【2022年J1リーグ】前半戦17試合が終了!”上位9チーム”の注目の選手をチェック!

Jリーグのエンブレムの写真

6/18にJリーグDivision1(以後、J1)の第17節が行われ、2022年度のJ1リーグの前半戦が終了しました。
※第15節のガンバ大阪vsサンフレッチェ広島が延期になっており、6/29に行われます。

2022年J1前半戦では、大波乱が起きました。

横浜Fマリノス鹿島アントラーズ前評判通りの強さを見せているものの、現在2連覇中の王者川﨑フロンターレがまさかの3位という意外な結果となっています。

それとは反対に、シーズン前のサッカー記者が降格候補にも挙げていた柏レイソルが4位サガン鳥栖が8位京都サンガFCが9位と高順位につけています。

現状は大波乱が起きているJ1リーグですが、1シーズンは34試合なので、あと17試合も残っています。
前半戦の順位をもとに、後半戦に向けて補強に動いているチームも複数あり、後半戦の順位は全くよめません。

そこで今回は6/25から始まるJ1後半戦に向けて、前半戦の上位9チームのかんたんな総括”個人的な”後半戦の注目したい選手をご紹介します。

後半戦に巻き返しを狙う下位9チームについてはこちらに記載しています。
合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
【2022年J1リーグ】前半戦を総括!巻き返しを図る”下位9チーム”の注目選手をチェック! 6/18にJリーグDivision1(以後、J1)の第17節が行われ、2022年度のJ1リーグの前半戦が終了しました※第15節のガンバ大阪vsサンフレッチェ広島が延期になっており、6/29に...

また、2022年 J1の夏の移籍情報はこちらにまとめています。

あわせて読みたい
【2022年Jリーグ】移籍期限は8月12日!夏のJリーグ移籍情報まとめ 【2022年j1リーグ 夏の移籍情報まとめ】 2022年のJ1リーグも残りは10試合ほど。 優勝争い、残留争いともに熾烈な争いを極めています。 どのチームの目標を達成するためにも積極的な補強を行い、チーム力upを目指しています。

難しい内容ではないので、サッカー初心者の方も安心して読んでみてください。
注目選手には、初心者でも知っているであろう選手も選出しています。

目次

2022年J1リーグ前半戦の総括と後半戦の注目選手

2022年J1リーグ前半戦の順位は以下の通りです。

2022年J1リーグ前半戦の順位表
6/23時点での暫定順位です。未消化試合はガンバ大阪vsサンフレッチェ広島は6/29に行われます。

ここからは、J1リーグ18チームのうち、上位9チームについてご紹介します。

勝ち点は勝利「3点」、引分け「1点」、負け「0点」となります。
得失点の数は、得点-失点数です。

2022年J1前半戦 1位 横浜F・マリノス

  • J1リーグ優勝回数:4回
  • ルヴァン杯優勝回数:1回
  • 天皇杯優勝回数:1回
  • ACL最高順位:ベスト16(アジアカップウィナーズ杯では優勝経験あり)

2019年シーズンに優勝し、2021年も2位でシーズンを終えたマリノス。
王座奪還を狙うには十分なメンバーが揃っており、選手層の厚さはJ1トップクラス。

点をとれる選手の多さも魅力で、対戦相手はマークすべき選手が大勢いることに手を焼いているはず。

後半戦の注目選手

喜田拓也選手
Embed from Getty Images

ポジション:MF
背番号:8

マリノスの下部組織出身で、マリノス一筋。
キャプテンながらもいじられキャラで、チームを和ませる。

試合になると、その様子は一変。
圧倒的な運動量で相手の攻撃を封じる。

マルコス・ジュニオール選手
Embed from Getty Images

ポジション:MF/FW
背番号:10

167cmと小柄ながら、抜群のテクニックとシュート技術を持つブラジル人アタッカー。
2019年J1得点王。

「ドラゴンボール」のゴールパフォーマンスを披露することが多い。
ドラゴンボールのクリリンにソックリ。

小池龍太選手
Embed from Getty Images

ポジション:DF/MF
背番号:25

JFL→J3→J2→J1→海外移籍と1歩ずつステップアップした経歴の持ち主。
サイドを支配するかのごとく駆け回り、近年は得点力も向上。

小池選手本人が書くnoteは読み応え無料にも関わらず、読み応え十分。

note(ノート)
小池龍太の人生|小池龍太 / 横浜F・マリノス #25|note 小池龍太とは何者なのか。今の自分を作るルーツとは何なのか。 これまでどんなチャレンジをして、失敗やステップアップを繰り返してきたのか。 どう向き合って、自分なりに...

