元JリーガーがYouTuberに!YouTube配信中の往年のサッカー選手まとめ

Jリーグのエンブレムの写真

往年の名プレーヤー達が、YouTubeで動画を配信しているのをご存知ですか?

サッカー選手は、老若男女問わず、多くの人々に感動と熱狂をもたらす憧れの職業です。

男子小学生の将来なりたい職業ランキングでは、サッカー選手が堂々の1位に輝いています。(日本FP協会調べ)

しかも、6年連続でサッカー選手が1位をキープし続けています。

それ程までに人気のサッカー選手ですが、これまでは選手の生の声を聞ける機会はあまりありませんでした。

  • テレビでのインタビュー
  • ニュースなどでの特集
  • 試合後のヒーローインタビュー

パッと思いつくのは、これくらいでしょうか。
しかも、インタビューの時間も2,3分程と短いことが大半です。

これでは、1人のサッカー選手の本来の姿や性格は、メディアに流れる噂によって左右されてしまいます。

そんな中、ここ数年でサッカー選手の本音をたくさん聞けるようになりました。

それは、YouTubeです。

2020年頃から、YouTube界へのサッカーコンテンツ増加が際立っています。

特に、元Jリーガーが解説業などの傍らYouTubeを配信し、サッカーについて、現役時についてを赤裸々に語っています。

大のサッカー好きの私は、テレビやタブレットにかじりつくようにYouTubeを見てしまいます。

そんな私のようなサッカー好きのために、YouTube配信中の元Jリーガーについてまとめました

特に、30歳以上の方にとっては、”エモい”と感じる選手がたくさんいるはずです。

ところで、サッカー選手へのインタビューといえば「やべっちFC」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

2020年に放送が終了したやべっちFC

現在は DAZN にて、「やべっちスタジアム」として放送中です。

ちなみに、放送時間も放送内容もパワーアップしています。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【2022-23シーズン】DAZNで見れるリーグ戦・サッカー番組を総まとめ 「2022-23シーズン、DAZNではどこの国のリーグが観れるんだろう。」 そんな疑問を抱いていませんか? この記事では、DAZNではどこの国のサッカーが観れるのかを、各リーグの魅力と共にご紹介します。
目次

YouTubeを配信している元Jリーガー

何万人という観客の前でプレーしていたサッカー選手。

現在はフィールドを変え、YouTubeでも躍動する13人の元Jリーガーをご紹介します。

※現役JリーガーでYouTubeを配信している選手も大勢います。

あわせて読みたい
【Jリーガー&YouTuber】YouTubeを配信している現役サッカー選手まとめ 最近、テレビに取って代わるかのごとく勢いが増しているYouTube。 WINNER'Sのように、YouTube界を賑わすサッカー系YouTuberの数も確実に増えています。 そんな中、現役J...

那須大輔

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • 横浜F・マリノス
  • 東京ヴェルディ
  • ジュビロ磐田
  • 柏レイソル
  • 浦和レッズ
  • ヴィッセル神戸

ポジション

DF/MF

獲得タイトル

  • Jリーグ
  • ナビスコ杯(現・ルヴァン杯)
  • 天皇杯
  • ACL

主な代表暦

  • アテネ五輪日本代表

魂のディフェンスで多くのタイトルをもたらしたDF。
空中戦に強く、セットプレー時には攻撃でも相手の脅威となっていました。

個人タイトルとしては、ベストイレブン1回、新人王を獲得しています。

YouTubeチャンネル名:那須大輔/Daisuke Nasu

登録者数:40.9万人(2022年8月現在)

現役中にYouTubeを始めた元JリーガーYouTuberのパイオニア。

  • 現役選手や引退した選手を呼んでの対談
  • スタジアムでのVlog
  • サッカー対決
  • サッカーチームへの練習参加

多くの企画にチャレンジし、サッカー界を盛り上げています。

今話題のサッカーチーム・WINNER’Sの監督も務めています。

鈴木啓太

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • 浦和レッズ

ポジション

MF

獲得タイトル

  • Jリーグ
  • ナビスコ杯(現・ルヴァン杯)
  • 天皇杯
  • ACL

主な代表暦

  • 日本代表(2006-2008年)
  • アテネ五輪予選日本代表

浦和レッズで15年間プレーした守備職人。
浦和サポーターからも非常に人気のある選手でした。

個人でも、2度のJリーグベストイレブンに輝いています。

現在はAuB株式会社(腸活に関する会社)の代表取締役を務めています。

YouTubeチャンネル名:鈴木啓太/Keita Suzuki

登録者数:20万人(2022年8月現在)

