【2023年移籍】左利きの狂犬が柏に!高嶺朋樹のプレースタイルと経歴

柏レイソルのエンブレムの写真

2023年シーズンより柏レイソルに移籍することになった高嶺朋樹選手

コンサドーレ下部組織出身の生え抜き選手で、サポーターからの人気も抜群。

それゆえに、”高嶺の柏への移籍報道”には多くのサッカーファンが驚き、コンサドーレサポーターからは悲しみの声が。

大卒1年目でレギュラーを掴み、Jリーグでは3年間で94試合に出場。

今後、”日本代表入り”も狙えるポテンシャルを秘めています。

今回は、”高嶺朋樹選手のプレースタイルとこれまでの経歴”をご紹介します。

目次

高嶺朋樹について

  • 名前:高嶺朋樹(たかみね ともき)
  • 生年月日:1997年12月29日
  • 出身地:北海道札幌市
  • 所属クラブ:柏レイソル
  • 背番号:5番
  • ポジション:MF
  • 身長:177cm
  • 体重:74kg

札幌の人気選手

高嶺選手は、コンサドーレ札幌の下部組織に9年間、プロとして3年間(1年間の二種登録期間は除く)の計12年間所属していました。

試合での活躍ももちろんですが、生え抜きということもありサポーターからの人気は絶大。

2022年度のユニフォーム人気ランキングでは3位に輝いています。

小野伸二に弟子入り

Embed from Getty Images

日本が誇る天才といえば、札幌に所属する”小野伸二選手”です。

現在は出場機会こそ限られていますが、練習への取り組み方基本的なプレーひとつとっても若手の参考になる選手です。

高嶺選手は天才小野伸二から、特に攻撃面でのプレーを学んだと言われています。

小野選手も雑誌のインタビューにて、「高嶺選手に注目してほしい」というコメントを残しています。(参照:Sportivaより)

三笘薫の同期

Embed from Getty Images

高嶺選手と三笘薫選手筑波大学の同期です。

ジャイアントキリングで注目を集めた天皇杯には共に出場し、プロからの大きな注目を集めました。

三笘選手はカタールW杯で”圧倒的な個の力”を披露。

同期の活躍に刺激を受け、”同じブルーのユニフォームを着ること”を意識しているはずです。

高嶺朋樹のプレースタイル

Embed from Getty Images

普段は笑顔の多い高嶺選手。

ピッチに入ると、”狂犬”と言われるほど激しいプレーを披露し、そのギャップに驚く人も多いです。

球際の強さ

球際の競り合いに強く、イーブンのボールを奪い切ります。

屈強な外国人相手にも躊躇なく突っ込むプレーを見ると、”世界との戦い”でも活躍する姿が目に浮かびます。

プレー強度は、現時点でも世界基準に近いと言える選手です。

左足のキック精度

利き足である左足からは、美しい軌道を描いたパスが繰り出されます。

後方からのピンポイントのロングフィードサイドチェンジは、かつてレイソルで活躍した日本代表”中山雄太選手”を彷彿とさせます。

高嶺選手の幼少期の憧れの選手はキックの名手”デイヴィット・ベッカム”

キックへのこだわりがあり、その一振りがチャンスをもたらすことは間違いありません。

2021年10月に、J1月間ベストゴール賞を獲得しています。

高嶺朋樹のこれまでの経歴

  • 網走市サッカースポーツ少年団
  • 真駒内南サッカー少年団
  • コンサドーレ札幌U-12
  • コンサドーレ札幌U-15(札幌市立真駒内中学校)
  • コンサドーレ札幌U-18(私立札幌藻岩高校)
  • 筑波大学
  • 北海道コンサドーレ札幌
  • 柏レイソル

小学生時代

高嶺選手は札幌市で生まれ、小学生の頃に2年間網走で暮らしています。

網走市サッカースポーツ少年団でサッカーを始め、2年生にして5年生チームに混ざってプレーすることもありました。

札幌市に戻る際に、コーチからは「コンサドーレのセレクションを受けた方が良い」という助言を受け、小学校4年時にセレクションに参加。

見事合格を勝ち取り、コンサドーレ札幌の下部組織に入団します。

幼少期については、播戸竜二さんのYouTubeチャンネル・「播戸竜二のおばんざい屋」にて詳しく語られています。【YouTubeを配信している元Jリーガーたち】

コンサドーレ札幌ユース時代

コンサドーレ札幌U-12に入団以降、順調にステップアップ。

コンサドーレ札幌U-15コンサドーレ札幌U-18に昇格し、背番号10番を背負ってプレーしています。

クラブユースでは、中学時代は全国ベスト16高校時代はベスト8という好成績を残しますが、高嶺選手本人は世代別代表とは無縁でした。

筑波大学蹴球部

Embed from Getty Images

大学時代、筑波大学蹴球部でプレーしています。

大学2年時の天皇杯では、ベガルタ仙台アビスパ福岡を撃破。

その後、大学4年時にはコンサドーレ札幌の二種登録選手としてルヴァン杯に出場。

ユニバーシアード日本代表にも選出されました。

筑波大学蹴球部の同期
三笘薫(ブライトン・イングランド)
・山川哲史(ヴィッセル神戸)
・阿部航斗(アルビレックス新潟)

北海道コンサドーレ札幌

Embed from Getty Images

2020年に北海道コンサドーレ札幌に入団し、即座にレギュラーを獲得。

3年間の在籍でJリーグ94試合に出場。

高嶺朋樹、田中駿汰、金子拓郎の大卒トリオが躍動し、Jリーグファンからは大きな注目を集めます。

柏レイソル

2023年シーズンより、柏レイソルに完全移籍することが発表されました。

柏レイソルには筑波大学出身選手も多く、戸嶋祥郎選手とは大学時代に共にプレーしています。

札幌時代は福森選手という絶対的なキッカーがいたことで、高嶺選手がセットプレーのキッカーを務めることは多くありませんでした。

球際の強さ・ハードワークができる点はネルシーニョ監督好みの選手であることは想像できますが、もしかするとキッカーとしての期待があっての獲得かもしれません。

柏レイソルの筑波大学出身者
・井原正巳コーチ
三丸拡
戸嶋祥郎
・加藤匠人
・森海渡

北海道コンサドーレ札幌の西大伍選手のYouTubeチャンネルにて、高嶺選手の移籍について語られています。
【YouTube配信中のJリーガー】

まとめ

”日本と海外のサッカーの違い”を聞かれた際、「球際の強さ」と答える海外経験者は非常に多いです。

テレビ越しで見てもその差は歴然で、ひとつのプレーの激しさや迫力が違います。

その点を考えると、球際の強さに定評がある高嶺選手は世界に近いプレーヤーかもしれません。

若くしてJリーグでの出場試合の多い高嶺選手に対し、レイソルサポーターは大きな期待を抱いています。

まずはレギュラー争いを勝ち抜き、試合で勝ち抜くことで日本代表への道が近づき、「柏から世界へ」を体現する選手になってくれるはずです。

高嶺選手が”よりビッグな選手”になることこそ、レイソルサポーターだけでなく、コンサドーレサポーターをも喜ばせることになります。

柏レイソル新加入選手についてまとめています。
【2023年 柏レイソル新加入選手】

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次