【まるで別人!】柏で育ったSGGK!中村航輔のプレースタイルと経歴

日本代表GK中村航輔の写真

『残念、そこは中村航輔』

中村選手のビッグセーブの直後に、多くの柏サポーターが口にする言葉です。

1vs1に滅法強く、絶体絶命のピンチでも当たり前のようにシュートストップ。

キャプテン翼で例えるなら、まさに「S・G・G・K(スーパーグレートゴールキーパー)

2度の脳震盪で選手生命が危ぶまれるも、不死鳥の如く復活。

現在はポルトガルの地で、守護神としてチームを最後尾から支えています。

今回は、中村航輔のプレースタイルと経歴についてご紹介します。

目次

中村航輔について

Embed from Getty Images
  • 名前:中村航輔(なかむら こうすけ)
  • 生ね月日:1995年2月27日
  • 出身地:東京都北区
  • 所属クラブ:ポルティモネンセSC(ポルトガル)
  • 背番号:32番
  • ポジション:GK
  • 身長:185cm
  • 体重:82kg

別人になった中村航輔

まずは、みなさんがご存知の中村航輔選手です。

Embed from Getty Images

黒髪・短髪の男らしい青年です。

そして次の写真は、渡欧後の現在の中村航輔選手です。

Embed from Getty Images

男らしいを通り越し、ワイルドすぎる見た目に。

この変貌ぶりには多くのサッカーファンも驚き、ネットで大きな話題を呼びました。

迫力が増したことで、「相手にプレッシャーを与える」という意味では役立っているのかもしれません。

22歳でJ1ベストイレブン

Embed from Getty Images

Jリーグで数々のビッグセーブを見せた中村選手。

2017年には、22歳の若さでJ1ベストイレブンに輝いています。

GKは1人しかプレーできないポジションです。

ベストイレブンに選ばれたということは、”1年間で日本で最も優れたGK”であることを意味します。

実際に、2017年には日本代表デビューを果たし、翌年2018年にはロシアW杯メンバー入り

まさに文句なしの受賞となりました。

W杯を戦った、歴代日本代表についてまとめています。
【W杯歴代日本代表の所属クラブ】

ボールを取ったら、クルッと1回転

Embed from Getty Images

中村選手は、ボールをキャッチして味方にパスを繋ぐ前にクルッと1回転します。

これは、GKの後ろで隠れている相手選手を見つけるために行なっています。

相手に気づかずにボールを置いてしまうと、一気に大ピンチに。

それを防ぐために、1回転して周囲をパトロールしています。

大の将棋好き

中村選手の趣味は”将棋”です。

将棋のアプリでの対局は4000局以上。(2017年時点)

柏レイソルのイベントでは、プロ棋士の中村太地さんとの対局も実現。(ハンデあり)

2手3手先を読む将棋は、同じく先を読むサッカーにも生きているかもしれません。

プロ棋士の中村太地さんとの対談は【Number Web】にて読むことができます。

中村航輔のプレースタイル

Embed from Getty Images

「ビッグセーブが当たり前」

中村選手は神懸ったプレーが多すぎて、ビッグセーブをするのが通常運転です。

  • 驚異的な反射神経
  • 1vs1に強い
  • 的確なコーチング

「あ、入った」と感じても、どこからともなく手が伸びてくる。

至近距離からのシュートにも反応し、こぼれ球も自ら対処。

1vs1のピンチでは間合いを詰めるのが上手く、気がつくとシュートコースがなくなっています。

シュートを撃った選手が頭を抱える光景は、もはや日常です。

また、的確なコーチングも光ります。

ピッチ中に響き渡る大きな声で味方を動かし、守備のブロックを上手く形成します。

コロナ禍で観客の声出しが禁止になった際、静かなピッチに”中村航輔の声”が90分間にわたって響き続けていました。

中村航輔の経歴

  • コアラSC(王子区立王子小学校)
  • 柏レイソルU-12
  • 柏レイソルU-15(王子区立王子桜中学校)
  • 柏レイソルU-18(日体大柏高校)
  • 柏レイソル
  • アビスパ福岡
  • 柏レイソル
  • ポルティモネンセSC