現役日本代表選手をはじめ、大勢のサッカー選手との対談を行っています。

選手の経歴をゲストと共に紐解いていく、サッカーファン大喜びの内容です

選手だけでなく、高校サッカーの監督など、サッカーに携わる人たちの話が聞ける点も特徴のひとつです。

戸田和幸

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • 清水エスパルス
  • トッテナム(イングランド)
  • ADOデン・ハーグ(オランダ)
  • 清水エスパルス
  • 東京ヴェルディ
  • サンフレッチェ広島
  • ジェフ千葉
  • 慶南FC(韓国)
  • ザスパ草津
  • FC町田ゼルビア
  • ウォーリアーズFC(シンガポール)

ポジション

MF

獲得タイトル

  • 1999年Jリーグ2ndステージ制覇

主な代表暦

  • 日本代表(2002年日韓W杯出場)

相手の攻撃を徹底的に潰すクラッシャー。

日韓W杯ではトルコ戦で1得点。
赤のトサカ頭でも有名になりました。

現在はサッカー解説者として、理路整然とした喋りを披露。
現役時代のプレーとのギャップに、驚いたのは私だけではないはずです。

YouTubeチャンネル名:戸田和幸「SHIN_KAISETSU」

登録者数:9.8万人(2022年8月現在)

現在、人気No.1解説者の試合総括をYouTubeでも聞くことができます。

Jリーグだけではなく、日本代表や海外サッカーの総括も行っています。

もっとサッカーを詳しく知りたい人には最適なチャンネルです

中田英寿

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • ベルマーレ平塚
  • ペルージャ(イタリア)
  • ASローマ(イタリア)
  • パルマ(イタリア)
  • ボローニャ(イタリア)
  • フィオレンティーナ(イタリア)
  • ボルトン(イングランド)

ポジション

MF

獲得タイトル

  • アジア・カップウィナーズカップ(現・ACL)
  • セリエA(ローマ時代)
  • コッパ・イタリア(パルマ時代)

主な代表暦

  • 日本代表(98年フランスW杯、2002年日韓W杯、2006年ドイツW杯出場)
  • シドニー五輪日本代表

当時世界最強リーグだったイタリア・セリエAで躍動した日本代表。

世界選抜にも入り、世界トッププレイヤーの仲間入りをした初めての日本人。

「中田の活躍によって、日本人選手が世界に評価され始めた」ほどの存在です。

7月にパリサンジェルマンが日本に来日した際、セルヒオラモス選手の方から中田さんに握手を求めていました。

YouTubeチャンネル名:Hidetoshi Nakata Official

登録者数:9.2万人(2022年8月現在)

中田さんが歴代の所属クラブを訪問しながら、思い出を語るチャンネルです。

中田さんのプレー集もたくさんあり、自分で懐かしむのはもちろんのこと、「こんなに凄い選手がいたんだよ」と子供に見せたくなること間違いありません

城彰二

Embed from Getty Images

現役時所属クラブ

  • ジェフ市原(現・ジェフユナイテッド千葉)
  • 横浜F・マリノス
  • バリャドリード(スペイン)
  • ヴィッセル神戸
  • 横浜FC

ポジション

FW

獲得タイトル

  • 2000年Jリーグ1stステージ制覇

主な代表暦

  • 日本代表(98年フランスW杯出場)
  • アトランタ五輪日本代表

鹿児島実業高校時代から名を馳せていた元日本代表FW。

プロ入りからスペイン移籍までの6年間で、5度の2桁得点を記録しています。

YouTubeチャンネル名:【元日本代表 城彰二】JOチャンネル

登録者:7.15万人(2022年8月現在)

城さんが90年代の日本代表の裏話や、自身の移籍の経緯などを語っています。

試合だけでなく、オフにどんなことをしているかなど、ファンが知りたいことを知れるチャンネルです。

当時どんな車に乗っていた、誰と仲が良かったなど、テレビでは語れないような話も多いです。

闘莉王(トゥーリオ)

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • サンフレッチェ広島
  • 水戸ホーリーホック
  • 浦和レッズ
  • 名古屋グランパス
  • 京都サンガ

