】大宮を買収!?レッドブルが経営する5つのサッカークラブ

サッカースタジアムの画像

『レッドブルが経営する5つのサッカークラブ』

2024年2月中旬に報じられた驚きのニュース。

「レッドブルが大宮アルディージャを買収か!?」(参照:スポニチ

レッドブルといえば、誰もが知る飲料メーカー

「翼を授ける」といえば、パッと浮かぶはずです。

Embed from Getty Images

レッドブルは、スポーツクラブ経営でも有名。

サッカーでは、”ドイツ5部リーグのクラブ”を買収し、”8年でブンデスリーガ2位”にまで導いた実績もあります。

そんな企業が大宮を買収したら、どんな未来が待っているのか・・・。

今回は、”レッドブルが経営する5つのサッカークラブ大宮の買収”についてご紹介します。

「もっとサッカーが楽しくなる」をテーマに、ブログを書いています。

【10分以内】で、気軽に読める記事がたくさんあります。

初心者の方も、サッカー通の方も、ぜひ楽しく読んでください。

あわせて読みたい
【2024年度版】Jリーグ60クラブの”背番号10番”を総まとめ 『背番号10番』 「10番」は、サッカーおいて特別な番号。 ”チームのエース”に与えられ、世界を見ても名だたるプレーヤーが背負っています。 メッシ ネイマール モドリッ...
あわせて読みたい
【10分でわかる】レオザって何者?サッカー歴・指導歴について解説 『YouTube界のサッカー分析官』 YouTubeで有名になった、”サッカー分析官”。 元・芸人で、サッカーはほぼ未経験。 プレーの細部までこだわった分析で、サッカー経験者を...
目次

レッドブルが経営するサッカークラブ

Embed from Getty Images

レッドブルは、2005年サッカー界に参入。

ザルツブルグ(オーストリア)の買収を皮切りに、現在は5つのクラブを所有しています。

・2005年:レッドブル ザルツブルグ(オーストリア)
・2006年:ニューヨーク レッドブルズ(アメリカ)
・2009年:RBライプツィヒ(ドイツ)
・2011年:FCリーフェリング(オーストリア2部)
・2019年:レッドブル ブラガンチーノ(ブラジル)

世界各国のクラブを経営しており、中にはCL(チャンピオンズリーグ)に出場する強豪クラブも。

RBライプツィヒ(ドイツ)

2009年、5部リーグ在籍時にクラブを買収。

わずか8年でブンデスリーガへとのし上がり、ブンデス初挑戦で2位に。

以降、毎年のように優勝争いを繰り広げる強豪クラブです。

歴代所属選手
・キミッヒ(ドイツ代表)
・ケディラ(元・ドイツ代表)
・ナビ ケイタ(ギニア代表)
・ファン ヒチャン(韓国代表)
・ヴェルナー(ドイツ代表)
・フォルスベリ(スウェーデン代表)
・シャビ シモンズ(オランダ代表) など

レッドブル ザルツブルグ(オーストリア)

2005年に買収した、レッドブル初のサッカークラブ

リーグ戦10連覇中で、CL(チャンピオンズリーグ)の常連クラブ。

2019-20シーズンには、”ハーランド・南野拓実・ファンヒチャン”3トップが有名に。

Embed from Getty Images

歴代所属選手
・ハーランド(ノルウェー代表)
・サディオ マネ(セネガル代表)
・ウパメカノ(フランス代表)
・ナビ ケイタ(ギニア代表)
・ファン ヒチャン(韓国代表)
・宮本恒靖(元・日本代表)
・三都主アレサンドロ(元・日本代表)
南野拓実(日本代表)
・奥川雅也(元・U-20日本代表) など

あわせて読みたい
【10分でわかる】南野拓実ってどんな選手?プレースタイルと経歴について 「復活を遂げたNo.10」 日本代表の10番(2022年まで) リヴァプール所属 イケメン 人気選手になるのは必然。 2022年W杯では、”日本のエース”として活躍することが既定路...

FCリーフェリングオーストリア2部

Embed from Getty Images

2011年に買収したオーストリア2部のクラブ。

実質的にはザルツブルグのセカンドチームで、若手選手が多く在籍しています。

歴代所属選手
・ウパメカノ(フランス代表)
・ファン ヒチャン(韓国代表)
・奥川雅也(元・U-20日本代表) など

ニューヨーク レッドブルズ(アメリカ)

2006年に買収したMLS(アメリカ)のクラブ。

2010年代には優勝争いを繰り広げており、ベテランの一流選手が多く在籍。

現在は、中位でシーズンを終えることが多いです。

歴代所属選手
・ローター マテウス(元・ドイツ代表)
・ジョルカエフ(元・フランス代表)
・ティエリ アンリ(元・フランス代表)
・ジュニーニョ ベルナンプカーノ(元・ブラジル代表)
・ライト=フィリプス(元・イングランド代表)
・ケーヒル(オーストラリア代表)
・フォルスベリ(スウェーデン代表)
・木村光佑(日本) など

レッドブル ブラガンチーノ(ブラジル)