2022年J1前半戦 2位 鹿島アントラーズ

  • J1リーグ優勝回数:8回
  • ルヴァン杯優勝回数:6回(ヤマザキナビスコ杯時代も含む)
  • 天皇杯優勝回数:5回
  • ACL最高順位:優勝

昨シーズンは4位で終えたアントラーズ。

今年からスイス人のレネ・ヴァイラー監督が就任し、着実に勝ち点を積み上げた。
アントラーズはこれまで日本人、ブラジル人監督のみで、その他の国籍の監督は初めての試み。

エースストライカー・上田綺世選手がヨーロッパへと渡り、不安な声も。

それでも、「縦に速い攻撃」「勝負強さ」は一級品です。

後半戦の注目選手

鈴木優磨
Embed from Getty Images

ポジション:FW
背番号:40

今シーズンより、ベルギーのシント=トロイデンから鹿島に復帰し、圧倒的存在感でチームを牽引。
6ゴールをあげているが、それ以上に攻撃の起点としての活躍が目立っている。

試合中の態度で悪目立ちすることもあるが、相手サポーターに挨拶するなど礼儀正しい一面も。

常本佳吾

ポジション:DF
背番号:32

Embed from Getty Images

三笘薫を抑えた男」として、一気に注目を浴びたDF。

敵に囲まれてもボールを失わない冷静さと確かな技術を持っている。
攻守両面において、鹿島に欠かせない存在。

樋口雄太

ポジション:MF
背番号:14

Embed from Getty Images

昨年はサガン鳥栖の10番を背負い、躍動。
今年からアントラーズに加入し、レギュラーの座を獲得。

抜群の足元の技術とキック制度を武器に、攻撃の舵をとる司令塔

2022年J1前半戦 3位 川崎フロンターレ

  • J1リーグ優勝回数:4回
  • ルヴァン杯優勝回数:1回
  • 天皇杯優勝回数:1回
  • ACL最高順位:ベスト8

以前は準優勝に泣くことが多く、シルバーコレクターという不名誉な呼ばれ方をすることもあった。
ですが、2017年からの5年間で4回のJリーグ制覇。

2020年度は史上最高勝ち点での優勝を成し遂げ、名実ともにJリーグ史上最強チームとなった。

そんな最強チームだからこそ、現在の3位には「不調」との見方も多い。

後半戦の注目選手

レアンドロ・ダミアン

ポジション:FW
背番号:9

Embed from Getty Images

昨シーズン得点王&MVPに輝いた元ブラジル代表
今シーズンはまだ3得点と、本領発揮には至っていない。

抜群の身体能力から繰り出されるアクロバティックなプレーだけでなく、前線からの守備でもチームの力に。
今シーズン限りでの退団も噂されており、後半戦では爆発に期待したいところ。

