【新宿中村屋創業者の一族】相馬勇紀のプレースタイルとこれまでの経歴について

日本代表のエンブレムの写真

「野心のある若手に期待したい」

森保監督のこの言葉には、間違いなく相馬選手も含まれています。

2022年カタールW杯メンバー入り。

相馬選手の選出は、”サプライズ”という程ではないものの、驚きの選出という見方もできます。

「ほとんどの人が自分をメンバー予想に入れていなかった」と本人が語るように、当確とは言えない状況でした。

9月のドイツ遠征でアピールに成功し、見事に滑り込みを果たした相馬選手。

今回は、相馬勇紀選手のプレースタイルと経歴についてご紹介します。

2022年カタールW杯に挑む日本代表メンバーはこちらからご確認ください。
【2022年カタールW杯日本代表メンバ一】

目次

相馬勇紀について

Embed from Getty Images
  • 生年月日:1997年2月25日
  • 出身地:東京都調布市
  • 所属クラブ:名古屋グランパス
  • 背番号:11番(日本代表では24番)
  • 身長:166cm
  • 体重:69kg

”新宿中村屋”創業者の家系

2021年に創業120年を迎えた”新宿中村屋”

  • 和菓子の製造販売
  • レトルト食品の製造販売
  • レストランの経営
  • 不動産事業

さまざまな事業を展開し、老舗として有名な新宿中村屋ですが、相馬選手は創業者の玄孫にあたります。

玄孫とは
孫の孫のこと。5世にあたる。

奥様はフリーアナウンサーの森山るり

相馬選手は、2021年にタレントの森山るり さんと結婚しています。

フリーアナウンサーとしても活動し、日テレ系「ZIP!」などの有名番組にも出演。

森山さんが元々サッカー好きです。

サッカー観戦を趣味としていたり、WOWOWリーガールとしてスペインのラ・リーガを盛り上げたことも。

ご両親のサポート

相馬選手のご両親は、相馬選手の熱狂的なサポーターです。

相馬選手の試合を観るために、東京から名古屋に行くのは当たり前

国際試合も現地で観戦するほど、熱く応援しています。

相馬勇紀のプレースタイル

2022年カタールW杯日本代表入りを果たした相馬選手。

小柄ですが、チームに”プラス アルファ”をもたらせる選手です。

相馬選手の主な強みは、以下の3つ。

  • サイドのスペシャリスト
  • キレ味鋭いドリブル
  • キック精度の高さ

サイドのスペシャリスト

相馬選手は、”サイドならどこでもプレーできる選手”です。

  • WG(ウィング)
  • SH(サイドハーフ)
  • WB(ウィングバック)
  • SB(サイドバック)

攻撃的、守備的どちらのポジションでもプレーすることができ、どんなフォーメーションにも対応可能です。

また、右でも左でも同じクオリティのプレーを披露します。

キレ味鋭いドリブル

相馬選手は”個の力”で打開する選手です。

スピードがあり、”縦に勝負できる”ことは相手にとっては脅威的な存在。

先発として活躍できるのはもちろんですが、途中出場で流れを変えることもできます。

キック精度の高さ

相馬選手はキック精度が高く、プレースキッカーも務めます。

セットプレーでは味方選手に”ピンポイント”のボールを送り、ゴールを演出します。

また、FK(フリーキック)で直接ゴールを奪うことも。

相馬勇紀の経歴

  • 布田FC(調布市立布田小学校)
  • 三菱養和SC調布ジュニアユース(調布市立第三中学校)
  • 三菱養和SCユース(東京都立調布西高校)
  • 早稲田大学ア式蹴球部
  • 名古屋グランパス
  • 鹿島アントラーズ(レンタル)
  • 名古屋グランパス