ポジション

DF

獲得タイトル

  • Jリーグ
  • 天皇杯
  • ACL

主な代表暦

  • 日本代表(2010年南アフリカW杯出場)
  • アテネ五輪日本代表

ブラジルから日本に帰化し、5年間に渡って日本代表としてプレーした闘将。

JリーグMVP1回、ベストイレブン9回と、Jリーグ史でもトップクラスの実績です。

魂のこもったディフェンスに加え、劇的なゴールでチームを救うことも多々ありました。

YouTubeチャンネル名:闘莉王TV

登録者数:6.6万人

冒頭の「へいへいへい!日本の皆様〜」から始まるトゥーリオ節は見応え十分です。

日本代表や浦和レッズの試合などを、歯に衣着せず、本音で解説します。

ブラジルの地元のサッカーの様子や、利きビール対決などの企画動画があることも。

セルジオ越後さん並みの毒舌を披露しますが、活躍した選手を讃えることも忘れません。

福西崇史

Embed from Getty Images

現役時所属クラブ

  • ジュビロ磐田
  • FC東京
  • 東京ヴェルディ

ポジション

MF

獲得タイトル

  • Jリーグ制覇

主な代表暦

  • 日本代表(2006年ドイツW杯出場)

Jリーグ・ベストイレブンに4度も輝いたイケメンMF。

「海外組」という言葉が使われ始めた2004年頃、激戦区である日本代表MFを「国内組」として定位置を確保しました。

現在はNHK系列の解説者としても活躍しています。

見た目とは裏腹に、ファールすれすれの際どいプレーをすることも。
ネットでは、「さわやかヤクザ」と呼ばれることもありました。

YouTubeチャンネル名:【公式】福西崇史 福ちゃんねる

登録者数:3.6万人(2022年8月現在)

ともに日本代表として闘った仲間との対談や、日本代表の試合を独自の目線で解説をします。

また、福西さんはPKが非常に上手く、元プロ選手や女子サッカーの選手との対決企画もよく行われています。

増嶋竜也

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • FC東京
  • ヴァンフォーレ甲府
  • 京都サンガ
  • 柏レイソル
  • ベガルタ仙台
  • ジェフ千葉

ポジション

DF

獲得タイトル

  • Jリーグ
  • ヤマザキナビスコ杯(現・ルヴァン杯)
  • 天皇杯

主な代表暦

  • 世代別日本代表

市立船橋高校時代から選手権のスターとして活躍したDF。

闘志みなぎるディフェンスで、数多くのピンチを救ってきました。

現在は市立船橋高校でコーチをしつつ、柏レイソルのイベントに参加することもあります。

柏レイソル在籍時は、ジョルジワグネルさんと仲良しでした
ちなみに、現在は連絡がつかないそうです。

YouTubeチャンネル名:増嶋家ちゃんねる。

登録者数:3.6万人(2022年8月現在)

増嶋家4人でチャンネルを配信しています。

サッカー選手との対談はもちろん、奥様である潮田玲子さんの芸能界・他の競技の友人とのトーク企画もあります。

播戸竜二

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • ガンバ大阪
  • コンサドーレ札幌
  • ヴィッセル神戸
  • ガンバ大阪
  • セレッソ大阪
  • サガン鳥栖
  • 大宮アルディージャ
  • FC琉球

ポジション

FW

獲得タイトル

  • ヤマザキナビスコ杯(現・ルヴァン杯)
  • 天皇杯

主な代表暦

  • 日本代表(2006-2008)

どのチームに所属しても、泥臭く得点を決め続けたストライカー。

播戸さんがゴールを決めると、チームがより一層盛り上がるほどのパワーと明るさを持った選手でした。

重要な局面でのゴールが多く、記録よりも記憶に残る選手です。
2008年の天皇杯決勝でのゴールは、播戸さん自身の中でもベストゴールのひとつのようです

YouTubeチャンネル名:播戸竜二のおばんざい屋

登録者数:3.3万人(2022年8月現在)

サッカー選手を呼んでの対談や、播戸さん自身の思い出を語る企画が人気です。

また、日本サッカー協会の田嶋幸三さんやJリーグクラブの元社長をゲストに呼ぶなど、チーム運営の裏側も知ることができます。

中山雅史

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • ジュビロ磐田
  • コンサドーレ札幌
  • アスルクラロ沼津

ポジション

FW

獲得タイトル

  • Jリーグ
  • ヤマザキナビスコ杯
  • 天皇杯
  • アジアクラブ選手権(現・ACL)

主な代表暦

  • 日本代表(98年フランスW杯、2002年日韓W杯出場)

W杯で初めて得点を決めた日本人となったストライカー。

自分ごとゴールに入るような闘志の持ち主で、J1通算157ゴールを記録。

明るいキャラクターで、今でもテレビ出演することもあるスタープレーヤーです。

中山さんはサッカーにおけるギネス記録を持っています。
・1999年のJ1リーグにて、4試合連続ハットトリック達成。(2006年に記録は更新されています)
・国際試合において、試合開始から3分間でハットトリック達成。

