【ロマン溢れるDF】柏に新加入!立田悠悟のプレースタイルとこれまでの経歴

柏レイソルのエンブレムの写真

ロマン溢れるDF(ディフェンダー)。

  • 191cmの身長
  • 身体能力の高さ

そんな特徴から、”ロマンがある選手”として10代の頃から注目を浴びてきました。

世代別代表の常連で、21歳で日本代表デビュー

将来を期待され続けた立田選手は、”地元の清水”を離れ、柏レイソルへの移籍を決断しました。

日本トップクラスの才能が、どんな成長を見せるのか。

今回は、立田悠悟選手のプレースタイルと経歴をご紹介します。

目次

立田悠悟について

Embed from Getty Images
  • 名前:立田悠悟(たつた ゆうご)
  • 生年月日:1998年6月21日
  • 出身地:静岡県静岡市(清水区)
  • 所属クラブ:柏レイソル
  • 背番号:50番
  • ポジション:DF/MF
  • 身長:191cm
  • 体重:83kg

コパアメリカで日本代表デビュー

Embed from Getty Images

立田選手は世代別日本代表の常連で、17歳の頃から日の丸を背負ってプレーしています。

東京五輪世代中心で臨んだ2019年のコパアメリカで日本代表デビューを果たし、世界トップを相手にしのぎを削りました。

残念ながら東京五輪は落選しましたが、そのポテンシャルは抜群です。

古賀太陽と仲良し

立田選手は、柏レイソルのキャプテン・古賀太陽選手と仲良しです。

両名ともに世代別代表としてプレーし、OFFの日には柏と清水の距離でも遊ぶほどの仲。

新天地の柏レイソルに馴染むのも早いかもしれませんね。

プロデビューはルヴァン杯柏レイソル戦

Embed from Getty Images

立田選手のプロデビューは18歳。

プロ1年目に、日立台で初出場を飾りました。

2023年からは、デビューを果たしたスタジアムがホームスタジアムに変わります。

立田悠悟のプレースタイル

Embed from Getty Images

ロマン溢れるDFとして、サッカーファンの心をくすぐり続ける立田選手。

将来を嘱望されながらも、失点に絡むミスをしてしまう。

いわゆる”ポカ”の多さも目立ちます。

それでも期待しまうのは、日本を代表するDFになれるポテンシャルを秘めているからです。

空中戦の強さ

191cmの長身で、ジャンプ力もある立田選手は、空中戦で無類の強さを誇ります。

セットプレーでは、攻守に渡って頼れる存在です。

高身長が多いことで有名なドイツ代表のW杯メンバーの平均身長は185cm

ドイツ代表の平均身長を6cmも上回り、世界的に見ても体格に恵まれた選手です。

日本代表の大金星についてまとめています。
【日本代表のドイツ撃破はどれほど凄いのか】

身体能力の高さ

体格の良い立田選手ですが、スピードも一級品です。

SB(サイドバック)としてプレーすることもあり、迫力のある攻撃参加を見せます。

また、「間に合わない」と思うようなシーンでも相手に追いついてしまう頼れる存在です。

両足からの高精度なフィード

立田選手は右利きの選手ですが、左足でも質の高いキックを披露します。

後方からのロングフィードはピンポイントで味方の足元に収まり、キック一振りでチャンスを作り出します。

サイドからのクロスも正確で、”使う側”にも”使われる側”にもなれる選手です。

立田悠悟のこれまでの経歴

  • 入江SSS
  • 清水クラブ(静岡市立清水入江小学校)
  • 清水エスパルスジュニアユース(静岡市立清水第八中学校)
  • 清水エスパルスユース(静岡県立清水西高校)
  • 清水エスパルス
  • 柏レイソル

小学生時代

小学生時代、入江SSS清水クラブでプレーしています。

立田選手は清水エスパルスのホームタウンで生まれ育ちました。

この頃はDFではなく、FWとしてプレーしています。

入江SSSは、2016年に静岡県大会で初優勝を飾りました。

中学生時代

中学生時代は、清水エスパルスジュニアユースでプレーしています。

今でこそ高身長の立田選手ですが、中学入学時は159cm

中学1年生の平均身長は153cmで、”平均よりも少し大きい”くらい。

そこから急成長し、中1:159cm→中3:185cmに。

急成長によってプレーに影響が出る時期があったものの、全国大会でベスト8の結果を残しています。

高校生時代

高校時代は、清水エスパルスユースでプレーしています。

1年生の冬ごろから試合に絡み、3年生時にはキャプテンに就任。

クラブユース準優勝に導き、トップチーム昇格を勝ち取ります。

世代別日本代表にも選ばれ、”エリート街道”を歩んできたように思えるキャリアです。

しかし立田選手本人は、「ユースもトップも”ギリギリで昇格してきた”」と語っています。

清水エスパルス

Embed from Getty Images

2017年に清水エスパルスとプロ契約を結び、6年間プレー。

2年目からポジションを獲得し、毎年30以上の公式戦に出場しています。

本職のCB(センターバック)以外にも複数ポジションでプレー。

  • CB
  • 右SB(サイドバック)
  • ボランチ

2022年にチームのJ2降格が決定し、生まれ育った清水を離れる決断をします。

柏レイソル

2023年度より、柏レイソルに加入します。

プロ6年目を迎え、初めての移籍となります。

若手の頃の活躍を見て、日本代表としてカタールW杯を戦っている姿を想像していたサッカーファンも多いはず。

柏レイソルには、ネルシーニョ監督井原正巳コーチという守備を知り尽くした指導者がいます。

今回の移籍が、立田選手の飛躍につながるはずです。

Jリーグは、DAZNにて視聴可能です。

あわせて読みたい
【2022-23シーズン】DAZNで見れるリーグ戦・サッカー番組を総まとめ 「2022-23シーズン、DAZNではどこの国のリーグが観れるんだろう。」 そんな疑問を抱いていませんか? この記事では、DAZNではどこの国のサッカーが観れるのかを、各リーグの魅力と共にご紹介します。

まとめ

プロ生活も7年目を迎え、”期待の若手”から”中堅”になる立田選手。

DFには大器晩成の選手も多く、ここからの成長はまだまだ望めます。

移籍に際し、「覚悟を持って戦う」とコメントした背景には、再び世界と戦うことへの想いも強いはず。

4年後にサムライブルーのユニフォームを着てW杯のピッチに立つためにも、レイソルでの活躍が必要不可欠です。

2023年に柏レイソルに加入する選手たち

【高嶺朋樹について】

【仙頭啓矢選手について】

【山田康太について】

【片山瑛一について】

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次