谷口彰悟

ポジション:DF
背番号:5

Embed from Getty Images

王者川崎を守備で支えるキャプテン。
日本代表にも選出されており、W杯出場も視野に入る。

男前なルックスも特徴で、かねてから噂されている女優・泉里香さんとの恋の行方にも期待大。

橘田健人

ポジション:MF
背番号:8

Embed from Getty Images

大卒2年目にしてフロンターレの心臓とも言える存在に。
フランス代表カンテ選手のように、小柄ながらも守備範囲が広く、豊富な運動量が武器。

Jリーグファンからは、「日本代表入り」への期待の声も多い。

2022年J1前半戦 4位 柏レイソル

  • J1リーグ優勝回数:1回
  • ルヴァン杯優勝回数:2回(ヤマザキナビスコ杯を含む)
  • 天皇杯優勝回数:1回
  • ACL最高順位:ベスト4

昨シーズンは、カタールに移籍したFWオルンガの穴が埋まらず15位に低迷。

また、オフには大量の主力が他クラブへ移籍し、J2降格を予想する識者も多かった。
そんな予想を裏切る大躍進を見せ、堂々の4位に。

韓国代表GKキム・スンギュが移籍した穴を埋められるか。

後半戦の注目選手

マテウス・サヴィオ

ポジション:MF
背番号:10

Embed from Getty Images

2019年のJ2時代に加入し、怪我に泣くことが多かったブラジル人アタッカー。
今シーズンから背番号10をまとい、ついに本領を発揮。

狭い隙間をスルスルと抜けていくドリブルと、正確無比なキックを武器にレイソル攻撃陣を引っ張る。

子煩悩で、奥さんと共に公園で遊んでいることも多い。

細谷真央

ポジション:FW
背番号:19

Embed from Getty Images

圧倒的なフィジカル、一瞬のスピードを武器にすでに6得点を記録。
誰もが驚く急成長を遂げたストライカー。

U-21日本代表でもエースとしても活躍中で、E-1選手権では日本代表初選出。

古着が大好き。

あわせて読みたい
【パリ五輪のエース候補】柏レイソルの細谷真央ってどんな選手? 7/13に、E-1選手権の日本代表26名が発表され、そのうち10名が日本代表初選出となりました。 E-1選手権の日本代表は、Jリーグでプレーする選手のみで構成されています。 ...
高橋裕治

ポジション:DF
背番号:3

Embed from Getty Images

一昨年の大怪我を乗り越え、スタメンに定着。
187cmの身長を武器に、空中線の強さは抜群。

奥さんは元AKB48の高城亜樹さん。
お姉さんは女優の高橋メアリージュンさん、高橋ゆうさんという有名人一家。

5月にはコーヒー風味Tシャツを受注販売で発売開始。

2022年J1前半戦 5位 サンフレッチェ広島

  • J1リーグ優勝回数:3回
  • ルヴァン杯優勝回数:-
  • 天皇杯優勝回数:-
  • ACL最高順位:ベスト16

開幕から5試合で3分2敗と低調なスタートとなったが、徐々にスキッベ新監督の「縦に速いサッカー」戦術が浸透。
順調に勝ち星を積み上げ、気づけば5位に浮上している。

途中加入となった外国籍選手のフィット次第では、より上位も狙えるはず。

後半戦の注目選手

野津田岳人

ポジション:MF
背番号:7

Embed from Getty Images

2年ぶりの復帰となった広島の生え抜き選手
左足の精度、パンチ力が武器で、前半戦はミドルシュートでの得点もあった。

サンフレッチェ広島ユース出身YouTuberのLISEMと仲良しで、LISEMチャンネルには何度も出演している。

満田誠

ポジション:MF
背番号:39

Embed from Getty Images

※写真は流通経済大学在学時のもの。

広島の下部組織で育った生え抜きで、ルーキーながらもE-1選手権で日本代表に

4得点4アシストでチームの上位浮上に貢献。
スピードに乗ったドリブルで相手DF陣を切り裂く。

流通経済大学4年時には、LISEMチャンネルに出演。

藤井智也

ポジション:MF
背番号:15

Embed from Getty Images

昨シーズンは大卒1年目ながらも29試合に出場したスピードスター。

速いだけではなく、スプリント回数もリーグNo.1
トラッキングデータでは、スプリント回数上位を独占している。

スプリント
全力疾走をすること。
時速24km以上で走った際に、スプリント回数が記録される。

2022年J1前半戦 6位 セレッソ大阪

  • J1リーグ優勝回数:-
  • ルヴァン杯優勝回数:1回
  • 天皇杯優勝回数:1回
  • ACL優勝回数:ベスト8

昨年はACLに出場する疲れもあってか、Jリーグでの結果は12位に。
当時監督を務めていたクルピ監督もシーズン途中での解任となった。

元日本代表の乾選手との契約を解除するというトラブルはあったが、5月の6連戦で4勝1敗1分と立て直しに成功。
キック制度の高い選手が多く、セットプレーは相手チームの脅威となる。