YouTubeチャンネル:【公式】ゴン中山チャンネル 中山雅史

登録者数:2.6万人(2022年8月現在)

中山さんは現在ジュビロ磐田のコーチを務めており、試合の総括を配信しています。

チームスタッフ目線でのトークで、ジュビロサポーターには特に嬉しい内容です。

水内猛

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • 浦和レッズ
  • ブランメル仙台(現・ベガルタ仙台)

ポジション

FW

獲得タイトル

主な代表暦

個人技よりも、動き出しで勝負するタイプのワンタッチゴーラー。

1993年のJリーグ開幕当初、福田正弘さんらと共に、下位に低迷する浦和レッズを支え続けました

引退後は芸能事務所のホリプロに所属し、スポーツキャスターを務めています。

YouTubeチャンネル:水内猛のオフサイドぎりぎり!

登録者数:1.6万人

元サッカー選手を招き、お酒を飲みながらまったりとトークを配信しています。

浦和レッズ愛に溢れており、浦和レッズにゆかりのある方の出演が多いです。

中澤佑二

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • ヴェルディ川崎(東京ヴェルディ)
  • 横浜F・マリノス

ポジション

DF

獲得タイトル

  • Jリーグ
  • 天皇杯

主な代表暦

  • 日本代表(2006年ドイツW杯、2010年南アフリカW杯出場)
  • シドニー五輪日本代表

ボンバーヘッドを揺らしながら、12年間に渡って日の丸を背負った長身DF

強靭な体で相手選手を弾き飛ばし、セットプレーでは数々のゴールも決めてきました。

J1通算593試合、日本代表としても110試合に出場。

高校卒業後に単身ブラジルに渡り、その後ヴェルデイの練習生からスタートした苦労人です。
現在はラクロスのコーチを務めています。

YouTubeチャンネル名:中澤佑二公式チャンネル

登録者数:1.4万人(2022年8月現在)

サッカーだけでなく、他競技のアスリートとの対談や農作業体験などにチャレンジしています。

中澤さんの明るいキャラクターもあり、楽しい雰囲気での配信ばかりで、こちらも元気をもらえるような内容です。

中島崇典

Embed from Getty Images

現役時の所属クラブ

  • 湘南ベルマーレ
  • 横浜FC
  • アビスパ福岡
  • 柏レイソル
  • 横浜FC
  • ガイナーレ鳥取

ポジション

DF

獲得タイトル

  • J1リーグ優勝(2011年)

主な代表暦

J2からの昇格後、即J1優勝を成し遂げたレイソルにおいて、ムードメーカーとしてチームを盛り上げたDF。

国立での鹿島戦、レアンドロ・ドミンゲスの決勝点へのアシストはレイソルサポーターの目に焼き付いています。

引退後、サッカー用品を製造する株式会社エシェルの代表を務めています。
また、サッカースクールで子供達への指導にも励んでいます。

YouTubeチャンネル名:元Jリーガー・中島 崇典

登録者数:約6000人(2022年8月現在)

主にショート動画にて、サッカー技術向上に役立つ動画を配信しています。

短い時間ながらもわかりやすく、プロサッカー選手を目指す子供達やサッカーやフットサル初心者に見てほしい動画です。

まとめ

今回は、元Jリーガー13名のYouTubeチャンネルをご紹介しました。

どの動画も個性溢れ、サッカー選手の”ひととなり”がよくわかるチャンネルです。

ただ、どのチャンネルにも共通して、同じ想いが宿っているように感じます。

それは、「サッカー界を盛り上げたい」という想いです。

「自分がお世話になった日本サッカー界への恩返し」、そして「日本がサッカー強豪国への仲間入りを果たして欲しい」という想いが間違いなくあるはずです。

今回ご紹介した元サッカー選手のYouTubeチャンネルは、サッカーファンならば間違いなく楽しめる内容です。

サッカーを詳しくない方にとっても、サッカー好きになるためのキッカケにもなります。

この記事を読んでくださったあなたに動画を楽しいと共に、ぜひあなたの周りの方にも教えてあげてください。

その結果、日本のサッカーがより一層の盛り上がりを見せたら最高です

2022年W杯が11月に迫っています。
今大会は、ABEMA TVで全試合無料中継されます。

自宅でも、出先でもW杯を楽しみましょう。

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次