布田FC

小学生時代、布田FCでプレーしています。

布田FCでプレーしつつ、三菱養和のサッカースクールにも通っており、小学6年生からは三菱養和調布SSに籍を移します。

両親のサポートも手厚く、テニスをしていたお父さんはサッカーを猛勉強

C級ライセンスを取得し、現在はサッカーのコーチをしています。

三菱養和SC調布ジュニアユース

中学時代、三菱養和SC調布ジュニアユースでプレーしています。

中学年代では多くの選手が”成長期の体格”に悩みますが、相馬選手も全く同じ悩みを抱えます。

体格の良い選手に競り負けてしまうこともあるものの、スピードという武器をより一層伸ばします。

自宅に帰ると、お母さんが相馬選手に勉強を教えていました

三菱養和SCユース

高校時代、三菱養和SCユースでプレーしています。

2013年に高校2年生にして東京都選抜として国体に出場。

翌年には、Jリーグクラブユースを抑え、クラブユースで日本一に輝きます。

早稲田大学ア式蹴球部

大学時代、早稲田大学ア式蹴球部でプレーしています。

相馬選手は、スポーツ推薦ではなく、自己推薦で早稲田大学に入学

2部降格も経験しますが、関東大学サッカーリーグでの優勝ベストイレブンなどの輝かしい成績を残します。

2018年には特別指定選手といて名古屋グランパスでプレーし、9試合に出場します。

株式会社maenomeryは、大学サッカーをサポートしています。

あわせて読みたい
【徹底調査】内定率は30%超え!?体育会系の就職・転職支援にはMaenomery! この記事はこんな人にオススメ・就職活動中の方・転職を考えている方・体育会出身の方・スポーツが好きな方 学生時代にスポーツに打ち込んでいた人は、ビジネスでも活躍...

名古屋グランパス

2019年に名古屋グランパスに加入します。

風間八宏監督のもと16試合でプレーするも、ほとんどが途中からの出場。

東京五輪も見据え、さらなる出場機会を求めてシーズン途中でレンタル移籍を決断します。

鹿島アントラーズ

2019年夏に、鹿島アントラーズにレンタル移籍します。

所属元よりも上のチームへのレンタルという、比較的珍しいケースですが、鹿島側は完全移籍も狙っていたという噂も。

ただ、負傷の影響でJリーグ5試合の出場にとどまります。

鹿島アントラーズでは、上田綺世選手らと共にプレーしています。

名古屋グランパス

2020年に名古屋グランパスに復帰します。

復帰後には定位置を確保し、2020年、2021年ともに30試合以上に出場

スピードとスタミナを生かし、サイドを駆け回り、今ではJリーグトップクラスのサイドプレーヤーへと成長しました。

日本代表

2021年東京五輪に出場し、W杯への出場へと繋げた相馬選手。

A代表での出場は、わずか7試合。

2019年のE-1選手権で初選出。

しばらくは日本代表への選出はありませんでしたが、2022年のE-1選手権でアピール大成功。

まさに”滑り込み”でのW杯出場となりました。

まとめ

近年の日本代表には”大卒選手”の活躍が目立っています。

  • 伊東純也
  • 守田英正
  • 三笘薫    など

「世界を意識するなら高卒でプロ入りしないと遅い」と言われる中、”相馬勇紀”という新たな大卒選手が世界を相手に戦おうとしています。

W杯でのプレー次第では、また新たな挑戦へとつながるはずです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
こちらの記事も、ぜひお楽しみください。

あわせて読みたい
【日本代表】歴代W杯メンバーの所属クラブとこれまでの戦績を総まとめ 2022年カタール大会にて、日本代表は7度目のW杯出場を果たしました。 W杯初出場の1998年フランス大会から24年がたち、日本サッカーは大きな成長を遂げました。 その成長...
あわせて読みたい
元JリーガーがYouTuberに!YouTube配信中の往年のサッカー選手まとめ 往年の名プレーヤー達が、YouTubeで動画を配信しているのをご存知ですか? サッカー選手は、老若男女問わず、多くの人々に感動と熱狂をもたらす憧れの職業です。 男子小...

Follow me!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しんじ しんじ エンジョイ系フットサルチームの代表

寄り道をするようについついボールを蹴ってしまう。
ついついサッカーを観てしまう。

サッカー・フットサルを知らない人が最初の1歩目を踏み出せるように。
初心者から中級者へとステップアップできるように。

1990年生まれ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次