後半戦の注目選手
清武弘嗣

ポジション:MF
背番号:10

Embed from Getty Images

抜群のテクニックを武器にパスワークの中心となる元日本代表
キャプテンとして、精神面でもチームを引っ張る存在。

弟の功暉はJ2のFC琉球でプレー。

毎熊晟矢

ポジション:DF/MF
背番号:16

Embed from Getty Images

今シーズン長崎から新加入。
オーバーラップを武器とするDFとしてプレーしていたが、セレッソでは一列前のMFでプレー。

5月には、J1月間MVPに輝く活躍を見せた。

北野颯太

ポジション:MF/FW
背番号:38

Embed from Getty Images

2004年生まれの17歳にして、チームの主力になりつつあるホープ。
スピードに乗ったドリブルが魅力の選手で、ボールを持ったらガンガン仕掛けていく。

U-19日本代表でも主力として活躍している。

2022年J1前半戦 7位 FC東京

  • J1リーグ優勝回数:-
  • ルヴァン杯優勝回数:3回(ヤマザキナビスコ杯を含む)
  • 天皇杯優勝回数:1回
  • ACL最高順位:ベスト16

序盤こそスタートダッシュに成功したものの、5月の6連戦では2勝3敗1分で上位からは一歩後退。
今シーズン就任したアルベル監督のスペイン流ポゼショナルサッカーで、ボール保持率を高められるかが鍵になる。

また、左SBの小川諒也がポルトガルのギマラエスに移籍するため、その穴を埋められるかどうかにも注目だ。

後半戦の注目選手

安倍柊斗

ポジション:MF
背番号:31

Embed from Getty Images

無尽蔵のスタミナを生かし、相手の攻撃の芽を摘んできた。
足元の技術も優れており、ポゼショナルサッカーのキーマンとも言える存在。

中学・高校時代はFC東京の下部組織でプレーしているが、出身はJ2東京ヴェルディのホームタウンでもある日野市。

松木玖生

ポジション:MF
背番号:44

Embed from Getty Images

今最も注目を集めている若手の一人。
高卒一年目で開幕スタメンを勝ち取った。

「通用したのは高校まで」という周囲の声を黙らせる活躍ぶりで、フィジカルの強さは際立っている。

長友佑都

ポジション:DF
背番号:5

Embed from Getty Images

3度のW杯を経験し、イタリアなどヨーロッパでも長年活躍した世界を知る男
前半戦は低調なパフォーマンスとなったが、対人の強さや的確なオーバーラップはチームの力になるはず。