小学生時代

中村選手は、小学4年生までコアラSCでプレーしています。

コアラSCは東京都北区のチームで、岡崎慎選手(ロアッソ熊本も輩出しています。

柏レイソル下部組織

Embed from Getty Images

小学5年生で柏レイソルU-12に入団します。

  • 柏レイソルU-15(中学生)
  • 柏レイソルU-18(高校生)

高校3年時にはクラブユースで日本一に。

天皇杯では千葉県予選を突破し、公式戦で『柏レイソルvs柏レイソルU-18』が実現。

史上初の兄弟対決の実現。

「柏の育成 俺たちの宝」という言葉がピッタリです。

また、15歳からは世代別日本代表としてもプレー。

U-17W杯にも出場し、ユース時代から柏だけでなく、日本のゴールマウスも守っています。

2011年 U-17W杯出場メンバー

・中村航輔
・南野拓実
・中島翔哉
・植田直通
・喜田拓也
・川口尚紀  など

柏レイソル

2013年に柏レイソルに入団します。

当時のレイソルは第1次ネルシーニョ政権

毎年タイトルを獲得する黄金時代で、なかなかチャンスの機会に恵まれず。

守護神を務めていた菅野孝憲選手(現・北海道コンサドーレ札幌)の壁は高く、2年間で出場機会はありませんでした。

アビスパ福岡

Embed from Getty Images

2015年にアビスパ福岡に加入します。(期限付き移籍)

井原正巳監督(現・柏レイソルコーチ)の元、スタメンの座を獲得。

プレーオフの末、J1昇格を果たします。

西日本スポーツが募った「サポーターが選ぶ”アビスパ福岡歴代ベストイレブン”」のGKには中村航輔の名前が。(参照:西日本スポーツ

1年の在籍ながらも、サポーターの心をガッチリと掴みました。

中村航輔選手の右後ろには、日本代表の冨安健洋選手(アーセナル)も映っています。

柏レイソル

Embed from Getty Images

2016年に柏レイソルに復帰します。

中村選手と入れ替わる形で菅野孝憲選手が退団。

「J2で活躍したとはいえ、J1経験は0。大丈夫なの?」というサポーターの不安は、すぐに吹き飛びます。

ビッグセーブでチームのピンチを防ぎ、「チームを勝たせるGK」に。

  • 2016年:リオ五輪出場
  • 2017年:J1ベストイレブン
  • 2018年:ロシアW杯メンバー選出

2018年には1年間に2度の脳震盪という不運もありましたが、まさに日本を代表する守護神へと飛躍を遂げました。

2020年には、キム・スンギュ選手が加入。
”日韓の代表GKが同じチーム”という非常に贅沢な陣容でした。

ポルティモネンセ(ポルトガル)

Embed from Getty Images

2021年1月にポルティモネンセに加入します。

コーチング重要なGKということもあり、言葉の影響もあって出場機会を得られず。

3シーズン目となった2022-23シーズン、それまでの正GKがポルトガル3大クラブのFCポルトに移籍。

とうとう回ってきた出番で、中村選手はビッグセーブを連発。

ポルトガルリーグでセーブ率No.1。(2023年1月時点)

中村航輔が、ポルトガルでも輝きを放ち始めました。

サッカーの放映権についてもまとめています。
「どのリーグがどこで見れるのか」をご確認ください。

【2022-23シーズン サッカー放映権を総まとめ】

まとめ

  • 2017年J1リーグMVP
  • 2018年ロシアW杯メンバー入り

2018年W杯終了時点では、「2022年カタールW杯の守護神は中村航輔」と予想する人も大勢いました。

しかし、度重なるアクシデント海外で出場機会を得られない時期もあり、いつしか日本代表からも遠ざかっていきました。

どんなトラブルがあっても不死鳥のように立ち上がり、自分のいるべき場所に返り咲く。

試合に出ればビッグセーブを連発し、チームに勝利をもたらす。

2年半の時を経て、”守護神・中村航輔”が帰ってきました。

日本代表への復帰も、時間の問題です。

中村航輔選手と同じく、日本代表の守護神候補についてまとめています。

【カタールW杯守護神・権田修一】
【197cmの大型GK・シュミットダニエル】

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次