2019年に買収したブラジルのクラブ。

長年下部リーグでプレーしていましたが、レッドブル参入のシーズンに1部リーグに昇格。

かつては、辛口コメントでお馴染みのセルジオ越後さんもプレーしていたクラブです。

歴代所属選手
・セルジオ越後(日系ブラジル人)
・呂比須ワグナー(元・日本代表)
・アントニオ カルロス ザーゴ(元・鹿島監督) など

※呂比須氏、ザーゴ氏は監督としての在籍。

大宮アルディージャ買収の噂

2024年シーズンより、J3リーグで戦う大宮アルディージャ

「J1残留ラインのコントローラー」とも言われたクラブで、J1在籍は10シーズン以上。

そんなクラブのJ3降格は、大きな話題になりました。

そのタイミングで、更に大きな話題となったのは”レッドブルの大宮買収”の噂。

ここからは、大宮買収が実現した場合に起こりうることを考えてみます。

あくまでも、”可能性”の話です。

強くなる可能性

Embed from Getty Images

元々の親会社は”NTT東日本”

大きな後ろ盾を持ちながらも、2023年にJ3降格が決定しました。

「大きな変化を加える」には、絶好のタイミングかもしれません。

レッドブルは、売上高の1割スポーツビジネスに割いています。(参照:ビジネスジャーナル

特に、ライプツィヒ(ドイツ)「成金の象徴」として嫌われ者だった時期も。(参照:footballista

多額の資金適切なところに使ってくれることは、容易に想像できます。

新たな資本が入って強くなったJクラブ
・ヴィッセル神戸→楽天
・横浜F.マリノス→シティグループ
・FC町田ゼルビア→サイバーエージェント

世界とのコネクション

Embed from Getty Images

すでに5つのクラブの経営権を持つレッドブル

となれば、「大宮の有望な選手は海外へ」という未来も。

特に、2023年に高校生にしてレギュラーの座を掴んだ市原吏音選手はその筆頭候補。

ネガティブな見方をすると”戦力の流出”になりますが、選手からすれば”海外が近づくクラブ”に映るはず。

”海外志向の強い有望選手”が毎年加入するという、良いサイクルができる可能性があります。

それは、トップチームだけでなく、ユースチームにも言えること。

奥抜侃志選手のように、大宮で育って海外に渡り、日本代表入りを果たす選手が現れるかもしれません。

あわせて読みたい
【10分でわかる】奥抜侃志ってどんな選手?プレースタイル・経歴について 「メッシに憧れるドリブラー」 2010年代に”世界最高の選手”に君臨し続けたリオネル・メッシ。 シュート ドリブル パス どれをとっても世界トップ。 サッカー少年だけで...

クラブに起きる変化

Embed from Getty Images

良い変化もあれば、残念な変化も付き物。

これまでのクラブとは、全く違うクラブになる可能性もあります。

クラブ名の変更

レッドブル資本のクラブのほとんどに、”レッドブル”という名称が入っています。

規定の関係で名称を入れられなかったドイツでは、”RBライプツィヒ”というチーム名に。

※RB=レッドブル

クラブカラーの変更

レッドブル資本のクラブは、すべて”赤・白ベース”のユニフォーム。

そして、前面には”雄牛のマーク”

現在は”オレンジ”をクラブカラーとする大宮アルディージャ

もしかしたら、「赤くなる可能性」もあるのかもしれません。

過去を遡ると、ヴィッセル神戸”白黒→クリムゾンレッド”へと変更しています。

あわせて読みたい
【2023年度版】デジっちが行く!J1リーグ18クラブの動画を総まとめ 「2023年度版 デジっち」 シーズン開幕前の楽しみの1つ。 『デジっちが行く!』 やべっちスタジアム(旧・やべっちFC)で毎年放送される、超人気コーナー。 スタジアム...

まとめ

”これまでの大宮”を愛するサポーターからすると、複雑な話かもしれません。

ただ、1人のJリーグファンとしては、海外資本の参入は興味深い話題です。

しかも、”ヨーロッパでの成功”を経験している”レッドブル”

まだ決まった話ではないので、続報を楽しみにしましょう。

あわせて読みたい
【10分でわかる】サッカー好き・経験者として知られる男性芸能人! 「サッカー好き・サッカー経験のある男性芸能人」 テレビやパソコンのモニター越しに活躍する芸能人。 そんな芸能人の中にも、”サッカー好き”として知られる方が大勢い...
あわせて読みたい
【10分でわかる】ルーツは様々!ハーフの日本人サッカー選手 「ハーフの日本代表選手」 「どこの国の人とのハーフなのかな?」 ハーフと思われる顔立ちの方を見ると、そんな疑問を抱きませんか? これまでも、ハーフの選手が日本代...

Follow me!

サッカースタジアムの画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッカーを好きになって26年。
土日のサッカー観戦・フットサルが生きがいです。

サッカー初心者の人が、
”もっと楽しく”観戦できるように。
サッカー雑誌を”もっと楽しく”読めるように。

寄り道をするように、
「ついついサッカーを観てしまう」。
そんなサッカー仲間を増やしたいと思い、
「蹴り道ブログ」を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次