日本サッカーの人気絶頂期の日本代表スタメンで、サッカーファン以外からの知名度も高い。
奥さんは女優の平愛梨さんで、芸人の三瓶さんとの親交も深い。

2022年J1前半戦 8位 サガン鳥栖

  • J1リーグ優勝回数:-
  • ルヴァン杯優勝回数:
  • 天皇杯優勝回数:-
  • ACL最高順位:-

昨シーズンは7位につけるも、クラブの財政難もあり主力選手の大半が他クラブへと移籍。
降格候補筆頭と予想されていたが、周囲を見返す一桁順位に。

球際の強さに定評があり、攻撃時は全員が連動したパスワークを見せる。

後半戦の注目選手

小泉慶

ポジション:MF
背番号:37

Embed from Getty Images Embed

球際に強いサガン鳥栖を引っ張るファイター
守備に定評のある選手だったが、今年は攻撃時の起点になることも多い。

レイソル時代は現浦和レッズ所属の江坂任選手と仲が良く、オフには温泉旅行に行ったことも。
また、古巣との対戦時には古巣サポーターに挨拶をする律儀な男。

岩崎悠人

ポジション:FW
背番号:29

Embed from Getty Images

E-1選手権で日本代表初選出
スピードを武器に、個で打開できるアタッカー。

10代の頃から注目を浴びてきた男にとって、飛躍のシーズンになるか。

田代雅也

ポジション:DF
背番号:30

Embed from Getty Images

「熱い漢」という表現がピッタリな選手。
185cmの長身から繰り出される打点の高いヘディングは攻守に渡って大きな武器に。

試合中にも関わらず、ボールをとってくれたボールボーイにお礼を言う優しい人柄を持つ。

2022年J1前半戦 9位 京都サンガFC

  • J1リーグ優勝回数:-
  • ルヴァン杯優勝回数:-
  • 天皇杯優勝回数:1回
  • ACL最高成績:-

12年ぶりのJ1復帰となったが、前半戦を終えて9位と予想以上の結果に。
名将チョウキジェ監督のもと、高い位置からの積極的な守備と球際の強さが持ち味。

第9節の柏戦で見せた美しいパスワークからのゴールは世界中で話題になった。

後半戦の注目選手

ピーター・ウタカ

ポジション:FW
背番号9

Embed from Getty Images

38歳ながらもいまだに衰えることのない元ナイジェリア代表
一瞬のスピード、抜群のシュート技術はJリーグトップクラスで、現在8得点の得点ランキング2位。

笑顔あふれる愛らしいキャラクターで、日本語も上手。
最近ヘアバンドの販売を開始した。

上福元直人

ポジション:GK
背番号:21

Embed from Getty Images

今季からの加入だが、すぐにレギュラーに定着。
「神福元」とも称されるビッグセーブを連発し、京都の守備を支える。

弟は元フットサルのプロ選手。

川﨑颯太

ポジション:MF
背番号:24

Embed from Getty Images

21歳と若手ながらも京都の中心選手。
ボール奪取能力が高く、数多くの相手の攻撃を防いでいる。

U-21日本代表候補の一人で、2024年のパリ五輪での活躍も期待されています。

Jリーグを観戦する方法

サッカーと言うと日本代表をイメージする方もいるかと思います。
ですが、Jリーグは非常にレベルが高く、海外からの注目度も高いです。

Jリーグで活躍することで、日本代表に選出されたり、海外クラブに移籍したりと世界への扉も開かれます。

Jリーグには、幼い頃は「神童」と呼ばれ、運動会では圧倒的な活躍を見せていた人たちばかりが集まっています。
むしろ、そんな神童でさえも通用しないことが多々あります。
Jリーガーはとてつもない才能努力を積み上げてきた人たちです

Jリーグを観戦する方法① スタジアムで観戦する

サッカーを生で観戦したことがない人もいるかと思いますが、実はお手軽に観戦ができます。

というのも、Jリーグは全国的に試合が開催されているからです。

  • J1:18チーム
  • J2:22チーム
  • J3:18チーム

北は北海道、南は沖縄までチームが存在し、J1・J2・J3合わせて58チームもあります。

日程的にも、2022年シーズンは2月から11月まで開催されているので、観戦できるチャンスも多いはずです。

試合日程については、Jリーグ公式ページをチェックしてみてください。

Jリーグ.jp(日本プロサッカーリ...
直近の日程結果:Jリーグ.jp Jリーグ公式サイト:Jリーグ試合速報、ニュースリリース、日程結果、順位など、JリーグとJクラブの情報をご覧いただけます。

J1が最もレベルが高く、より高い能力を持った選手が多く在籍しています。

Jリーグを観戦する方法② DAZN(ダゾーン)で観戦する

Jリーグの地上波での中継は、残念ながら少ないです。

そんな中、DAZNはJ1・J2・J3全チームの試合を全試合生中継しています。
また、見逃し配信にて、1ヶ月前の試合も観戦することができます。

時間がない場合にはハイライトで試合をチェックすることができるので、応援しているチーム以外の試合も隙間時間にチェックできます。

2022-23年にDAZNで観れるサッカーにて、DAZNのサッカー情報をまとめています。

DAZN

まとめ

今回の記事では、 前半戦の上位9チームの注目選手を3選手に絞ってご紹介しました。

上位に位置するチームは、チームとして連動しており、11人全員が躍動していることが多いです。
また、選手のプレースタイルや武器もそれぞれ異なり、同じチームのサポーター同士でも推しの選手は全く違います。

あなたもサッカー観戦を通して、お気に入りのチーム、お気に入りの選手を見つけ、サッカーを楽しんでください。

2022年J1リーグ後半戦は6月後半から始まります。

前半戦の上位につけるチームは、どのチームも優勝を狙っているはずです。
11月に優勝トロフィーを掲げるのはどのチームになるのでしょうか?

2022年J1リーグ後半戦にも期待しましょう!

Jリーグクラブを経営する元Jリーガーについてもまとめています。

サッカーとビジネスが好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【サッカー×ビジネス】Jリーグクラブを経営する12人の元Jリーガー サッカーは、老若男女問わず、世界中の人々を熱狂させるスポーツです。 サッカー選手は、多くの子どもたちにとって憧れの存在であり、将来の夢でもあります。 2022年にJ...

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次